オリパラを考える
フォローする

トピック一覧

パラメダリスト・起業家、不便さ解消には気づきが大切[有料会員限定]

2/25

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、東京2020大会をどうかじ取りするかに注目が集まっている。だが、パラスポーツを取り巻く問題そのものにはまだ光が当たっていない。…続き

パラ熟知の医師、競技・障害特性見極めた感染対策を[有料会員限定]

2/24

パラリンピックの新型コロナウイルス感染防止対策は、五輪と一緒くたにはできない。肢体不自由のほか、視覚、知的と様々な障害がある選手が世界中から出場し、22競技の特性に応じた配慮が求められる。ひとことで言えば、より手厚い支援が必要ということだ。…続き

東京慈恵医大の浦島教授 ワクチン接種の加速を[有料会員限定]

2/12

延期された東京五輪・パラリンピックが今夏に迫ってきた。大会を開催する意義は何なのか、新型コロナウイルスとどう向き合うべきなの…続き

なでしこジャパン・佐々木前監督 誰かのために挑む[有料会員限定]

1/15

今は経済的にも社会的にも新型コロナウイルスと戦っている状況で、それはスポーツも同じだ。昨年春の時点では全てのイベントが中止になったが、最終的に野球もサッカーも大過なく2020年シーズンをやり通した。コロナ禍であってもこうすればできる、集まれるということを世界に発信するのが東京五輪の意義なのだろう。…続き

コロナ下の東京オリパラ 開催する意義・役割は何か[有料会員限定]

2020/12/27

史上初めて延期となった2020年東京五輪・パラリンピック。21年夏に大会を開催する意義は何なのか、新型コロナとどう向き合うべ…続き

三起商行社長・木村皓一さん 閉塞感打ち破る大会に[有料会員限定]

2020/12/11

新型コロナウイルスの影響で日本中が暗く沈んでいる。感染が怖い、人に会うのが不安――。一人ひとりが風船のなかに閉じこもっている感じだ。この状態が続けば、ストレスで心を病む人も増えるだろう。だからこそ五輪・パラリンピックを開いて、風船をバチン、バチンと割ってほしい。…続き

美術家の鴻池朋子さん お互いの違いを尊重し合う場に[有料会員限定]

2020/11/13

東京五輪・パラリンピックには賛成の人も反対の人もいるだろう。特に新型コロナウイルスの影響が広がってからは、多くの人がオリパラだけでなく、いろいろな物事について考え直さざるを得なくなった。つらい…続き

東京大会の1年延期は「オリパラの意味について考える時間にもなった」

リオパラ競泳3冠のコーンさん 「東京」どんな形でも[有料会員限定]

2020/10/9

拠点の米メリーランド州ボルティモアで練習していた3月、「(東京大会が)延期になるかも」という噂が聞こえてきた。不安になったが、現実味を帯びるにつれ、心は落ち着いた。…続き

「(五輪が)開催できれば、希望を見いだす歴史的な行事になるのではないか」

公衆衛生の専門家・和田教授 きめ細かな感染対策を[有料会員限定]

2020/9/11

来夏の東京五輪・パラリンピックの開催までに、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が収束すると考えるのは現実的でないだろう。安全・安心な大会へのハードルはかなり高い。しかし…続き

海外の専門家・現役選手 東京オリパラの役割とは[有料会員限定]

2020/8/20

五輪は優れたアスリートたちが1カ所に集まり、平和と団結を世界に示す祭典だ。東京五輪・パラリンピックの開催には、選手やコーチ、審判らの安全確保が最低条件になる。新型コロナウイルスの…続き

「五輪にはワクワクドキドキが詰まっている」

フェンシング会長・太田雄貴さん 開催の希望が力に[有料会員限定]

2020/8/14

新型コロナウイルスの感染者が増え続けるなかで、東京五輪・パラリンピックの開幕まで1年を切った。この状況で「五輪をやりたい」という声を上げづらい雰囲気があるのは事実だろう。一方で…続き

「古代オリンピックが4年に1回のペースで開催されていれば、2021年は700回目の節目になる」

筑波大教授・真田久さん コロナ克服し新たな歴史を[有料会員限定]

2020/7/25

今後も新型コロナウイルスが収束しなければ、東京五輪を中止するという議論が熱を帯びるだろう。しかし、規模を縮小してでも開催すべきだ。困難を乗り越えた大会が生み出す感動が、人類にとって…続き

1964年の前回大会では聖火リレーの写真を撮った

NEC社長・新野隆さん テクノロジーの力を遺産に[有料会員限定]

2020/7/24

1964年東京五輪の時は10歳で、福岡に住んでいた。聖火リレーがやってくるというので、カメラを持って親と出かけていった。目の前を走るランナーをレンズ越しに追いかけながら、遠く離れた東京で…続き

日本でのW杯。「ファンの声援がなかったらベスト8に行けなかったかもしれない」

ラグビー・田中史朗さん 気持ち切らさずピークに[有料会員限定]

2020/7/22

いつも試合前にはファンの方の声援が大きく聞こえる。でもプレーをしている時には耳に入らない。それだけ集中しているからだ。その試合中、声援が初めて聞こえたのが昨年のラグビーワールド…続き

コラム