積立王子への道
フォローする

トピック一覧

コロナショック、長期投資初心者にはバーゲン

3/27

投資の世界で「積立王子」のニックネームを持つ筆者が、これから長期投資に乗り出す後輩の若者にむけて成功の秘訣を伝授するコラムで…続き

令和は豊かさ二極化の時代 長期投資で勝ち抜こう

2019/12/29

5月に始まった令和元年も年の瀬を迎えました。2019年は同時に平成期終焉(しゅうえん)の年でもあったわけですが、30年間続い…続き

老後まで長い時間が味方 早く始める「積み立て人生」

2019/11/23

日本は本格的な高齢社会を迎えました。政府は公的年金受給者数を抑制しつつ、労働生産人口を増やしていく方策にカジを切りました。す…続き

「老後」まで半世紀超 長くなる若者の人生ゲーム

2019/10/25

「老後2000万円問題」が様々なメディアに取り上げられ、にわかに世間の注目を集めた我が国の年金制度で、政府が目指す政策の方向…続き

年金不安に自助で「対抗」 ヤングの君には時間がある

2019/9/21

「5年に1度の健康診断」といわれる公的年金制度の財政検証結果を厚生労働省が公表しました。総じて公的年金財政の厳しい状況を示す…続き

投信の「お相手選び」 手数料の矛盾を知ろう

2019/8/23

私もメンバーとして参加していた金融審議会「市場ワーキング・グループ」が作成した報告書が話題を集め、結果的に多くの生活者に高齢…続き

中野さんは「今後急速に少子高齢化が進む日本によって立つならお金を世界に働きに出すことが欠かせない」と説く

「107歳まで生きる時代」に必要な投資の心得

2019/7/26

私も参画していた金融庁審議会の市場ワーキング・グループが作成した「高齢社会における資産形成・管理」という報告書をきっかけに、…続き

「ノルマ達成と顧客本位の考え方は両立しない」と中野さん

金融業界、もっと「集団左遷」マインドがほしい

2019/6/18

「老後資金2000万円不足」問題がかまびすしいですが、読者のヤング投資家の皆さんは騒ぎに惑わされることなく、冷静に資産形成に…続き

「投資は一生続く日常。個人投資家にできることは一歩一歩同じペースで足を前に出すこと」

乱気流の今こそ心に 王子直伝、積立投資の極意7カ条

2019/5/17

ヤングという「昭和の香り」がするタイトルのこの連載ですが、令和時代に入り株式市場がいきなり試練を迎えています。リーマン・ショ…続き

中野さんは「長期資産形成の必要性に気付いて行動した人だけが豊かな経済的自立を獲得できる」と説く

NISAかiDeCoか ヤングはどれを選ぶべき?

2019/3/28

このコラムには、日本社会から享受できる恩恵がこの先、劣化していくことを前提とし、社会に依存しないで豊かな将来をつくるのに必要…続き

中野さんは「運用管理を専門家に任せれば、難しい判断や管理の手間から解放される」と語る

つみたてNISAの投信 「信じて託せるか」で選ぼう

2019/2/8

積み立て型の少額投資非課税制度「つみたてNISA」は、厳格な条件で絞り込まれた投資信託に投資対象を限定しています。それは行政…続き

中野さんは「日本人の預貯金偏重も立派なガラパゴス現象」と指摘する

預貯金偏重はガラパゴス つみたてNISAで脱却を

2018/12/7

日本人のお金に対する行動規範として、預貯金指向が顕著に強いことは世界的に有名です。残念ながら、いまやすべての生活者が日本の将…続き

中野さんは投信運用で「適切な売買のタイミングを見極めるのは相当困難」と話す

長期投資に相場観は不要 コツコツ運用が成功の近道

2018/11/2

「これから将来の資産づくりに向けて、しっかり投資を始めるぞ」と意を決したヤング投資家の皆さん。まず考えるのは「良い商品を見つ…続き

中野さんは「つみたてNISAが設計されたのは、生活者の長期投資マネーの最適ルートは投信と判断されたため」と語る

つみたてNISAの条件が厳しいわけ 生活者本位へ誘導

2018/9/20

前回のコラム「長期投資が産業を支える つみたてNISAの役割とは」では、金融改革の趣旨と投資信託の存在意義について解説しまし…続き

中野さんは「資産運用改革とは投資信託改革だ」と言い切る

長期投資が産業を支える つみたてNISAの役割とは

2018/8/24

このコラムでは、金融庁主導による金融改革の進展について、何度となく言及してきました。その先導役だったのが、7月に退官した森信…続き

中野さんは「各金融機関が共通KPIを公表すれば、投信への取り組み方を同じモノサシで比較できるようになる」とみる

顧客本位度を測る共通KPI 投信選びの道しるべに

2018/7/26

金融庁は都銀や地銀計29行を対象に2018年3月末時点での顧客の投資信託における運用損益を調べ、「全体の半分近くの人が損失を…続き

中野さんは「インデックス運用ブームの今だからこそアクティブ運用の魅力と存在意義を考えて」と訴える

あえて問い直す アクティブ投信の魅力

2018/6/22

20年を前提にした積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)が始まり、資産運用商品の提供を高齢者層に偏重させていた銀…続き

中野さんは「高齢者の投資家が陥った顧客ニーズのわなを他山の石にしてほしい」と訴える

顧客ニーズと顧客本位は別 毎月分配型投信のわな

2018/5/18

前回の『ヒントは「ドクターX」 長期投資の金融機関選び』では、金融機関が昨年こぞって公表した「顧客本位の業務運営に関する原則…続き

ヒントは「ドクターX」 長期投資の金融機関選び

2018/4/12

これまで「つみたてNISA」(積み立て型の少額投資非課税制度)を活用したヤング投資の実践方法を学んできました。このコラムを読…続き

今回、当コラム読者にだけ初めて公開された中野さんのデスク周辺

つみたてNISA ヤングは本気の金融機関と付き合おう

2018/3/8

今年から始まった「つみたてNISA」(積み立て型の少額投資非課税制度)の1月末時点での主要証券・銀行11社における口座数は、…続き

31件中 1 - 20件

  • 1
  • 2
  • 次へ

コラム