ウォルフガング・ムンヒャウ
フォローする

トピック一覧

FT commentators

ヨーロピアン・コメンテーター

Wolfgang Münchau 1961年生まれ。英紙タイムズでワシントン特派員やブリュッセル特派員を経てFTへ。99年からFTドイツ語版の立ち上げに参画、2001~03年ドイツ語版編集長。その後は欧州の政治・経済のコメンテーターとしてユーロ危機やEU(欧州連合)統合問題、英EU離脱問題について執筆を重ねている。

    ソーシャルアカウント:

2020年06月24日

デジタル税、ロシアと西欧を結ぶガスパイプライン、自動車関税などを巡り、米国とEUの衝突は避けられないだろう
ロイター

[FT]米国とEU、貿易紛争の足音[有料会員限定]

24日 0:00

米国は、自国のテック企業が独占を通じて得た巨利を他国に税として持っていかれたくない。これに対してドイツは、ロシアと契約した倫…続き

2020年05月20日

親欧州の議論は、権力に対して真実を語れず、大言壮語や人を恐怖に陥れようとするデマ、そしてアイデンティティー政治へ向かう傾向がある=ロイター
ロイター

[FT]欧州統合の議論を貫け 混乱や懐疑主義の打破を[有料会員限定]

20日 0:00

欧州統合を筆者はずっと昔から支持してきた。だが、欧州を支持する言説の中身の乏しさに次第にがくぜんとするようにもなった。
親欧州…続き

2020年04月15日

新型コロナで大きな影響を受けるイタリアのコンテ首相。EUから思うような支援を得られず、経済を立て直せなければ政権に黄信号が点灯しかねない=ロイター
ロイター

[FT]来るユーロ危機に備えよ[有料会員限定]

15日 0:00

予測というのとは異なるが、実現しそうに思えるシナリオがある。ユーロ圏の財務相らは9日、総額5400億ユーロ(約64兆円)に上…続き

2019年12月24日

ドイツ社会民主党はエスケン氏(左)とワルターボーヤンス氏の急進的に思える指導部を選んだが、大連立から離脱する確信は持てない=ロイター
ロイター

[FT]緊縮が壊した欧州中道派 戦略変えられず党勢後退[有料会員限定]

24日 23:00

欧州の中道派の衰退の兆候はかなり前からはっきりと見えていた。
2009年、ドイツでのちにドイツ社会民主党(SPD)の首相候補に…続き

2019年12月20日

[FT]EUは英への強気改めよ[有料会員限定]

20日 0:00

今月12日の英下院総選挙はジョンソン首相率いる与党保守党が大勝した。欧州連合(EU)は、この勝利と英国のEU離脱について、間…続き

2019年10月21日

英国の離脱期限延期に対するEU側の姿勢は微妙に変化してきている=ロイター
ロイター

[FT]懸案山積のEU、英離脱問題越え前進の構え[有料会員限定]

21日 15:00

書簡のことは忘れていい。欧州連合(EU)はほぼ確実に、英国の離脱期限を延期することになるだろう。ジョンソン英首相が19日夜、…続き

2019年10月09日

アイルランドのバラッカー首相(左)とジョンソン英首相。各国の責任のなすり合いが、合意なき離脱のリスクを高めている=ロイター
ロイター

[FT]EUは英離脱新提案を熟考せよ[有料会員限定]

9日 2:00

欧州連合(EU)加盟各国は英国のEU離脱交渉では共通の立場をとっているが、思惑はそれぞれ異なる。
ドイツなどの国々は工業製品の…続き

FT commentators