2019年3月22日(金)

Asia Analysis
フォローする

トピック一覧

経済が成長し目まぐるしく変化するアジアの国々。米国と中国の超大国同士の貿易摩擦が激しくなる中、その狭間に位置するアジアにも余波が及んできた。現地の政治・経済の今を切り取る。

タクシン派のタイ貢献党が推す首相候補、スダラット元保健相は「我々が経済を再生するときだ」と訴えるが…(2月15日、バンコクでの選挙集会)=ロイター

タイ総選挙、エスカレートする大衆迎合の落とし穴[有料会員限定]

3/7

3月24日のタイ総選挙で、首相候補に王女を擁立する「奇策」が不発に終わったタクシン元首相派。画策したタイ国家維持党は「立憲君…続き

再浮上するベトナムの高速鉄道計画は南北1560キロメートルを結ぶ(中部地域の拠点となるダナンの在来線駅)
本社

採算軽視、アジア高速鉄道計画が運ぶもの[有料会員限定]

2/21

2月27日に2度目の米朝首脳会談が開かれるベトナム。国際政治の駆け引きの舞台としてだけでなく、壮大なインフラプロジェクトでも…続き

8年前の前回総選挙はタクシン派が妹のインラック氏を首相候補に押し立て、圧勝したが……(2011年、バンコク)

8年ぶりタイ総選挙、混乱再燃の導火線?[有料会員限定]

2/7

度重なる先延ばしの末に、タイ総選挙がようやく3月24日と決まった。約5500社が進出し、世界で4番目に多い7万3千人が暮らす…続き

シンガポールのリー・シェンロン首相(左から2番目)はマレーシアのマハティール首相(中央)に冷静な対話を呼び掛けるが…(18年11月、シンガポールでの首脳会談)=ロイター
ロイター

マハティール氏が戦うリー・クアンユー氏の幻影[有料会員限定]

1/24

マレー半島南端に降って湧いた領有権争いはひとまず水入りとなった。
1月8日、マレーシアとシンガポールは緊急の外相会談を開いた。…続き

国交樹立40年周年を迎えた米中は深刻な対立下にあるが…(18年12月、アルゼンチンでのG20サミット後の首脳会談)=ロイター

米中関係の「振り子」に翻弄されるアジア[有料会員限定]

1/10

2019年の米中関係は、エール交換とジャブの応酬で幕を開けた。
1979年の国交樹立から40周年にあたる1月1日、トランプ大統…続き

突如辞任したインド準備銀のパテル前総裁は、短い声明で理由を「個人的な事情」としたが…=ロイター
ロイター

インド中銀総裁「唐突な辞任」が残す禍根[有料会員限定]

2018/12/27

辞任劇は唐突だった。インド準備銀行(中央銀行)のウルジット・パテル総裁が12月10日、短い声明を残して退任した。よくある「政…続き

日中関係改善の「証し」として、中国の「一帯一路」構想に日本が協力する枠組みは固まったが……(10月26日、北京で首脳会談に臨んだ安倍首相=左=と中国の習近平国家主席)=浦田晃之介撮影

消えた目玉「タイ高速鉄道」 日本の一帯一路協力[有料会員限定]

2018/12/13

応札した企業に日本勢の名前はなかった。
11月12日。タイのスワンナプーム、ドンムアン、ウタパオの3つの国際空港を結ぶ高速鉄道…続き

未来都市を思わせる中心部の景観は、シンガポールの繁栄を象徴している=ロイター

シンガポールがつまずく「先進国の罠」[有料会員限定]

2018/11/29

10年に1度の重責は次のタイに引き継がれた。
11月15日、南シナ海や貿易戦争を巡って中国の李克強(リー・クォーチャン)首相と…続き

中国による米国産LNGの輸入拡大は、貿易不均衡改善の切り札と期待されたが……(2017年11月、北京での米中首脳会談)=ロイター

トランプ政権の「弱点」を突く中国エネルギー戦略[有料会員限定]

2018/11/15

米国の中間選挙が終わり、世界の関心は再びトランプ政権の外交政策へと戻った。最大の懸案は中国との貿易戦争の行方だが、両国に絡む…続き

2年ぶりに来日したモディ首相はAIやIoTなどデジタル分野の取り組みを強調した(10月29日、東京・千代田)

インド「スタートアップ大国」の死角[有料会員限定]

2018/10/31

「人工知能(AI)や(あらゆるモノがネットにつながる)IoT、ロボティクスを活用し、第4次産業革命へ向かう」
2年ぶりに来日し…続き

マハティール氏(右)とアンワル氏は20年ぶりに政治集会で顔をそろえた(10月8日、マレーシア中部のポート・ディクソン選挙区)=AP
AP

マハティール氏の禅譲が生むイスラム急進リスク[有料会員限定]

2018/10/17

「宰相の座」への確信は深まっただろうか。
13日のマレーシア下院補選で、アンワル元副首相が圧勝し、3年半ぶりに議員へ復帰した。…続き

インドネシア通貨安、「失われた20年」が招く負の連鎖[有料会員限定]

2018/10/3

人口2億6千万人を擁する東南アジア諸国連合(ASEAN)の大国インドネシアで、2019年4月投開票の大統領選の号砲が鳴った。…続き

「ASEANに関する世界経済フォーラム」で一堂に会したメコン諸国首脳。左からベトナムのフック首相、カンボジアのフン・セン首相、ラオスのトンルン首相、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問、タイのプラジン副首相(12日、ハノイ)=ロイター
REUTERS

「戦場から市場へ」30年、メコンに影落とすタイの独善[有料会員限定]

2018/9/19

「部外者がいつも我々を責め、こうしろと指図する。域内の問題には口を挟まないでほしい」
9月11日から3日間、ベトナムで開いた「…続き

「一帯一路」建設に向け中国企業が国外に散らばる(18年5月、カンボジア西部コッコン県の空港建設現場)=ロイター

「一帯一路」の名が包む商業主義[有料会員限定]

2018/9/5

再びの大盤振る舞いである。
アフリカ53カ国の首脳が北京に集結した3~4日の「中国アフリカ協力フォーラム」首脳会議で、習近平(…続き

ジョコ大統領(左)は次期大統領選の副大統領候補にイスラム急進派のマアルフ・アミン氏を選んだ=ロイター
ロイター

インドネシア民主主義に忍び寄る「不寛容」の影[有料会員限定]

2018/8/22

インドネシアで経済閣僚を歴任したギナンジャール・カルタサスミタ氏は20年前、アジア通貨危機の事態収拾にあたった。混乱のさなか…続き

フン・マネット陸軍少将(当時)は11年のタイとの国境紛争で現地司令官を務めた(11年4月、プノンペン)=ロイター
ロイター

カンボジア「フン・セン王朝」に近づく世襲の足音[有料会員限定]

2018/8/1

5月のマレーシア総選挙に続く「番狂わせ」は起きようがなかった。
7月29日のカンボジア総選挙は、フン・セン首相の与党・カンボジ…続き

「21世紀のパンロン会議」の開会式で演説するアウン・サン・スー・チー氏(11日、ネピドー)=AP

スー・チー氏が民族和平に託す「改憲」の深謀[有料会員限定]

2018/7/19

各民族が自らの意思で運命を決める「民族自決」は、1950年の国連総会で認められた基本的人権のひとつである。現実は簡単ではない…続き

米国抜きの「TPP11」にASEANから4カ国が参画した(3月、チリでの署名式)=ロイター

米抜きTPPがアジアで倒す「FTAドミノ」[有料会員限定]

2018/7/4

「モリカケ問題」で揺れた国会で、環太平洋経済連携協定(TPP)参加11カ国の新協定「TPP11」の関連法がようやく成立した。…続き

サムスン電子はベトナムの輸出全体の2割を担う(北部バクニン省のスマートフォン工場)
本社

金正恩氏が中国よりベトナムを手本にする理由[有料会員限定]

2018/6/20

全世界の耳目を集めたシンガポールでの米朝首脳会談は、北朝鮮の非核化への具体的な道筋が見えないまま、当事者が「成功」を言い募る…続き

タイ東部の経済特区への投資を表明するアリババ集団の馬雲(ジャック・マー)会長(4月19日、バンコク)=撮影 柏原敬樹

「親日アジア」でアリババが仕掛けるゲームチェンジ[有料会員限定]

2018/6/6

経済成長を続けるアジアの都市は変化が目まぐるしい。1年半ぶりに訪れたタイのバンコクも、あちこちで再開発工事が進み、真新しい高…続き

24件中 1 - 20件

  • 1
  • 2
  • 次へ

コラム


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報