Think!

Think!
各界エキスパートや日経の編集委員・論説委員が、今日のニュースにひとこと解説を投稿します。

Thinkについて ・エキスパート一覧
各界エキスパートや日経の編集委員・論説委員が、今日のニュースにひとこと解説を投稿します。

Thinkについて ・エキスパート一覧
  • ノーベル物理学賞の中ではシミュレーションモデルという、基礎というよりは応用に近い分野での受賞であり、また時節柄非常にタイムリーな受賞だったと思います。
    それにしても、温暖化に温室効果ガスが深く関連しているとしても、原因はもっと複雑であり、因果関係が相互に絡まりあっているはずですが、CO2を削減すれば温暖化は何とかなる?という幻想が独り歩きし、思考停止してしまうのは非常に危険だと思います。例えば森林破壊して太陽光パネルを設置するとか、海洋の生態系を無視して洋上風力発電を推し進めるとか、短絡的対応がさらなる悲劇を引き起こす事は十分あるはずなのに、警鐘が十分なされていないように感じます。

  • 暗号通貨を含む新概念「Web3」分野への投資が、世界中で加速し始めている。Web3は、この10年を牽引した「スマートフォン革命」を超えるほど、世の中を変えると言われ始めた。Web3は単なる投資の話ではない。

    この分野での日本発グローバル企業をより増やすべく、ガラパゴス的規制をできるだけ減らして、世界と標準化された共通的な規制を導入していくことが重要だと思う。

    Web3は、中国企業がその体制上参入しにくい分野。本来は日本が相対的に有利なフィールド。国際競争力ある場を作って欲しい。

  • 記事内にある通り、機械化の時も職を失うことへの反発は非常に大きい物でした。しかし今、その機械のおかげで我々は豊かな暮らしが出来ているだけでなく、新しい仕事も大量に生まれています。

    AIも同様の現象が起きます。雇用を失う人もいますが、生まれる仕事もあり、何より社会は豊かになるでしょう。
    ただしAIで職を失う人が、AIで生まれる仕事のスキルを持っているとは限りません。今各国で求められているのは、この過渡期において、職を失う人への職業訓練支援等を充実させることです。

12月7日

12月6日