音声ブラウザ専用ショートカット。こちらより記事見出しへ移動可能です。

〈お知らせ〉 本紙朝刊小説、4月18日から新連載 諸田玲子氏の「波止場浪漫」


諸田玲子氏波止場浪漫
諸田 玲子氏
横田美砂緒氏
横田 美砂緒氏

 本紙朝刊連載小説、浅田次郎氏の「黒書院の六兵衛」は4月17日で終わり、4月18日から諸田玲子氏の「波止場浪漫」を掲載します。

 諸田氏は1954年静岡県生まれ。外資系企業勤務を経て作家デビュー。本紙夕刊に連載した「奸婦にあらず」で2007年に新田次郎文学賞を受賞しました。時代小説を得意とし、「お鳥見女房」シリーズなどが人気のベテラン作家です。

 今回の連載は明治から大正にかけて静岡・清水港の船宿を切り盛りした女性「けん」が主人公。けんは清水の次郎長の娘で実在の人物です。日清・日露戦争に沸く活気ある日々と大正デカダンの世情を背景に、けんの悲恋と波乱に満ちた半生を描きます。諸田氏にとって初めての明治を舞台とする小説です。

 挿絵は時代ものを中心に活躍する横田美砂緒氏が担当します。電子版でもお読みいただけます。


〈作者の言葉〉
 恋の話を書きます。せつなく艶めいて、めくるめく……悲恋。時代は明治20年代の半ばと大正の初め。日露戦争をはさんで、日清戦争と第一次世界大戦の前後、これまであまり書かれていない両時代の世相と市井の人々の暮らしを丁寧に描きたいと思います。
 舞台は清水港。巴川の河岸港から外洋港へ開港を夢見て築かれた波止場へ明治19年、いち早く船宿を建てて引っ越したのが清水の次郎長でした。主人公は次郎長の娘けん、「波止場のおけんちゃん」と呼ばれて愛された実在の女性です。
 明治から大正を気丈に生き抜いた一女性の身をこがす恋をどうぞ堪能してください。


2013年4月11日


日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について