2019年5月25日(土)

ポスト平成の未来学
フォローする

トピック一覧

2018年12月27日

未来を生きる子どもたちに残したい風景。「ケラマブルー」の美しい海もその一つだ(沖縄県渡嘉敷村)=井上昭義撮影

自然に身を浸し、踏み出せ 海のカナリアに聞く[有料会員限定]

27日 11:12

0歳の君は自然豊かな海や山へ出かける機会はどれほどあるだろうか。インターネットが進化し、端末の前にいるだけで世界の名所を実際…続き

2018年12月20日

オラクルが支援するデザイン・テック・ハイスクールで学ぶ生徒たち。「デザイン思考」で問題解決能力を磨く(米シリコンバレー)=今井拓也撮影

AI時代こそ失敗に学ぶ 脱・受け身の思考[有料会員限定]

20日 2:00

学習イコール暗記。そんな小中高校時代を過ごした僕(36歳)とは異なり、君たちの周りには人工知能(AI)を搭載したデバイスが整…続き

2018年12月19日

東京・渋谷のイベントスペースでプログラミングを学ぶシニアたち。アプリやAR(拡張現実)の制作に取り組む=寺沢将幸撮影

人生100年職は変えるもの 学び直しで三毛作[有料会員限定]

19日 15:04

坂本龍馬(享年31)やモーツァルト(同35)のように、40年も生きずに歴史を変えた偉人や名作を残した芸術家は数知れない。一昔…続き

2018年12月06日

人工知能を搭載した盆栽は仕事や恋愛などの相談に乗ってくれる。センサー内蔵で、土が乾くと水をねだる(東京都中央区)=伊藤航撮影

AI 過信せず付き合う 姿形を超えた仲間[有料会員限定]

6日 1:30

「平成」の次の時代の社会像を探る「ポスト平成の未来学」の連載も終わりに近づいた。最終部の4話はポスト平成を生きる、いま0歳の…続き

2018年11月29日

冬眠のメカニズムを研究するため、セ氏零下4度の不凍液でアマガエルを凍結させる(静岡市の静岡大)=沢井慎也撮影

冬眠が導く不治なき世界 死期を延ばす[有料会員限定]

29日 2:00

不治の病にかかったとき、特効薬が開発される日まで冬眠できないか――。人類の生存を脅かす感染症などを克服してきた歴史からみれば…続き

2018年11月22日

スマートフォンを手に街頭を歩く人たち。メールやSNS、フィンテックの普及など、デジタル遺品の価値が増している=柏原敬樹撮影

デジタル遺品、生前管理へ さまよう故人データ[有料会員限定]

22日 2:00

2016年に交通事故で亡くなった友人のSNS(交流サイト)アカウント。久しぶりに名前を検索してみると、亡くなる1カ月前に友人…続き

2018年11月15日

LEDで仏像が輝く幸国寺の納骨堂。供養に訪れる人を囲むように並ぶ2046体が色を変えながら一つの世界観をつくる(東京都新宿区)=伊藤航撮影

迫る多死社会 死は皆で悼む都市の日常になる[有料会員限定]

15日 1:30


高齢化社会の先に待つ「多死社会」。大都市では墓地や火葬場の不足は避けられず死を悼む行為そのものが大きな負担となりかねない。日…続き

2018年11月08日

東京工業大を見学に訪れたマレーシアの学生たち。同大は留学生との交流を育む施設を近くOBの寄付で建てる(東京都目黒区)=寺沢将幸撮影

「生きた証し」誰に 大相続時代、さらに多様化[有料会員限定]

8日 14:22

人が亡くなれば相続が生じる。日本で1年間に相続されるお金は50兆円以上という推計もある。僕(34)の両親はまだ60歳代で幸い…続き

2018年11月01日

自宅で訪問診療を受けるがん患者の女性(左)。小沢院長と会話を重ねるごとに表情がほころんでいった(神奈川県内)=柏原敬樹撮影

自分らしい人生の最期とは 自宅で穏やかなみとり[有料会員限定]

1日 13:46

日本は年間約130万人以上が亡くなる「多死社会」だ。ピークの2039年の予想死者数は約166万人となり「みとりの場」が足りな…続き

2018年10月25日

モンゴルの首都ウランバートルから約650キロメートル離れたゴビ砂漠のメガソーラー。年間を通じてほとんど雨が降らない気候が太陽光発電に適している=三村幸作撮影

太陽光と風、砂漠の恵み ゴビの潜在力[有料会員限定]

25日 1:30

広大な砂山を悠々と歩むラクダの列。満天の星空。記者(40)の抱く砂漠はどこか幻想的だった。だが実際は雨が極端に少なく、気温変…続き

2018年10月18日

香港島のスタンレー汚水処理場。生活インフラを地下に置くことで地上の居住空間を最大化する=今井拓也撮影

地下空間に都市や水路 「高さ」から「深さ」へ[有料会員限定]

18日 6:30

「地底都市」なんてSF小説の話だと思っていた。でも日本ですら酷暑や集中豪雨など自然環境は厳しくなっている。2055年には世界…続き

2018年10月04日

人工流れ星を開発するALEの岡島礼奈社長。星が見えづらい都会の夜空を星降るキャンバスに変える日を夢みる(東京都港区)=伊藤航撮影

宇宙ビジネス、流れ星をいつでも身近に[有料会員限定]

4日 11:00

僕(31)はあのときの星空が忘れられない。2014年夏、岡山県の美星町。その名の通り、美しい星空で天文ファンに知られるこの町…続き

2018年09月20日

衛星通信を介して船上の基地局から携帯電話サービスを提供した(北海道苫小牧市)

災害に強い通信へ 途切れぬスマホが命綱[有料会員限定]

20日 2:00

6日、北海道は最大震度7の地震に襲われた。その5日後に僕(40)は現地を訪ねた。普段なら観光客でにぎわう新千歳空港の飲食店や…続き

2018年09月13日

施設内を巡回する警備ロボット。将来、人間が感知できない熱やガスを発見できるセンサーが開発されると、さらに高い防犯効果が期待できる(東京都千代田区)=伊藤航撮影

AIで高度監視、犯罪の兆候見逃さない 警備ロボ・カメラ解析…[有料会員限定]

13日 2:00

1人1台、ドラえもん――。未来では24時間、ドラえもんのように「警備ロボット」が付き添って危険を察知してくれるかもしれない。…続き

2018年08月30日

ネット配信番組の監督をする竹内亮さん。映像の力で偏見のない世界をめざすという(千葉県柏市)=佐藤圭一郎撮影

世界はすぐ近く 異国のいま、その場で共有[有料会員限定]

30日 1:30

海外で暮らす日本人は15年間で1.5倍に増え、130万人を超えた。日本を離れると、現地の人とどう付き合い、地元の文化にどう溶…続き

2018年08月23日

ボランティアによる日本語教室。多くのクルド人親子が集まり、日本の文化や風習についても学ぶ(埼玉県川口市)=三村幸作撮影

日本は自分の国 外国人自ら「町の力に」[有料会員限定]

23日 1:30

コンビニや飲食店の接客場面で外国人が増えた。2065年には総人口が9千万人を切るとされる日本。国も外国人労働者を受け入れる政…続き

2018年08月16日

ヒカリラボの心理カウンセリングはビデオ通話の映像から表情をAIで分析する。感情の起伏が波形に表れる=寺沢将幸撮影

働く人工知能 同僚はAI、心も読めます[有料会員限定]

16日 1:30

人工知能(AI)が脅かす職業といった話題をよく耳にする。日本経済新聞でも決算記事の一部をAIが書いて配信している。人から話を…続き

2018年08月09日

目が不自由な小山恵美子さんの大切なパートナー、盲導犬のサマンサ。会議が終わるのを足元で待つ(東京都港区)=今井拓也撮影

違いを強みに 障害者の視点を生かす[有料会員限定]

9日 12:00

障害者も健常者も、誰もがその人らしく暮らせる「共生社会」。今、その実現に向け、法定雇用率の引き上げなど、様々な枠組み整備が官…続き

2018年08月02日

レイさん(中央)はゲイであることを公表した上でギャップジャパンに入社。互いの個性を尊重し合える職場仲間に出会った(東京都渋谷区)=伊藤航撮影

LGBTも個性の一つ お互いを知り最強チーム[有料会員限定]

2日 2:00

ゲイやトランスジェンダーなどの頭文字を取った「LGBT」。少しずつ理解が深まっている言葉だが、幼い頃の僕(32)は性について…続き

2018年07月26日

不老不死といわれるベニクラゲの標本。ベニクラゲ再生生物学体験研究所はゲノム解析によるメカニズムの解明を進めている(和歌山県白浜町)=小園雅之撮影

若返りクラゲ研究 不死の夢、脳のデジタル移植も

26日 2:00

「不老不死」。歴史上、中国・秦の始皇帝が追い求め、多くの独裁者にとっての永遠の願いだった。今も世界中の研究者が不老不死の「源…続き

50件中 1 - 20件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

連載企画


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報