2018年12月14日(金)

秋田 浩之
フォローする

トピック一覧

本社コメンテーター

外交・安全保障

長年、外交・安全保障を取材してきた。東京を拠点とし、北京とワシントンの駐在経験も。北京では鄧小平氏死去、ワシントンではイラク戦争などに遭遇した。著書に「暗流 米中日外交三国志」「乱流 米中日安全保障三国志」。

    ソーシャルアカウント:

12月7日

共同
共同

日ロの平和条約、いま必要か 本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

7日 2:00

戦後、歴代首相の多くが「北方領土問題の解決」を唱え、ロシアに4島の返還を迫ってきた。政治生命を懸け、交渉に臨んだ首相もいたが…続き

11月16日

米豪分断に動く中国 南太平洋は「関ケ原」[有料会員限定]

16日 2:00

美しい群島が広がり、海の楽園として知られる南太平洋。国際政治とさほど縁がなさそうなこの地に11月17~18日、アジアや米ロの…続き

10月31日

ロイター
ロイター

米中「冷戦」をどう生きるか 本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

31日 2:00

長年にわたり、日本外交にとって最大のリスクは米中が頭越しに手を握り、自分が外されてしまうことだった。
1971年、ニクソン政権…続き

10月10日

朝鮮中央通信撮影・共同
共同

南北共演、極まる核危機 本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

10日 2:00

北朝鮮の金正恩委員長は7日、訪朝したポンペオ米国務長官に、非核化の道筋を話し合う実務協議に応じると約束した。一見すると、対話…続き

9月21日

AP

無視できない豪州の警告 本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

21日 2:00

日本政府内でいま、極めて敏感な案件として、極秘裏に議論されている問題がある。安全保障上の理由から、米国の政府機関などが使用を…続き

8月31日

ロイター

「紅化」に抗う東南アの本能 本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

31日 2:00

東南アジアの国々で、中国主導の秩序に抗(あらが)おうとするような動きが出ている。
軍政下にあるタイの首都、バンコク。8月25~…続き

8月15日

ロイター
ロイター

「通商」の衣着た覇権争い 本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

15日 2:00

米国と中国の貿易戦争が現実味を帯びてきた。トランプ米大統領の言動は、もはや脅しの域を越えている。本当に「開戦」するつもりだろ…続き

7月25日

日本にも貿易赤字の縮小を迫るトランプ米大統領

同盟不況がやってきた 本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

25日 2:00

同盟を軽視するトランプ米大統領の言動が、欧州やアジアに不安を広げている。だが、彼の振る舞いを批判するだけでは、問題の本質はみ…続き

7月6日

China's President Xi Jinping and Russia's President Vladimir Putin shake hands during Shanghai Cooperation Organization (SCO) summit in Qingdao, Shandong Province, China June 10, 2018. REUTERS/Aly Song
ロイター

中ロの枢軸に急所あり 本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

6日 2:00

戦前、英米が牛耳っていた世界に不満を募らせ、対抗しようとしたのが日本とドイツ、イタリアだった。3カ国は枢軸を組み、当時の秩序…続き

6月15日

 会談の冒頭で握手を交わす北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=12日、シンガポール(AP=共同)
AP

トランプ外交は使いよう 本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

15日 2:00

過去の常識では考えられないほど独善的なトランプ米大統領の外交が、相変わらず、世界に乱気流を起こしている。
6月8~9日の主要7…続き

5月30日

米朝会談、延期が賢明だ 本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

30日 2:00

いったん中止になった米朝首脳会談をよみがえらせようと、実務者の調整が続いている。だが、実現するにしても、6月12日の開催は先…続き

5月9日

米朝、スパイが操る交渉の糸 本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

9日 2:00

史上初の米朝首脳会談に、トランプ大統領は突き進もうとしている。北朝鮮には約25年にわたる対米交渉の経験があるが、トランプ氏は…続き

4月20日

中国の分断力、欧州も割く 本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

20日 2:00

民主化に向かうと思われていた国々が立ち止まり、逆走する流れが世界で広がっている。
なかでも目立っているのが、欧州連合(EU)の…続き

3月30日

全人代で、国家主席に再選し宣誓する習近平氏(17日、北京の人民大会堂)=三村幸作撮影

インド悩ます中国の弱さ 本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

30日 2:30

世界は中国にどう向き合っていったらよいのか。答えは今後、さらに複雑になるだろう。中国は巨大になると同時に、一党支配の矛盾も深…続き

3月14日

米朝取引、見たくない悪夢 本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

14日 2:30

殿のご乱心か……。日本風に言えば、こう驚いた米大統領の側近は少なくないだろう。トランプ氏が突如として決断した、北朝鮮の金正恩…続き

2月23日

北朝鮮が瓦解すれば各国にも重大な影響が

誰も切望せぬ北朝鮮の消滅 本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

23日 2:30

あれほどまでに緊迫していた危機が一転、和らいだような空気が朝鮮半島で漂っている。何とか制裁網を切り崩そうと、北朝鮮が韓国にほ…続き

2月7日

米中 ぶつかり合うDNA 本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

7日 2:30

一見すると、米国と中国の関係はひとまず、落ち着いているように映る。
中国との巨額の貿易赤字に不満を抱きながらも、トランプ米大統…続き

1月19日

=コリアメディア提供・共同
共同

米国は北朝鮮を攻めるか 本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

19日 2:30

南北対話が開かれ、北朝鮮危機の打開を期待する空気が一部に生まれている。北朝鮮も表向きは、挑発を抑えぎみだ。
だが、残念ながら、…続き

2017年12月29日

 共同記者発表で握手するトランプ米大統領(左)と中国の習近平国家主席=9日、北京の人民大会堂(共同)
共同

日韓置き去りの米中密談 本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

29日 2:30

北朝鮮危機は来年、重大な局面を迎えるだろう。米本土に届く核ミサイルが、完成に近づくとみられるからだ。日本や韓国にとって、最悪…続き

2017年12月13日

11月、会談を前に握手する中国の習近平国家主席(右)と安倍首相(ベトナム・ダナン)=共同
共同

習氏豹変に透けるリスク 本社コメンテーター 秋田浩之[有料会員限定]

13日 2:30

いったい、どんな判断が働いているのだろう。近年、ずっとかたくなだった中国の日本に対する姿勢が、和らぎだした。中国首脳部の意図…続き

41件中 1 - 20件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

本社コメンテーター


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報