日本経済新聞 関連サイト

日経電子版、ビジネス利用向けに進化

日経電子版、ビジネス利用向けに進化

2015年3月に創刊5周年を迎える「日本経済新聞 電子版」は、米エバーノート(カリフォルニア州)との提携によりビジネスパーソンの仕事に役立つツールとして進化します。日経電子版とエバーノートの有料会員向けサービスを相互連携させるもので、エバーノート上で作成する文章の内容に応じて日経電子版の関連記事を自動配信するなど、ビジネスパーソンの仕事の効率を高めます。

新サービスは2015年初めに開始する予定です。提供するサービスの1つは、エバーノートが開発した「コンテキスト」と呼ぶ機能。エバーノート上で利用者がビジネス文書やプレゼンテーション資料を作成している際に、その文脈やキーワードを解析して、日経電子版の膨大な記事の蓄積の中から最適な関連記事を自動的に配信します。例えばアジアの自動車市場に関するリポートを書いているとき、記事検索をしなくても自動車メーカーのアジア進出のニュースがエバーノート上に表れ、資料作成の手助けとなるといった機能です。

2つ目のサービスは、日経電子版を読んでいる際に、利用者本人が過去にエバーノート内に作成・保存したノートやメモの中から、閲覧中の記事に関連するものを自動的に電子版上に表示する機能です。例えば日経電子版で取引先企業の新製品ニュースを読んでいるとき、エバーノートに保存した取引先の名刺情報などが表示され、営業のサポートにつながります。こうした機能は使えば使うほど、自分に合った情報が得られるようになります。

3つ目のサービスとして日経電子版の有料会員向けに、電子版に掲載された記事をワンタッチでエバーノートに保存する機能も2015年初めに搭載します。Myニュースの保存機能とあわせてお使いください。

日経とエバーノートは今後さらに利用者の満足度を向上するため、新たな連携サービスを共同で開発します。また共同販促キャンペーンなどを通じて相互の利用者の拡大に努めます。

2014年11月10日

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について