2019年8月25日(日)

グローバルViews
フォローする

トピック一覧

自分か。自国か。世界か。世界各地の海外特派員が現地で起きる出来事を詳しく解説。世界の“いま”を読み解くコラム。

ローヌ氷河には巨大な断熱シートが覆われている

温暖化でスイス氷河が消滅の危機? (グローバルViews)[有料会員限定]

8/21

スイスのアルプスの氷河が危機にひんしている。温暖化によって着々と解けており、最悪のケースでは2100年までにほぼ消滅するとの…続き

孫玉琴さんは実母が着ていたという衣服を大切に保管している(黒竜江省方正県)

認定なき「中国残留孤児」の苦悩 (グローバルViews)[有料会員限定]

8/18

「私は日本人なのに、なぜ認められないのか」――。戦前に旧満州(現中国東北部)に開拓団などとして送られ、終戦時の混乱で親と別れ…続き

米バージニア州ラウドン郡で開催された就職フェアでリクルーターの説明を聞く求職者

失業率では測れない米労働市場の逼迫度 (グローバルViews)[有料会員限定]

8/14

米国のエコノミストたちの頭を悩ませている「謎」がある。失業率が歴史的低水準にあるのに賃金の伸びが弱いという謎だ。労働市場が逼…続き

カショギ氏殺害事件後の初外遊でUAEを訪れたムハンマド・サウジ皇太子(左)を出迎えるムハンマド・アブダビ皇太子(右から2人目)=ロイター
ロイター

影響力増すもう一人のムハンマド皇太子 (グローバルViews)[有料会員限定]

8/11

アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国の実力者、ムハンマド・ビン・ザイド皇太子(58)の存在感が増している。異母兄で健康不…続き

インドがパキスタンに対し、試合を終始有利に進めた(6月、英マンチェスター)=AP
AP

クリケットに透ける印民族主義の危うさ (グローバルViews)[有料会員限定]

8/7

8月に入り、インドの夜に静けさが戻ってきた。7月半ばまでインドで国民的な人気を誇るクリケットのワールドカップが英国で開かれ、…続き

米民主党大統領候補のブティジェッジ氏(左)と夫のチェイスン氏=ロイター
ロイター

米国初のLGBTQ大統領は実現するか? (グローバルViews)[有料会員限定]

8/4

2020年の米大統領選に向けた民主党の候補者指名争いで、自身がゲイ(男性同性愛者)であることを公言している中西部インディアナ…続き

ルノーは17年の独自動車ショーでコンセプトカーを発表した=AP
AP

独自動車ショー、揺らぐ存在意義 相次ぐ不参加 (グローバルViews)[有料会員限定]

7/31

9月の国際自動車展示会、ドイツ・フランクフルト国際自動車ショーについて、フランス自動車大手ルノーが不参加を決めた。トヨタ自動…続き

広東省韶関市の鉱山地域である大宝山には、汚染土壌の改善の取り組みを紹介する看板が立っていた

中国が土壌汚染対策に本腰、戸惑う企業 (グローバルViews)[有料会員限定]

7/29

中国政府が土壌汚染対策を強化している。2016年に土壌汚染を改善する行動計画を公布したのに続き、19年1月には土壌を汚染した…続き

NTTの米研究拠点が7月に開いた開所式(米カリフォルニア州)

日米老舗研究所、生き残りへの道 (グローバルViews)[有料会員限定]

7/25

人工知能(AI)をはじめとするコンピューター科学の研究をリードする米シリコンバレー。基礎研究の分野でもグーグルやアマゾン・ド…続き

フェイスブック主導のデジタル通貨、リブラへの警戒は強まるばかり=ロイター

悪貨を駆逐するリブラ 「通貨の番人」に焦燥感 (グローバルViews)[有料会員限定]

7/22

米フェイスブックが主導するデジタル通貨、リブラの誕生を阻止しようと各国の金融当局が躍起になっている。マネーロンダリング(資金…続き

昨年稼働を始めた北京市最大規模のごみ処理場

習氏悩ますごみ問題、強権でも封じ込めず (グローバルViews)[有料会員限定]

7/18

中国でごみ問題に焦点が当たっている。大都市では毎日発生するごみの量に処理場の能力が追いつかない状態が続く。香港メディアは武漢…続き

2位に入ったホンダのミニバン「オデッセイ」の北米仕様車はすべて米国内で開発・生産している(アラバマ工場)

最もアメリカンな車メーカーはホンダ? (グローバルViews)[有料会員限定]

7/15

「アメリカ車」を最も多く造っている自動車メーカーは日本のホンダ――。米国の有力自動車情報サイト「カーズ・ドット・コム」が6月…続き

日立製作所とボンバルディアによるHS2のイメージ=日立提供

時速360キロ、分断の英国をつなげるか (グローバルViews)[有料会員限定]

7/11

英国の南北をつなぐ高速鉄道「HS2」が、2026年の営業開始に向けて動き出した。最高時速360キロでロンドンと北部スコットラ…続き

中国では小規模な養豚農家が多いことが豚肉価格の乱高下を招いてきた=ロイター
ロイター

中国を悩ます豚価格変動に変化の兆し (グローバルViews)[有料会員限定]

7/8

豚肉の値段が周期的に乱高下することは「ピッグサイクル」と呼ばれる。富の格差が大きく、物価に敏感な中国の庶民の暮らしを脅かして…続き

バー司法長官はロシア疑惑でトランプ大統領の罪を問わなかった=AP
AP

ロシア疑惑封じるトランプの「守護神」 (グローバルviews)[有料会員限定]

7/4

6月21日、米ホワイトハウス。「大統領としてやり直せることが1つあるとしたら、それはなんですか?」。米NBCテレビの看板政治…続き

6月7日、サンクトペテルブルク国際経済フォーラムで握手する習近平・国家主席(左)とプーチン大統領=AP
AP

中ロ蜜月、ロが陥る資源輸出のわな (グローバルViews)[有料会員限定]

7/1

6月6~8日に「ロシアのダボス会議」ともいわれる同国最大の経済イベント、サンクトペテルブルク国際経済フォーラムを5年ぶりに訪…続き

ヨガのポーズを自らとるモディ首相(中央)

ヨガが占う「メーク・イン・インディア」 (グローバルViews)[有料会員限定]

6/27

インドの成長率が鈍化するなかで、第2次モディ政権が発足した。2018年度は5年ぶりに7%を下回り、モディ首相にとって景気の底…続き

カナダ・トロントへの注目度は日本企業の間でも高まっている(11日に開催されたAIセミナーの風景)

AI人材争奪戦、トロントに脚光 日系企業も熱視線 (グローバルViews)[有料会員限定]

6/24

世界で人工知能(AI)技術に精通した人材の争奪戦が激化するなか、カナダ最大の都市トロントが脚光を浴びている。政府がAI産業育…続き

イラン経済の制裁への耐性はトランプ大統領の想定を超えている可能性も(テヘランの市場)

孤立するイラン、通貨堅調の不思議 (グローバルViews)[有料会員限定]

6/20

米によるイラン核合意からの一方的な離脱に伴う経済的な苦境に加え、6月半ばにオマーン湾で起きたタンカー攻撃事件への関与を米に指…続き

米国に留学する中国人学生は増えていたのだが…(北京の留学フェア)=AP
AP

米国がビザ厳格化、さまよう中国人留学生 (グローバルViews)[有料会員限定]

6/17

米国の大学院に留学する中国人の王さん(25)は不安を隠せない。生物医学で博士号取得をめざしているが「ビザが更新されなければ、…続き

298件中 1 - 20件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

コラム


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。