2018年6月25日(月)

経営者ブログ
フォローする

トピック一覧
鈴木幸一(すずき・こういち)1946年9月生まれ。国内インターネットサービスの草分け。インターネットイニシアティブ(IIJ)を設立し、郵政省(現総務省)との激しいやりとりの末、93年にネット接続サービスを開始。後に続くネット企業に道をひらいた業界の重鎮。酒、タバコ、音楽と読書を愛し、毎春、東京・上野で音楽祭を開催する。近著に「日本インターネット書紀」がある。

すべてのヒエラルキーが解体する日 鈴木幸一 IIJ会長[有料会員限定]

6/19

 昼間は、当然のことだが、仕事に追われる生活を続け、夜は、酒席をこなし、やっと家に戻る。部屋の明かりをつけ、ひとしきり、食卓…続き

高原豪久(たかはら・たかひさ)1961年7月生まれ。愛媛県出身。創業者で父の慶一朗氏から2001年に、39歳の若さで社長のバトンタッチを受ける。創業者である先代社長慶一朗氏が盤石にした生理用品、子供用紙おむつなど国内の事業基盤を継承。2代目としてアジアなど新興国を中心とするグローバル化をけん引し、P&Gやキンバリー・クラーク、花王など巨大企業を相手に、互角以上の戦いを演じる企業へと導いた。

穴じゃなく、井戸を掘れ 高原豪久 ユニ・チャーム社長[有料会員限定]

6/14

 我が社には次のような言葉があります。
 「穴掘りではなく、井戸掘りをしよう」
 これは計画を立案する際や部下に指示を与える際、…続き

丹羽宇一郎(にわ・ういちろう) 1939年1月名古屋市生まれ。伊藤忠商事の食糧部門時代に穀物トレーダーとして頭角を現す。98年社長に就任すると翌年には約4000億円の不良債権処理を断行し、V字回復を達成。2010年6月、豊富な中国人脈が注目され、初の民間出身中国大使に起用された。書店経営だった生家で本に囲まれて育ち、財界でも有数の読書家。クラシック音楽鑑賞、書道、俳句と趣味も多彩。

日大アメフト問題に見る文武両道の課題 丹羽宇一郎 伊藤忠元会長[有料会員限定]

6/13

 スポーツ界の悪しき習慣に言及した前回の執筆後に、日本大学アメリカンフットボール部選手の悪質なタックル問題が大きく注目される…続き

100階建てを競う深圳のビル群

鄧小平の大構想、深圳 鈴木幸一 IIJ会長[有料会員限定]

6/12

 今でも、戦後すぐベストセラーになった太宰治の「斜陽」という小説を読む人がいるのだろうか。「昨年は 何も無かった/一昨年は …続き

日本ダービー

後ずさりが日本のスタイル 鈴木幸一 IIJ会長[有料会員限定]

6/5

 長続きはしないのだが、思いたつと、取りあえずは、すぐに実行に移る。冷たい早春から、つかの間のような春を過ぎて、あっという間…続き

高原豪久(たかはら・たかひさ)1961年7月生まれ。愛媛県出身。創業者で父の慶一朗氏から2001年に、39歳の若さで社長のバトンタッチを受ける。創業者である先代社長慶一朗氏が盤石にした生理用品、子供用紙おむつなど国内の事業基盤を継承。2代目としてアジアなど新興国を中心とするグローバル化をけん引し、P&Gやキンバリー・クラーク、花王など巨大企業を相手に、互角以上の戦いを演じる企業へと導いた。

醤油にみるトランスフォーム 高原豪久 ユニ・チャーム社長[有料会員限定]

5/31

 ある醤油(しょうゆ)メーカーの話です。売上高の海外構成比は57%ですが、利益では72%を海外で稼ぎ出すそうです。醤油の醸造…続き

鈴木幸一(すずき・こういち)1946年9月生まれ。国内インターネットサービスの草分け。インターネットイニシアティブ(IIJ)を設立し、郵政省(現総務省)との激しいやりとりの末、93年にネット接続サービスを開始。後に続くネット企業に道をひらいた業界の重鎮。酒、タバコ、音楽と読書を愛し、毎春、東京・上野で音楽祭を開催する。近著に「日本インターネット書紀」がある。

「忘却」も和解への道の一つ 鈴木幸一 IIJ会長[有料会員限定]

5/29

 それを予想通りと言っていいのか、専門家ではない私には、判断をすべき知識や情報もないのだが、米国と北朝鮮の首脳会談は、とりあ…続き

宮内義彦(みやうち・よしひこ) オリックスのシニア・チェアマン。 1935年神戸市生まれ。関西学院大商学部卒。米ワシントン大経営学修士(MBA)。リースを手始めに不動産、生命保険、銀行などへ事業領域を広げてきた金融サービス界の重鎮。最高経営責任者の在任期間は30年を超える。語り口はソフトながら、世の中の動きを分析する視点は鋭く、時に厳しい。現在も経営への助言を続けている。プロ野球オリックス・バファローズのオーナー、新日本フィルハーモニー交響楽団理事長の顔も持つ。近著に「私の経営論」(日経BP社)、「私の中小企業論」(同)、「私のリーダー論」(同)

M&Aと資産売買、鍵は何か? 宮内義彦オリックスシニア・チェアマン[有料会員限定]

5/25

 企業を成長させるためには、日々のたゆまない努力と、創意工夫による、収益を積み重ねる運営が重要であることは論をまたないでしょ…続き

鈴木幸一(すずき・こういち)1946年9月生まれ。国内インターネットサービスの草分け。インターネットイニシアティブ(IIJ)を設立し、郵政省(現総務省)との激しいやりとりの末、93年にネット接続サービスを開始。後に続くネット企業に道をひらいた業界の重鎮。酒、タバコ、音楽と読書を愛し、毎春、東京・上野で音楽祭を開催する。近著に「日本インターネット書紀」がある。

インフラ整備だけで居心地はよくならない 鈴木幸一 IIJ会長[有料会員限定]

5/22

 海外から戻ると、東京は世界でもっとも公共インフラが整備され、成熟し落ち着いた都市空間であると、新鮮な感動をする。世界の大都…続き

高原豪久(たかはら・たかひさ)1961年7月生まれ。愛媛県出身。創業者で父の慶一朗氏から2001年に、39歳の若さで社長のバトンタッチを受ける。創業者である先代社長慶一朗氏が盤石にした生理用品、子供用紙おむつなど国内の事業基盤を継承。2代目としてアジアなど新興国を中心とするグローバル化をけん引し、P&Gやキンバリー・クラーク、花王など巨大企業を相手に、互角以上の戦いを演じる企業へと導いた。

知性と感性、野性を磨き、変革を続ける 高原豪久ユニ・チャーム社長[有料会員限定]

5/17

 「真面目なる技術者の技能を最高度に発揮せしむべき、自由闊達にて愉快なる理想工場の建設」
 ご存じの方も多いと思いますが、これ…続き

丹羽宇一郎(にわ・ういちろう) 1939年1月名古屋市生まれ。伊藤忠商事の食糧部門時代に穀物トレーダーとして頭角を現す。98年社長に就任すると翌年には約4000億円の不良債権処理を断行し、V字回復を達成。2010年6月、豊富な中国人脈が注目され、初の民間出身中国大使に起用された。書店経営だった生家で本に囲まれて育ち、財界でも有数の読書家。クラシック音楽鑑賞、書道、俳句と趣味も多彩。

スポーツ界の悪しき習慣 丹羽宇一郎 伊藤忠元会長[有料会員限定]

5/16

 スポーツ界のセクハラやパワハラが世間を騒がしています。プロの世界だけでなく小中学校の部活でも起こる普遍的な問題です。ときど…続き

雨に濡れて、鮮やかなアジサイ

「お別れの会」に思う 鈴木幸一 IIJ会長[有料会員限定]

5/15

 いつ頃からだろう。お葬式がほとんど、ごく近親者だけの葬儀となって、お通夜に行き、焼香をした後、お寺に設けられた酒席で、知人…続き

鈴木幸一(すずき・こういち)1946年9月生まれ。国内インターネットサービスの草分け。インターネットイニシアティブ(IIJ)を設立し、郵政省(現総務省)との激しいやりとりの末、93年にネット接続サービスを開始。後に続くネット企業に道をひらいた業界の重鎮。酒、タバコ、音楽と読書を愛し、毎春、東京・上野で音楽祭を開催する。近著に「日本インターネット書紀」がある。

無能無芸にして只此(ただこ)の一筋に 鈴木幸一 IIJ会長[有料会員限定]

5/8

 つい、10日ほど前は、黒い防寒着にマフラーを巻き付けて街を歩く女性の姿が、一斉にノースリーブ、タンクトップ姿になって、ニュ…続き

高原豪久(たかはら・たかひさ)1961年7月生まれ。愛媛県出身。創業者で父の慶一朗氏から2001年に、39歳の若さで社長のバトンを受ける。創業者である先代社長慶一朗氏が盤石にした生理用品、子供用紙おむつなど国内の事業基盤を継承。2代目としてアジアなど新興国を中心とするグローバル化をけん引し、P&Gやキンバリー・クラーク、花王など巨大企業を相手に、互角以上の戦いを演じる企業へと導いた。

部下に自ら気づかせられるか 高原豪久ユニ・チャーム社長[有料会員限定]

5/3

 マーケティング戦略や顧客とのリレーションシップを考える上で大切なことは「顧客のために考える」という発想から、「顧客の立場で…続き

シカゴのトランプタワー

核保有国として朝鮮半島が統一? 鈴木幸一 IIJ会長[有料会員限定]

5/1

 「専制君主のプーチンには、米国の民主主義というのが理解できなかった。トランプが大統領に野心を表明して以来、ロシアはトランプ…続き

宮内義彦(みやうち・よしひこ) オリックスのシニア・チェアマン。 1935年神戸市生まれ。関西学院大商学部卒。米ワシントン大経営学修士(MBA)。リースを手始めに不動産、生命保険、銀行などへ事業領域を広げてきた金融サービス界の重鎮。最高経営責任者の在任期間は30年を超える。語り口はソフトながら、世の中の動きを分析する視点は鋭く、時に厳しい。現在も経営への助言を続けている。プロ野球オリックス・バファローズのオーナー、新日本フィルハーモニー交響楽団理事長の顔も持つ。近著に「私の経営論」(日経BP社)、「私の中小企業論」(同)、「私のリーダー論」(同)

「ベーシックインカム」を考えよう 宮内義彦オリックスシニア・チェアマン[有料会員限定]

4/27

 今の経済は、一言で表せば好況といえるのでしょう。日本もデフレを脱し、賃金上昇が見受けられ国内総生産(GDP)も前年比プラス…続き

セントラルパークに面して建つ流行りの細長い高層マンション

凍(い)てつく春 鈴木幸一 IIJ会長[有料会員限定]

4/24

 寒い、本当に冷たい。ひと月にわたる音楽祭が終わって、翌朝から、ニューヨーク、トロント、シカゴに出張をした。どこも凍(い)て…続き

高原豪久(たかはら・たかひさ)1961年7月生まれ。愛媛県出身。創業者で父の慶一朗氏から2001年に、39歳の若さで社長のバトンタッチを受ける。創業者である先代社長慶一朗氏が盤石にした生理用品、子供用紙おむつなど国内の事業基盤を継承。2代目としてアジアなど新興国を中心とするグローバル化をけん引し、P&Gやキンバリー・クラーク、花王など巨大企業を相手に、互角以上の戦いを演じる企業へと導いた。

外に向けて歌う社歌 高原豪久 ユニ・チャーム社長[有料会員限定]

4/19

 読者の皆さんのお勤め先には、いわゆる「社歌」がありますか。
 日経電子版2016年11月13日号に「変わる『社歌』 再びブー…続き

丹羽宇一郎(にわ・ういちろう) 1939年1月名古屋市生まれ。伊藤忠商事の食糧部門時代に穀物トレーダーとして頭角を現す。98年社長に就任すると翌年には約4000億円の不良債権処理を断行し、V字回復を達成。2010年6月、豊富な中国人脈が注目され、初の民間出身中国大使に起用された。書店経営だった生家で本に囲まれて育ち、財界でも有数の読書家。クラシック音楽鑑賞、書道、俳句と趣味も多彩。

原電支援は誰のお金か 丹羽宇一郎 伊藤忠元会長[有料会員限定]

4/18

 最近、おやっと思う小さな記事が目に付きました。それは、東京電力ホールディングスと東北電力が、東海第2原子力発電所(茨城県東…続き

「東京・春・音楽祭」は4月15日にフィナーレを迎えた=写真提供:東京・春・音楽祭実行委員会/撮影:青柳 聡
写真提供:東京・春・音楽祭実行委員会/撮影:青柳 聡

木を見て森を見ず 鈴木幸一 IIJ会長[有料会員限定]

4/17

 膨大な個人情報をリアルタイムに収集、解析することで、的確なマーケティング情報とし、莫大な広告収入を収益源として世界有数の時…続き

849件中 1 - 20件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

コラム


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報