〈お知らせ〉日経電子版11月6日刷新 朝刊に新紙面続々 2017年9月22日

電子版、速報ニュースさらに充実 仕事・暮らしに役立つメディア

電子版、速報ニュースさらに充実 仕事・暮らしに役立つメディア

 日本経済新聞社は11月6日に日経電子版をリニューアルします。記事の分類メニューを新聞の紙面構成に近づけ、必要とするニュースや情報に素早くアクセスできるようにします。紙面に先駆けて電子版でニュース記事を配信する「デジタルファースト」も拡充し、読者のビジネスや暮らしにより役立つメディアへと進化します。

 現在のメニューを「経済・政治」「ビジネス」「マーケット」「国際・アジア」といった分類に変更します。新たに「社会」「地域」「オピニオン」「文化」の分類を設け、「私の履歴書」など紙面で人気のコラムも見つけやすくします。

 テーマや話題に絞って記事を読みたいという要望に応え、時事のキーワードで「まとめ読み」ができるメニューも新設します。朝から夕方にかけてのビジネスアワーのニュース発信も強化します。


電子版Proにグループ機能搭載、組織の情報活用を促進

電子版Proにグループ機能搭載、組織の情報活用を促進

 法人向けの「日経電子版Pro」では、チーム・組織での情報活用をさらに深化させるため、グループ機能を搭載します。具体的には、同じ法人契約の会員同士でグループを作り、企業、業界、キーワード、トピックスなどを共通でフォローできるようになります。グループ単位で業務に必要な記事を自動収集することで、効率的な情報共有を実現します。

 気になった記事をグループ内のメンバーにシェアしたり、ニュースの影響や解釈をチャット形式でコメントし合ったりすることもできます。人材育成や営業活動、プロジェクトの活性化など、ビジネスのさまざまな場面でお役立てください。

 グループ機能の利用に特化した「グループライセンス」も新たに販売開始します。


▼詳細はこちらをご覧ください。


朝刊、一段とパワーアップ 未来が見える新連載・新紙面

朝刊、一段とパワーアップ 未来が見える新連載・新紙面

 日本経済新聞朝刊も大幅に強化、新しい連載や紙面が相次いで始まります。

 10月からは平成という時代を振り返る「平成の30年」面を毎週土曜日に掲載。11月からは日本の産業競争力の復活に向けた処方箋を描く1面の大型連載がスタートします。

 新紙面では中堅上場企業のなかでキラリと光る企業を各種ランキングで発掘する「NEXT1000」面やポスト平成の時代を担うミレニアル世代を待ち受けるのはどんな社会なのかを探る「ポスト平成の未来学」面などが登場。日曜版の「NIKKEI The STYLE」でも著名人が我が人生について語る「インタビュー」面が加わります。

 一段とパワーアップする紙面にご期待ください。


▼詳細はこちらをご覧ください。