窪田 直子
フォローする

トピック一覧

1月26日

建築家・隈研吾氏 異質性を取り込む組織に[有料会員限定]

26日 5:00

隈研吾建築都市設計事務所の所員の出身地は、およそ20カ国に広がっている。国内外から優れた人材を採用しようと、隈さんは月に2度…続き

1月19日

建築家・隈研吾氏 威厳ではなく自ら変化[有料会員限定]

19日 5:00

建築家の隈研吾さんのもとには、ビジネス関連の講演依頼がよく舞い込む。本業でないので「大抵は断る」。しかし、その言葉にヒントを…続き

2022年12月07日

2022年の美術 環境、経済情勢への対応課題に[有料会員限定]

7日 2:00

10月、ロンドン・ナショナル・ギャラリーでゴッホの「ひまわり」にトマトスープがかけられた。この騒動を発端に環境保護活動家が名…続き

2022年11月03日

海外美術展のチケット3割高も 問われる「持続可能性」[有料会員限定]

3日 5:00

「ルーヴル美術館展」「メトロポリタン美術館展」「ピカソ展」――。海外の主要美術館などから作品を借用して開かれる「海外美術展」…続き

2022年10月23日

「ナラヒロ」に学ぶ文化づくり 奈良美智氏と弘前の歩み[有料会員限定]

23日 0:00

「もしもし、奈良さんの展覧会はできませんか?」。青森県弘前市の弘前れんが倉庫美術館で開催中の展覧会の名は、1本の電話から付…続き

2022年09月24日

「装いの力」展 「異性装」めぐる日本美術史たどる[有料会員限定]

24日 2:00

渋谷区立松濤美術館で「装いの力―異性装の日本史」展が開催中だ。「異性装」とはあまり聞き慣れない言葉だが、男性による女装、女…続き

2022年08月19日

ルートヴィヒ美術館 現代美術の宝庫、そのルーツを探る

19日 18:50更新

現代美術の宝庫として知られるドイツ・ケルンのルートヴィヒ美術館。ピカソからウォーホールに至る多彩なコレクションの礎を築いた…続き

2022年08月13日

国際芸術祭「あいち2022」 「今を生き抜く力」問う[有料会員限定]

13日 2:00

国際芸術祭「あいち2022」が「あいちトリエンナーレ」から名称を変え、7月30日に開幕した。3年に一度の芸術祭は19年、一…続き

2022年05月14日

生誕100年、朝倉摂展 知られざる日本画家時代に光[有料会員限定]

14日 2:00

舞台美術家として広く知られる朝倉摂(1922~2014年)。没後に残された初期の日本画などの調査・研究が近年進み、多ジャン…続き

2022年04月25日

メトロポリタン美術館の舞台裏 元広報が明かす経営哲学

25日 18:00更新

世界屈指のコレクションがそろうニューヨーク・メトロポリタン美術館は、入場料収入や国・自治体の補助金に頼らず、運営費の大半を…続き

2022年04月18日

「ダミアン・ハースト 桜」展 大画面満開の花々に没入

18日 5:00

英国の現代アーティスト、ダミアン・ハーストが桜を描いた大型絵画を展示する「ダミアン・ハースト 桜」展が、東京・六本木の国立…続き

2022年04月02日

美人画家は庶民の暮らしも繊細に描いた 鏑木清方展[有料会員限定]

2日 2:00

日本画家の鏑木(かぶらき)清方(1878~1972年)の没後50年の記念展が東京・竹橋の東京国立近代美術館で、5月8日まで…続き

2022年03月12日

Chim↑Pom初の回顧展 行動と対話で社会との接点さぐる[有料会員限定]

12日 2:00

現代美術集団「Chim↑Pom(チン↑ポム)」の初めての回顧展となる「Chim↑Pom展:ハッピースプリング」が東京・六本…続き

2022年02月26日

美術の「正史」に埋もれた女性作家の再考進む[有料会員限定]

26日 2:00

戦後の福岡で、いま隆盛するフェミニズム・アートや、黒人差別に抗議するブラック・ライブズ・マター(BLM)運動に通じる認識を…続き

2022年02月08日

メトロポリタン美術館展、会場からスピード解説

8日 20:50更新

日本経済新聞の編集委員・専門記者が、識者や企画者との対話を通じ、注目の展覧会の作品世界を逍遥する「バーチャルミュージアムツ…続き

2021年12月14日

2021年の美術 国内作家の個展に力、ジェンダーにも脚光[有料会員限定]

14日 2:00

複数回にわたり一部地域で緊急事態宣言が出されるなど今年もコロナ禍に翻弄された美術界。ゴッホ展、メトロポリタン美術館展などが…続き

編集委員