村山 宏
フォローする

トピック一覧

7月19日

AP

広がる中国のペット関連ビジネス 「電子身分証」も[有料会員限定]

19日 0:00

中国の都市部で犬と猫のペットを飼う人が6000万人を超え、ペット数も1億匹を超えた。ペットブームを支えているのは若い独身女性…続き

7月10日

中国経済がつくるアジアの枠組み W・ブラットン氏[有料会員限定]

10日 2:00

欧米からみたアジアの地政学は、米国と中国という大国同士の争いという枠組みでとらえられることが多く、他のアジア諸国はゲームの駒…続き

6月12日

太平洋での優位、まだ米軍に J・スタブリディス氏[有料会員限定]

12日 2:00

米国と中国の戦争の可能性については、いままでにも多くのことが書かれてきた。肝心な問いは単純で、「どちらが勝利するか」だ。もち…続き

5月31日

米中台、緊迫の裏で高まった経済の相互依存[有料会員限定]

31日 5:00

米国と中国の終わりのない対立が続き、中国と台湾の関係も好転の兆しはみえない。米中台は軍事的な示威行為を繰り返し、一触即発の関…続き

5月22日

デジタル人民元、米ドルに並ぶか W・ブラットン氏[有料会員限定]

22日 2:00

経済大国としての中国の台頭は、多くの人が予想していたよりずっと早かった。技術の進歩や産業の発展、世界貿易と資本市場への関与な…続き

5月8日

中国、過信がもたらす停滞 ミンシン・ペイ氏[有料会員限定]

8日 2:00

米国のバイデン大統領の就任からまだ100日と少しかもしれないが、中国との雪解けの期待は、ワシントンでも北京でも急速にしぼみつ…続き

4月24日

自国民向け優先の米中外交 フアン・ジン氏[有料会員限定]

24日 2:00

ブリンケン米国務長官と中国の外交担当トップ、楊潔篪(ヤン・ジエチー)共産党政治局員は3月、米アラスカ州アンカレジで会談した。…続き

4月15日

香港人意識の台頭 理解しようとしない中国[有料会員限定]

15日 5:00

中国は香港の民主派勢力を排除する選挙制度を導入する。デモに手を焼いた経緯から民主派の活動を制度変更で完全に封じ込めようとし、…続き

4月3日

中国企業封じ込め、逆効果 ウィリアム・ブラットン氏[有料会員限定]

3日 2:00

欧米の通信機器メーカーなどは2000年代の初めごろ、中国大手の華為技術(ファーウェイ)を軽んじ、慢心しているようにみえた。欧…続き

3月20日

レッドラインへ強まる米軍関与 ジェームズ・スタブリディス氏[有料会員限定]

20日 2:00

米シンクタンク、アトランティック・カウンシルは1月、論文「より長い電報」を発表した。(旧ソ連に対する「封じ込め」を提唱した、…続き

3月6日

新興国、脱グローバル化の逆風 J・クラブツリー氏[有料会員限定]

6日 2:00

アジア新興国・地域の2021年の成長について、高い伸びの予想が相次ぐかもしれない。アジア開発銀行(ADB)は、新型コロナウイ…続き

3月4日

東アジア「人口減時代」に突入 想定より10年早く[有料会員限定]

4日 13:00

東アジアが日本に続いて人口減少時代に突入した。韓国、台湾、香港では2020年に出生数が死者数を下回る人口の自然減となり、中国…続き

2月20日

米の台湾関与、当面変わらず デレク・グロスマン氏[有料会員限定]

20日 2:00

台湾が、閣僚や高官を相次いで派遣してきた米国のトランプ前政権の政策を歓迎し、バイデン政権への移行を不安視していたのは公然の秘…続き

1月23日

RCEPの圧倒的勝者は中国 ウィリアム・ブラットン氏[有料会員限定]

23日 2:00

東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の調印は、貿易の拡大と地域の経済成長の促進につながるとして熱烈に歓迎された。だが、こう…続き

1月9日

中国が抱え込む債務問題 ダイアナ・チョイレバ氏[有料会員限定]

9日 2:00

中国で社債の債務不履行(デフォルト)が相次ぎ、経済の下振れリスクとなっている。中国政府が、債務の海に救命具が必要だと認識して…続き

2020年11月07日

Yukon Huang 米プリンストン大博士(経済学)。世銀勤務などを経て現職。主な研究分野は中国経済の世界への影響など。

中国「双循環」、市場経済の強化を Y・フアン氏 J・レビー氏[有料会員限定]

7日 2:00

中国は40年の間に、経済大国へと飛躍的な発展を遂げた。だが、減速傾向だった中国経済の見通しは、米国との貿易戦争や新型コロナウ…続き

2020年10月24日

Derek Grossman 米国家安全保障局(NSA)や国防情報局(DIA)などでの勤務を経て、現職。主な研究分野は、中国のアジア各国との外交関係。

「友人」なき中国 対米戦略で課題 D・グロスマン氏[有料会員限定]

24日 2:00

激しく覇権を争う米国と中国は、インド太平洋地域などで外交関係の強化に力を入れる。他国との友好関係には軍事基地へのアクセスや政…続き

2020年10月10日

James Stavridis 元米海軍大将。2009~13年北大西洋条約機構(NATO)欧州連合軍最高司令官。米タフツ大フレッチャー法律外交大学院長を経て、カーライル・グループ所属。

台湾を巡る攻防 米中衝突リスク J・スタブリディス氏[有料会員限定]

10日 2:00

11月の米国の大統領選挙が近づく中、同国と中国の関係は数十年の間で最悪レベルの状態にあるようだ。発火点になる危険が高まってい…続き

2020年09月26日

Derek Grossman 米国家安全保障局(NSA)や国防情報局(DIA)などでの勤務を経て、現職。主な研究分野は、中国のアジア各国との外交関係。

「インド太平洋」 中国が追い風に D・グロスマン氏[有料会員限定]

26日 2:00

米国のトランプ政権のインド太平洋戦略は、中国に威圧されない「自由で開かれた」地域を維持するという目標の達成に向け、追い風を受…続き

2020年09月21日

習近平国家主席が使った言葉がすぐに「流行語」になる=ロイター
ロイター

「持久戦」に「大食い禁止」 内に向く中国の事情[有料会員限定]

21日 0:00

近ごろ北京ではやるもの、持久戦、国内大循環、食べ残しと大食いの禁止……。北京に本拠を置く中国メディアを最近にぎわしている言葉…続き

37件中 1 - 20件

  • 1
  • 2
  • 次へ

編集委員