【ロッシェル・カップ】投稿一覧

ロッシェル・カップ
ロッシェル・カップ

ロッシェル・カップ

ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング 社長

ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング 社長

人事管理、グローバル人材育成、異文化コミュニケーションなどを専門とするコンサルタント。変化の速いグローバル環境の中での効果的な管理方法を把握して推進するように努力している。 著書に「日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法」(共著、クロスメディア・パブリッシング)などがある。米イエール大卒、シカゴ大で経営学修士号(MBA)取得。
【注目するニュース分野】人事管理、グローバル企業、ベンチャー企業

人事管理、グローバル人材育成、異文化コミュニケーションなどを専門とするコンサルタント。変化の速いグローバル環境の中での効果的な管理方法を把握して推進するように努力している。 著書に「日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法」(共著、クロスメディア・パブリッシング)などがある。米イエール大卒、シカゴ大で経営学修士号(MBA)取得。
【注目するニュース分野】人事管理、グローバル企業、ベンチャー企業

2022年

  • 2019年に再び日本でフルタイムで暮らし始めてから、LDLコレステロールが上がりました。原因は、日本の美味しい豚肉や牛肉料理、特に豚バラ肉やソーセージ、和牛のような脂身の多いものなの、なのではないかと思います。その代わり焼き鳥をもっと食べようとしています!

  • 「絶滅の危険があるけど、日本の海域に広く生息しており、資源状態に問題はない」はあまりにも視野が狭くて利己的な考えですね。

  • 「値引き拡大で需要増」まさに、それが私です!1年間で今日しかないような大幅な割引という誘惑に負けて、今年のブラックフライデーで5万円ぐらいの買い物をしてしまいました。
    しかし、中には日常品のストックを増やす物があって、その分これからの数ヶ月で私の買い物を減らすでしょう。(好きなチョコレートチップはあまりにも良い値段だったので沢山買って後一年以上買わなくてもいいと思います!)
    インフレで物価が上がっている今、値段や割引に敏感になった米国の消費者が多いはずなので、私のようにこれを機会に予め買い物をした人が多かったのではないかと思います。なので、この数字に大すぎる反応しない方がいいと思います。

  • なぜ彼がこんなことをするのか、とても想像しやすいです。自己防衛作戦です。彼がTwitterを買ってから労働法と通信法を違反しているようですので、その関連で政府からの調査や懲罰が起こることが予想されています。また、プーチンとのやり取り疑惑も調査されるかもしれないとバイデンがすでに言っています。デサンティスをサポートしていると言うことを明らかに言い出すと、政府がTwitterあるいはマスク自身に対して取るかもしれない行動を政治的な動機があると主張できるようにするためです。彼にとって、とても便利になります。

  • これは本当に素晴らしいトレンドですね。一石三鳥です(環境、健康、密回避)!

  • ツィッターにとって日本は重要な市場であることを認識しているのは嬉しいです。しかし、その認識の結果として、ツィッターは日本のユーザーのために何をするつもりでしょうか?

  • 10月28日、不安を抱くスポンサーらにアピールしようとしていた頃、マスク氏は「ツイッターに広く多様な観点を持つ(人から構成される)コンテンツ・モデレーション委員会を設置します。その委員会が発足する前に、コンテンツに関する大きな決定やアカウントの回復はいたしません」とツイートしました。
    しかし昨日、マスク氏はツイート投票の結果に基づいてトランプ元大統領のアカウント回復を決めたため、約束は破られました。スポンサーはもうマスク氏を信頼しないでしょう。
    彼は土曜日の夜に他にすることはないのか?とすら思ってしまいます。

  • 積雪を再生可能エネルギーとして活用するというのは本当にエキサイティングな発想です!
    私は9歳までニューヨーク州の北側にあるロチェスター市で、その後はシカゴで育ったため、雪が降る場所というのがどれほど沢山積もるのかということを経験から知っています。
    日本はその技術力を生かし、地球温暖化対策で世界に貢献できると確信していますが、これはその可能性を示す良い例です。

  • 人事関係の仕事をしたことのある人なら誰でも知っていることです: 早期退職などを始めとした、特典付きで会社を離れる機会を幅広い従業員層に提供すれば、一番離れて欲しくない人が離れます。スキルがあって他の会社ですぐに就職できると思っているからです。今回マスクはすでに彼の気まぐれな経営で疲れ果てたTwitterの全社員に対して厳しい状況で働くか3ヶ月の退職金で離れるかの選択を提供すれば、非常に多くの人が後者を選択したのは驚くべきことではないです。結果としてTwitterの中核システムについて知恵を持っている人がいなくなって、サービスが完全にパンクする危険性が高まっています。本当に醜い災害です。

  • この秋は忙しい毎日が続いていて、まだ4回目のワクチン接種を受けていなかったのですが、この数字を見て、至急ワクチン接種の予約をしたくなりました。