統計の森を歩く
フォローする

トピック一覧

国内外で毎月、毎四半期などに発表される様々な経済指標。どう読み解き、資産運用に役立てるのか。マーケットやマクロ経済を30年近く取材してきた日経QUICKニュース編集部の穂坂隆弘次長が解説します。

代表撮影

需給ギャップからみえる金融政策の日米格差[有料会員限定]

4/27

金融引き締めを急ぐ米国に対し、日本は大規模緩和を続けている。資源高などのインフレ圧力は日米ともに同じはず。それでも金融政策の…続き

原油高で所得が海外流出 石油危機を上回るペース[有料会員限定]

3/30

ロシアのウクライナ侵攻で原油高が加速した。「令和の石油危機」ともいえる原油高の日本経済へのインパクトはどれほどの大きさだろう…続き

国際収支、日本経済の成熟化を反映[有料会員限定]

3/2

なかなか収束しない新型コロナウイルス禍にあって、日本経済の成熟化の進行が国際収支統計に表れている。2021年の経常黒字のほと…続き

コロナ禍の2020年生産額、業種で明暗[有料会員限定]

2/2

新型コロナウイルスの感染拡大で2020年の日本経済は大きく落ち込んだ。内閣府が21年12月に公表した国民経済計算の20年度年…続き

日本の所得、海外に流出 資源価格の高騰で[有料会員限定]

2021/12/1

原油をはじめとする資源価格の上昇は、輸入に頼る日本経済に響く。国民経済計算における実質国内総所得(GDI)の減り方は、実質国…続き

低迷続く需給ギャップ 経済の潜在力を把握[有料会員限定]

2021/11/3

景気の現在地や物価への圧力の見極めに役立つのが需給ギャップだ。現実の国内総生産(GDP)と平均的な供給力である潜在GDPの差…続き

GDP改定、携帯値下げがかく乱 名実で「ねじれ」[有料会員限定]

2021/10/6

携帯電話料金の下落が国内総生産(GDP)を揺さぶった。9月8日発表の2021年4~6月期GDP改定値(2次速報)では、8月発…続き

GDPで探る家計と業種の実像 支出・生産・分配で比較[有料会員限定]

2021/9/8

ある期間中に国内で生み出した付加価値の合計が国内総生産(GDP)だ。最も一般的に知られているのは付加価値を「どのように使った…続き

スマホが「創造的破壊」 消費者物価にみる世相の変化[有料会員限定]

2021/8/10

総務省は8月20日に発表する2021年7月の消費者物価指数(CPI)で基準を改定する。5年に1度の改定では消費量が増えたもの…続き

4~6月期GDP、景気判断難しく 回復は「K字型」[有料会員限定]

2021/7/14

8月に一次速報値が公表予定の2021年4~6月期の国内総生産(GDP)は、前期比の実質成長率がマイナスになるとの予測がある。…続き

人の移動や気象情報 オルタナデータで景気の「今」把握[有料会員限定]

2021/6/16

景気の現状をいち早く把握するため「オルタナデータ」への関心が高まっている。スマートフォンの位置情報による人の移動データなどで…続き

経済の「今」を知る GDP推計、最新統計使い常に更新[有料会員限定]

2021/5/17

新型コロナウイルスの感染拡大で急変動している日本経済の先行きはどうなるのか。未来を読むことは投資家などにとって重要なのはいう…続き

コロナ禍で異常値 「季節調整」で景気実態見極め  [有料会員限定]

2021/5/5

経済の動きと季節は切っても切れない深い関係がある。例えば新型コロナウイルスの感染拡大で低迷する飲食業は、いつもなら4月は歓迎…続き

震災・コロナ… GDP統計の基準年、10年後まで影響[有料会員限定]

2021/4/14

国内総生産(GDP)は数ある経済指標のなかで最も重要な統計の1つだ。投資家など利用者は、GDPが基準改定で数字が変わる仕組み…続き

コラム