日経からのお知らせ

日経電子版、パソコン向けトップページをリニューアル 2015年05月17日

 日本経済新聞 電子版は創刊5周年を迎え、パソコンサイトのトップページをリニューアルしました。仕事や暮らしに役立つ最新情報が、見出しや写真を大きく配置したスッキリとしたレイアウトで、従来よりも一段と読みやすくなりました。「映像」や「写真」、デジタルならではの表現手法を使ったコンテンツも拡充し、充実のラインアップをお楽しみいただけます。

 17日からは日本経済新聞も新紙面となり、電子版との連動コンテンツが増えます。データを基に世の中の移り変わりを読み解く「データディスカバリー」(毎月第3月曜日掲載)もその一つ。電子版の動くグラフで変化を体感できます。

 ▼日経電子版パソコン向けサイト
  ⇒ https://www.nikkei.com

新パソコン向けサイトの特徴

【1】「いま」がわかる 渾身の記事を読みやすく

 24時間365日、最新情報をお届けする日経電子版には、国内外のニュースはもちろん日経新聞の朝刊や夕刊に掲載されないオリジナルコンテンツも盛りだくさんです。政治・経済から投資・貯蓄、健康、グルメまで、編集者選りすぐりの記事をタイムリーに読めるのがトップページです。これまでよりも広いスペースに見出し、要約文、写真を大きく配置し、より読みやすいレイアウトになりました。ここを読むだけでも知っておきたい世界の「いま」がわかる渾身のラインナップを常時掲載します。

【2】ビジュアルデータや映像コンテンツを拡充

 インタラクティブはトップページに「ビジュアルデータ」として常時掲載します。リニューアルに合わせて登場するのは朝刊紙面との連動企画「データディスカバリー」シリーズです。さまざまなデータを多彩な角度から分析、デジタルの手法を使ってビジュアルにわかりやすく表現しながら、隠れたトレンドを浮き彫りにします。マーケットを左右する日銀総裁会見や旬の話題を日経記者が読み解く「ニュース3分解説」など、おなじみの映像コンテンツもトップページ中央に大きく配置。その場ですぐに再生することができるようになりました。

【3】ピックアップ、「アジア」の話題も一層充実

 「ビジネスリーダー」や「テクノロジー」など各セクションのおすすめコラムを紹介するピックアップコーナーには、「アジアBiz」と「ビジュアルデータ」が新たに加わりました。急速に国力を増す中国をはじめアジア各国の情勢をベテラン記者が深掘りする解説記事や、大きな可能性を秘めたイノベーションの最前線ルポなど、読み応え十分な新コラムも続々スタートします。

パソコン向けサイトの利用環境について

 日経電子版パソコン向けサイトを、すでに利用環境の対象外とさせていただいている「Microsoft Internet Explorer 6」「同7」で引き続きご利用いただいた場合には、一部機能が使用できない可能性があります。ご利用のブラウザーのアップデートを行っていただきますようお願いします。

 ▼日経電子版パソコン向けサイト
  ⇒ https://www.nikkei.com

ページの先頭へ