仕事人秘録
フォローする

トピック一覧
イトカワに接近するはやぶさ(池下章裕氏による想像図)

行方発見、復旧に全力[有料会員限定]

6/4

行方不明になった小惑星探査機「はやぶさ」は思いのほか早く発見された。
「探査機からと思われる電波が受信できるようになりました」…続き

直径64メートルの巨大なパラボナアンテナで行方不明のはやぶさを探した(長野県佐久市)=JAXA提供
JAXA提供

行方不明でもあきらめず[有料会員限定]

6/3

2回目の着陸から間もない2005年12月9日に小惑星探査機「はやぶさ」からの通信が途絶、行方不明になった。
キセノンガスをその…続き

はやぶさが持ちかえったイトカワの微粒子の電子顕微鏡写真=JAXA提供
JAXA提供

弾丸発射失敗に青ざめ[有料会員限定]

5/28

小惑星探査機「はやぶさ」から2回目の着陸を記録した詳しいデータが届くと、予想外の事態に直面する。
燃料漏れトラブルへの対応に追…続き

2回目のタッチダウンを見守る管制室=JAXA提供
JAXA提供

エンジントラブル発生[有料会員限定]

5/27

小惑星探査機「はやぶさ」は最初の着陸から6日後の2005年11月26日に2回目の着陸に挑んだ。
1回目の着陸でイトカワのサンプ…続き

はやぶさのタッチダウンを見守る(中央が川口氏)

1回目の着陸に成功[有料会員限定]

5/26

小惑星探査機「はやぶさ」が地球に帰還するために、イトカワに滞在できる期間は3カ月しかなかった。
予定していた2007年に地球に…続き

はやぶさのイトカワ到着を喜ぶプロジェクトチーム(ボードを持つのが川口氏)

故障越えイトカワ到着[有料会員限定]

5/21

2005年9月15日、打ち上げから2年4カ月かけて小惑星探査機「はやぶさ」は小惑星「イトカワ」に到着した。
最後の減速を終えて…続き

「はやぶさ」は2003年5月9日に打ち上げられた(左が川口氏)

スイングバイに成功[有料会員限定]

5/20

小惑星探査機「はやぶさ」を打ち上げてから半年後に、太陽表面の巨大な爆発の影響で太陽電池パネルが損傷を受けた。
はやぶさを搭載し…続き

カプセルは当初は米ユタ州の砂漠で回収される予定だった=JAXA提供
JAXA提供

NASAとの駆け引き[有料会員限定]

5/19

小惑星探査機「はやぶさ」のライバルとなる米航空宇宙局(NASA)には共同プロジェクトを呼びかけた。
はやぶさが正式に承認される…続き

「はやぶさ」は打ち上げ直前まで問題が山積していた

目標を「イトカワ」に変更[有料会員限定]

5/14

1995年に文部省の宇宙開発委員会で承認を受けて、正式に小惑星探査機「はやぶさ」プロジェクトがスタートする。
米航空宇宙局(N…続き

宇宙科学研究所の上杉教授(左)と

NASAとの共同勉強会[有料会員限定]

5/13

小惑星探査機「はやぶさ」の構想は、打ち上げの18年前の1985年にさかのぼる。
鶴田浩一郎教授が主宰して宇宙科学研究所(現JA…続き

火星探査機「のぞみ」では軌道設計で活躍した=JAXA提供
JAXA提供

トラブル越えた「魔術師」[有料会員限定]

5/12

日本初の本格的な惑星探査機「のぞみ」は、はやぶさ同様に多くのトラブルに見舞われた。
火星を目指すのぞみをM5ロケットで打ち上げ…続き

ハレー彗星探査機「さきがけ」の軌道設計を担当した(右から2番目が川口氏)

ハレー彗星の探査に挑戦[有料会員限定]

5/1

ハレー彗星(すいせい)探査機「さきがけ」は日本初の惑星間空間探査に成功する一方、延長ミッションでは苦杯をなめた。
さきがけは1…続き

大学院時代からM3S-2型ロケットの開発に取り組んだ(左から2番目が川口氏)

課題解決の教科書はない[有料会員限定]

4/29

東京大学大学院に入ると、宇宙航空研究所(現JAXA宇宙科学研究所)の個性の強い変人たちに驚かされた。
日本のロケットの父と言わ…続き

京都大学で機械工学を専攻したが、宇宙工学を学ぶため大学院は東京大学に進んだ(写真は東京大学駒場キャンパス)

部活に没頭した大学時代[有料会員限定]

4/28

京都大学工学部に進学したが、授業よりも部活動に没頭した。
大学に入学した当時はまだ学生運動も盛んで、バリケードで大学が封鎖され…続き

中学の理科研究部では固体燃料ロケットの燃焼実験もした(上段左端が川口氏)

中学時代にロケット自作[有料会員限定]

4/25

1961年に旧ソ連が世界初の有人宇宙飛行に成功。69年には米国のアポロ11号が月面に着陸するなど冷戦下の激しい宇宙開発競争を…続き

小学校時代は科学クラブに所属した(前列左端が川口氏)

父の教えが原点に[有料会員限定]

4/24

1955年、青森県弘前市に生まれて高校卒業まで過ごす。多彩な趣味を持つ両親と弟の4人家族で育った。
父は高校の数学教師でした。…続き

かわぐち・じゅんいちろう 青森県生まれ。1983年東大大学院工学系研究科博士課程修了、旧文部省宇宙科学研究所助手。2000年同教授。ハレー彗星探査試験機「さきがけ」をはじめ数多くの探査機に参加し、小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトマネージャを務めた。

失敗恐れず 高い塔建てる[有料会員限定]

4/23

エンジンの故障をはじめ数多くのトラブルに見舞われながら、困難を乗り越えて地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」。宇宙航空研究…続き

津田純嗣・安川電機会長 海外売上高比率7割への道

4/17

産業用ロボットの世界大手、安川電機会長の津田純嗣氏は入社1年後、不況のまっただ中で営業の最前線にかり出されます。13年間の営…続き

新たな国際展開へ小笠原氏にバトンを託した(2016年1月の記者会見、左が津田氏)

全社的な視点 交代決め手[有料会員限定]

4/16

創立100周年の翌年、2016年3月に小笠原浩社長に交代した。
社長選任に当たり、海外をしっかり理解している、事業部に偏重せず…続き

国際ロボット連盟で津田氏の前任会長だったジョー・ジェンマ氏(右)と

産業ロボが3Kを解消[有料会員限定]

4/15

2019年末まで国際ロボット連盟(IFR)会長を2年務めた。
会長として主に2つのテーマに取り組んできました。1つは産業ロボッ…続き

424件中 1 - 20件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

コラム