音声ブラウザ専用ショートカット。こちらより記事見出しへ移動可能です。

春のサービス強化のお知らせ

おかげさまで日経電子版は3月で創刊3周年。グローバルなビジネスに役立つメディアとして一段の飛躍をめざし、春のリニューアルを実施します。

第一弾として3月から順次、スマートフォンで紙面イメージをそのまま閲覧できるアプリの提供をスタートします。続いて5月には、スマホやタブレットのブラウザからも快適に電子版を読める新サービスを公開。いつでもどこでも、パソコン版とほぼ同等のコンテンツ、機能を活用いただけるようになります。5月には関連サービスとして、電子書籍ストアも開設する予定です。

一連のサービス拡充に伴い、無料登録会員向けのサービスを一部見直すことといたしました。3月以降、無料登録会員の方が閲読できる有料会員限定記事の本数を、現在の月20本から月10本に変更いたします。

ポイント

  • 紙面ビューアーイメージ

    ※画像は開発中のイメージです

    1. 紙面イメージをスマホ、タブレットでも
    日本経済新聞を紙面イメージで読める有料会員向け「紙面ビューアー」の対応端末を拡充します。これまでパソコンや「iPad」「Windows8」でご好評をいただいてきましたが、iPhone向けアプリ、アンドロイド端末向けアプリを順次、追加する予定です。記事検索や保存といった機能をご利用いただけます。
  • 2. スマホ、タブレットのブラウザで読みやすく
    スマホやタブレット端末から日経電子版にブラウザでアクセスする方向けに、使いやすいよう画面レイアウトや機能を最適化します。「朝刊・夕刊」「Web刊」「My日経」などパソコン版とほぼ同等のコンテンツや機能をご利用いただけます。現行のマーケット情報に特化したスマホ向け「電子版マーケット」とも連動します。
  • 3. 無料登録会員が閲覧できる記事本数を変更
    3月1日より、無料登録会員の方が閲読できる有料会員限定記事の本数を月10本に変更します。なお昨年から日経ニュースメール、記事検索など無料でご利用いただけるサービスを拡充しており、上記のスマホ・タブレット向けサービスの一部機能も無料でご利用可能です。
  • 4. 電子書籍ストアをオープン
    パソコンやスマートフォンで購入・閲読できるマルチデバイス対応の電子書籍ストアを開設します。「日経e新書」シリーズ、日経ヴェリタスのほか、日経BPや日本経済新聞出版社の電子書籍・雑誌を取り扱います。夏には「日経Wプラン」会員なら年2冊まで、お好きな電子書籍をダウンロードできるようになるサービス拡充を予定しています。
2013年2月20日

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について