風紋
フォローする

トピック一覧

老いる商店街に新たな人流 防災空き地で農園、ライブ[有料会員限定]

5/22

大小11の商店街からなる神戸市灘区の水道筋商店街。その中でも歴史の古い灘中央市場は1925年(大正14年)に誕生した。3年後…続き

若者の再犯防止、企業に委託 少年院出た後の学び支援[有料会員限定]

4/24

昨年秋、少年院を出院した若者を対象にした、あるプロジェクトが産声をあげた。
目的は国語や数学などの勉強を教えて立ち直りを支え、…続き

地震で専門ボランティア 「もっと頼って」地域の壁越え[有料会員限定]

4/17

3月16日に発生した福島県沖地震から1カ月が過ぎた。東北新幹線が脱線し一部運休したことが注目されたが、多くの住宅も壊れた。市…続き

帰還困難区域「復興拠点」は8% 故郷遠ざける新たな柵[有料会員限定]

3/27

福島県浪江町津島地区の赤宇木(あこうぎ)集落。今野邦彦さん(63)と妻の千鶴子さん(58)が21日、墓参りに訪れた。先祖が7…続き

ドクターヘリ配備、全国に 「救える命」つなぐ連携カギ[有料会員限定]

3/20

医師や看護師が搭乗して患者のもとへ急行し、機内で治療しながら搬送するドクターへリが全都道府県に配備されることになった。未配備…続き

警察庁がサイバー特捜隊 リアル空間の活動にカギ[有料会員限定]

2/27

「サイバー犯罪の捜査は、サイバー空間では完結しない」――。この分野で刑事責任を追及する難しさを示す、意味深い言葉である。
警察…続き

「18歳成人」教育で自覚促す よき市民、育てる契機に[有料会員限定]

1/30

4月1日の改正民法施行で成人になる年齢が20歳から18歳に引き下げられる。「大人」になるために必要な素養とは何だろうか。
昨年…続き

「Kカルチャー」への視線 対立よそに深まる共感[有料会員限定]

1/23

「生きづらい世の中。救われた思いです」「ありのままでいいと、背中を押してくれました」――。
読者カードに、手書きの文字がびっし…続き

茶畑守る海外の知恵 担い手不足、補うデジタル[有料会員限定]

1/9

京都などでは新年に、梅干しと昆布などを入れた茶を大福茶(おおぶくちゃ)と名付けて飲む風習がある。緑茶は昔から年中行事やお祝い…続き

「昭和天皇拝謁記」の驚き 人間的、辛辣な「肉声」[有料会員限定]

1/2

戦後間もない1948年から5年半、初代の宮内庁長官(就任時は宮内府)を務めた田島道治が昭和天皇との対話を記述した「昭和天皇拝…続き

早すぎた水墨画家、篁牛人 奔放な人生が生むポップな筆[有料会員限定]

2021/12/26

今年、生誕120年を迎えた富山県出身の水墨画家、篁牛人(たかむら・ぎゅうじん、1901~84年)。掛け軸に山河を描くといった…続き

御巣鷹の尾根整備 津波遺族も悲しみと向き合う[有料会員限定]

2021/12/19

初冬の粧(よそお)いを濃くする御巣鷹の尾根(群馬県上野村)。冬季閉山を前に11月13日、年内最後となる墓標の修繕や山道整備と…続き

ミュシャの絵を堺緞通に 手織りつなぐ刑務所[有料会員限定]

2021/12/5

JR堺市駅近くに「堺 アルフォンス・ミュシャ館」(堺市堺区)という美術館がある。19世紀末~20世紀初頭のパリで活躍したアー…続き

消える「最古のサーキット」 近代遺産の保護に教訓[有料会員限定]

2021/11/28

川崎市の多摩川河川敷に、自動車産業黎明(れいめい)期の息吹を伝える遺構がある。正確には「あった」というべきか。11月に始まっ…続き

夜間中学、民間が運営 一隅を照らす市井の志[有料会員限定]

2021/11/21

〈20時の中学校はハングルと中国語あり電子辞書持つ〉
「鳥居」という筆名の歌人をご存じだろうか。
彼女は小学生のときに母親を自殺…続き

車の救急自動通報、じわり普及 「新たな標準装備」期待[有料会員限定]

2021/11/7

自動車事故で運転者らの死亡・重症確率を推定し、消防本部や病院に自動的に送信する救急自動通報システム「Dコールネット」の搭載が…続き

復活した「手を上げ横断」 歩行者優先徹底のきっかけに[有料会員限定]

2021/10/24

かつて学校でも教わった交通標語の一つに、「手を上げて 横断歩道を渡りましょう」――がある。ところがこの横断方法は1978年、…続き

視覚障害ランナーの伴走 共生社会のヒントに[有料会員限定]

2021/10/17

視覚障害のランナーをガイドする伴走。この夏の東京パラリンピックでも注目を集めた。
ランナー人口1千万人といわれるブームの今、自…続き

繰り返されるいじめの悲劇 誘発する「磁場」なくせ[有料会員限定]

2021/10/3

大河内祥晴さんが8月24日に亡くなった。1994年、愛知県西尾市の中学2年生だった次男の清輝さん(当時13)をいじめ自殺で失…続き

「五日市憲法」の光と影 民衆史の息吹、現代に [有料会員限定]

2021/9/26

思いのほか、山が深い。東京都あきる野市のJR武蔵五日市駅から北西に3キロほど。折れ曲がる坂道を上りつづけた先に、その小さな土…続き

114件中 1 - 20件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 次へ

コラム