2019年1月20日(日)

スグ効くニュース解説
フォローする

トピック一覧

「スグ効くニュース解説」では、読者のみなさんが疑問に感じる「ニュースのなぜ?」を取材経験が豊富な日本経済新聞の編集委員がわかりやすく解説します。

喫茶店、中高年の居場所に? (スグ効くニュース解説)[有料会員限定]

1/18

喫茶代の支出が増えています。節約志向に変化が出てきたのでしょうか。…続き

アップル、なぜ世界の株式市場揺らした? (スグ効くニュース解説)[有料会員限定]

1/17

米国ハイテク大手、アップルが売上高が事前の予想に届かないと発表したことが引き金の1つとなって、アップル株だけでなく、世界の株式市場が動揺しました。なぜそこまで広く影響が及ぶのでしょうか。…続き

アップルはCESの会場でプライバシー重視の姿勢を示した

アップル、ライバルのサムスンと組む? (スグ効くニュース解説)[映像あり][有料会員限定]

1/16

米アップルがコンテンツ配信サービスで韓国サムスン電子と組んだそうです。宿敵とも組む狙いはどこにあるのですか。…続き

仮想通貨を使ったマネロンにも警戒が必要とされる

ファトフって何? 資金洗浄撲滅へ国際監視 (スグ効くニュース解説)[有料会員限定]

1/15

国内金融機関や金融庁のニュースに絡んで「ファトフ」という言葉が最近、目につきます。なんのことですか。…続き

衆参同日選の判断には、安倍政権の経済運営や外交上の成果も絡む

首相の「衆参ダブル選ない」は本当? (スグ効くニュース解説)[有料会員限定]

1/14

安倍晋三首相が「衆参同日選は考えていない」と繰り返し発言しています。野党は警戒を緩めていませんが、ダブル選の可能性は実際どれくらいあるでしょうか。…続き

日本は世界の土俵で勝てるか

日本のeスポーツ、世界に取り残される? (スグ効くニュース解説)[有料会員限定]

1/11

日本のeスポーツはガラパゴス化していると聞きました。どうしてですか。…続き

ロイター
ロイター

「リーマン級」ってどのくらい? (スグ効くニュース解説)[有料会員限定]

1/10

消費税率10%への引き上げについて、安倍晋三首相は「リーマン・ショック級の出来事が起こらない限り実施する」と話しています。最近の株価下落は「リーマン級」に当てはまらないのでしょうか。…続き

ジョコ大統領(左)とプラボウォ氏の対決は、2014年の前回大統領選と同じ図式だ=ロイター
ロイター

インドネシア大統領選 アジアへの影響は? (スグ効く解説・2019新春の予習編)[有料会員限定]

1/9

19年はアジア主要国で重要な選挙が相次ぎます。14年に軍事クーデターが起きたタイで民政復帰のための総選挙が予定されるほか、インドでも総選挙、フィリピンでは国会議員や知事、市長らを一斉に選ぶ中間選挙が控えています。なかでも注目すべきは、4月17日のインドネシア大統領選です。…続き

合意文書に署名する北朝鮮の金正恩委員長(左)とトランプ米大統領(12日、シンガポール)=ロイター
ロイター

米朝首脳が探る再会談、日朝も暗闘? (スグ効く解説・2019新春の予習編)[有料会員限定]

1/8

米国と北朝鮮は昨年6月以来の首脳会談を1月か2月にも開く構えです。会うこと自体にも意義を見いだせた前回に比べ、実質的な内容が問われます。…続き

AIへの期待は? マイナス面の回避が課題 (スグ効く解説・2019新春の予習編)[有料会員限定]

1/7

2018年に注目を浴びたテクノロジーのひとつはAIでした。米国の調査会社、ガートナーが毎年発表している先進テクノロジーのハイプサイクル(最新版)によると、AIブームを支える深層学習と呼ぶテクノロジーは現在、期待度がもっとも高い水準にあります。…続き

上場区分の見直しで市場のイメージはかわりそうだ

上場区分見直し、成長企業そろう? (スグ効く解説・2019新春の予習編)[有料会員限定]

1/4

19年の株式市場の注目点は、東京証券取引所による上場区分の見直しです。東証1部や新興市場のイメージは大きく変わりそうです。新陳代謝を促し、成長志向の市場にすることが目的です。…続き

メガバンクが新体制、巻き返しの成否は? (スグ効く解説・2019新春の予習編)[有料会員限定]

1/3

大手金融界は慌ただしい年の瀬でした。三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)と三井住友FGは昨年末、相次ぎ臨時取締役会を開き、19年4月発足の新経営体制を決めました。…続き

USJは10日からチケット価格に変動制を導入する

値段の常識が変わる? 曜日や需要で決まる価格 (スグ効く解説・2019新春の予習編)[有料会員限定]

1/2

2019年は秋に消費税率の引き上げが予定されています。価格決定のメカニズムそのものも大きく変わりそうです。…続き

7年目に入った安倍政権にとって、夏の参院選は大きな関門となる

参院選、自民は「苦戦」覚悟? (スグ効く解説・2019新春の予習編)[有料会員限定]

1/1

19年の政局は夏の参院選が軸となります。自民党は今回改選を迎える13年の参院選で65議席を獲得して大勝しました。ですが、参院選は投票率が下がり、時の政権への批判票が増えやすい傾向にあります。…続き

食・車・銀行…現場の様変わりに関心 (スグ効く解説・2018冬の復習編)[有料会員限定]

2018/12/31

日経電子版コラム「スグ効くニュース解説」は5月から、記事への理解を深めて頂くため、編集委員による「55秒で映像解説」を公開してきました。週1回のペースで公開した映像のうち、再生回数の多かったものから2018年を振り返ります。…続き

移動時間でホッと一息 心の豊かさに関心 (スグ効く解説・2018冬の復習編)[有料会員限定]

2018/12/28

今年を象徴する漢字は「心」を選びました。ロボットやAI(人工知能)が消費の現場で存在感を増したためか、人間の心とは何かという究極的な問いかけを多く聞いたからです。日々の気持ちの持ち方や時間の使い方について「本当にこれでよいのか」と自問した方が多かったのではないでしょうか。…続き

会社は公器? 株式公開の意義に関心 (スグ効く解説・2018冬の復習編)[有料会員限定]

2018/12/27

2018年の株式相場は荒い値動きとなりました。日経平均株価は2万4270円と1991年以来の高値を付けましたが、年末にかけて下落しました。長く続いた景気拡大が終わるのではとの懸念が投資の抑制につながっています。…続き

転機のネット社会 情報保護などの課題に関心 (スグ効く解説・2018冬の復習編)[有料会員限定]

2018/12/26

2018年はインターネットを中心とするテクノロジーの分野が転機を迎えた一年と言えるのではないでしょうか。そのため「転」の一文字を選びました。…続き

市場揺さぶった仮想通貨 地銀の混乱にも関心 (スグ効く解説・2018冬の復習編)[有料会員限定]

2018/12/25

2018年の金融界を象徴する漢字に「仮」を選びました。今年は年明け早々からビットコインなど仮想通貨相場が急落しました。…続き

安倍政権の安定揺るがず 政策の舞台裏に関心 (スグ効く解説・2018冬の復習編)[有料会員限定]

2018/12/24

2018年の日本政治は9月の自民党総裁選での安倍晋三首相の3選が大きな出来事でした。通算の在職日数は19年11月に憲政史上最長の桂太郎首相と並びます。他の先進国と比べても、政治の安定ぶりが目立っています。…続き

210件中 1 - 20件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

コラム


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報