2018年9月22日(土)

習政権ウオッチ
フォローする

トピック一覧
次回の「習政権ウオッチ」は25日午後3時に掲載します。
3月、貴州省トップとして記者会見した陳敏爾・重慶市党委員会書記は、身ぶりも大きく、他の地方指導者に見られない自信をみなぎらせていた

重慶の怪、「ポスト習近平」大乱戦を演出 編集委員 中沢克二[有料会員限定]

2017/7/19

7月15日、中国政界を揺るがす人事の発表があった。一時は次世代トップ候補ナンバーワンと言われた重慶市トップ、孫政才が更迭され…続き

中沢克二(なかざわ・かつじ) 1987年日本経済新聞社入社。98年から3年間、北京駐在。首相官邸キャップ、政治部次長、東日本大震災特別取材班総括デスクなど歴任。2012年から中国総局長として北京へ。現在、編集委員兼論説委員。14年度ボーン・上田記念国際記者賞受賞

習近平氏、対北朝鮮「100日計画」空約束の効用 編集委員 中沢克二[有料会員限定]

2017/7/12

7月4日の米国の独立記念日、北朝鮮トップの金正恩(キム・ジョンウン)は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)と称する“プレゼント"…続き

習近平国家主席は香港駐留部隊の閲兵式で、過去の指導者の敬称だった「首長」ではなく「主席」を使わせた(6月30日、香港)=小川望撮影

中国共産党のオーナー「主席」は私だ 編集委員 中沢克二[有料会員限定]

2017/7/5

香港返還20周年式典に先立ち中国国家主席、習近平は香港駐留部隊3100人の閲兵式に臨んだ。注目されなかったこの場で、習は秋以…続き

習主席の父を精神的に追い込んだ鄧小平(広東省深圳のモニュメント)

「毛沢東・鄧小平に並ぶ」習近平氏が抱く野心 編集委員 中沢克二[有料会員限定]

2017/2/22

中国を「改革・開放」に導いた最高指導者、鄧小平の死去から20年を経た2月19日。故郷の四川省広安市、ゆかりの深い広東省深圳市…続き

失踪した大富豪に習近平氏が迫る「踏み絵」[有料会員限定]

2017/2/15

中国の旧正月前の大みそか、香港島のランドマークである高級ホテル「フォーシーズンズ」のアパートメントから、著名な中国出身の大富…続き

最高指導部人事の焦点である共青団ホープの胡春華・広東省党委員会書記(2013年3月、北京市)

新・旧国家主席、「子飼い」巡り広東で前哨戦 編集委員 中沢克二[有料会員限定]

2017/2/8

中国の旧正月を意味する春節の休暇期間中、中華圏の政治を巡る最大の話題は、やはり来る第19回共産党大会の最高指導部人事だった。…続き

中国経済のハードランディングに言及していたジョージ・ソロス氏(2013年、中国・海南島でのボーアオ・アジアフォーラムで)

習主席の母校が担う対トランプ工作 編集委員 中沢克二[有料会員限定]

2017/2/1

自国最優先を掲げる米大統領、トランプの登場で対米戦略の練り直しを迫られる中国。それでも国家主席の習近平には、大きな期待を寄せ…続き

中沢克二(なかざわ・かつじ) 1987年日本経済新聞社入社。98年から3年間、北京駐在。首相官邸キャップ、政治部次長、東日本大震災特別取材班総括デスクなど歴任。2012年から中国総局長として北京へ。現在、編集委員兼論説委員。14年度ボーン・上田記念国際記者賞受賞

習近平氏とトランプ氏、共に縁故人事に弱み 編集委員 中沢克二[有料会員限定]

2017/1/25

1月20日、米国でトランプが大統領への就任演説をする直前、中国でも政治が大きく動いた。続々と地方の重要人事が決まったのだ。北…続き

旧ソ連の空母キエフは、中国軍によって研究し尽くされた後、一般公開されている(天津のテーマパーク)

中国空母、示威の狙いは「トランプより自国民」 編集委員 中沢克二[有料会員限定]

2017/1/18

トランプ新政権発足を目の前にした2016年12月20日、母港の山東省・青島を出港した中国初の空母「遼寧」は、東シナ海からに西…続き

今秋、習近平主席は第19回共産党大会を控えている(写真は第18回共産党大会の胡錦濤国家主席=当時、左=など指導部)
本社

習近平人事の「魔法の杖」国家監察委の行方 編集委員 中沢克二[有料会員限定]

2017/1/11

「表向き共産党から独立した汚職の取り締まり機関になる『国家監察委員会』は、実際には今秋の最高指導部人事を前にした習近平(国家…続き

中国空母接近への警戒強化を伝える12月27日付の台湾各紙

トランプ政権「親台湾人脈」対中姿勢を左右 編集委員 中沢克二[有料会員限定]

2016/12/28

次期米大統領、トランプの周辺で台湾と太いパイプを持つ人々の動きが激しい。台湾総統、蔡英文との歴史的な電話会談、そして「一つの…続き

「君の名は。」は、中国でも興行ランキング1位を獲得した((C)2016「君の名は。」製作委員会)
(C)2016「君の名は。」製作委員会

中国「君の名は。」ブーム、韓流凋落に見る危うさ 編集委員 中沢克二[有料会員限定]

2016/12/21

中国で今、日本のアニメ映画「君の名は。」が大ヒットしている。12月初旬から中国各地で封切られ、日本映画としては歴代トップのハ…続き

習近平主席「トランプ劇場」に我慢の限界? 編集委員 中沢克二[有料会員限定]

2016/12/14

「トランプが『一つの中国』を商業的な利益と交換しようとするのは幼稚な衝動だ」「外交をまるで知らない子供」「台湾に関して平和統…続き

中沢克二(なかざわ・かつじ) 1987年日本経済新聞社入社。98年から3年間、北京駐在。首相官邸キャップ、政治部次長、東日本大震災特別取材班総括デスクなど歴任。2012年から中国総局長として北京へ。現在、編集委員兼論説委員。14年度ボーン・上田記念国際記者賞受賞

習主席弱腰の裏に米国「親中派」重鎮の助言 編集委員 中沢克二[有料会員限定]

2016/12/7

米次期大統領、トランプは台湾総統の蔡英文と歴史的な12分間の電話会談に応じた。電話口では蔡英文に「プレジデント(総統)」と呼…続き

習近平国家主席(中央)の基盤である「太子党」も対米経済関係に深く関わっている(2016年3月、北京の人民大会堂)=写真 小高顕

「習・トランプ」試すJPモルガンの癒着 編集委員 中沢克二[有料会員限定]

2016/11/30

中国国家主席、習近平が南米への旅に出発した11月17日、米司法省、米証券取引委員会(SEC)などは、今後の中国政局にまで影響…続き

中沢克二(なかざわ・かつじ) 1987年日本経済新聞社入社。98年から3年間、北京駐在。首相官邸キャップ、政治部次長、東日本大震災特別取材班総括デスクなど歴任。2012年から中国総局長として北京へ。現在、編集委員兼論説委員。14年度ボーン・上田記念国際記者賞受賞

習主席が警戒するプーチン氏の「トランプ傾斜」 編集委員 中沢克二[有料会員限定]

2016/11/23

米大統領、オバマの任期中最後となるお別れの米中首脳会談が、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議を開いたペル-のリマで…続き

中沢克二(なかざわ・かつじ) 1987年日本経済新聞社入社。98年から3年間、北京駐在。首相官邸キャップ、政治部次長、東日本大震災特別取材班総括デスクなど歴任。2012年から中国総局長として北京へ。現在、編集委員兼論説委員。14年度ボーン・上田記念国際記者賞受賞

習主席、トランプ氏懐柔へ虎視眈々 編集委員 中沢克二[有料会員限定]

2016/11/16

世界を揺るがす米次期大統領、トランプの旋風をよそに、中国がうごめいている。少しでも中国に有利な状況を生み出すため、在米公館と…続き

王岐山・政治局常務委員(右)は、公衆の面前で習近平主席の背を手でたたくようなしぐさで呼び止めた(3月、北京の人民大会堂で開いた政治協商会議)=写真 小高顕

「習近平・王岐山」体制存続論が再び台頭 編集委員 中沢克二[有料会員限定]

2016/11/9

「先の決定の結果を見れば、習近平が特別に信任を置く『反腐敗』の司令塔、王岐山を来秋以降も使い続けるのも一つの選択肢になった」…続き

中沢克二(なかざわ・かつじ) 1987年日本経済新聞社入社。98年から3年間、北京駐在。首相官邸キャップ、政治部次長、東日本大震災特別取材班総括デスクなど歴任。2012年から中国総局長として北京へ。現在、編集委員兼論説委員。14年度ボーン・上田記念国際記者賞受賞

「核心」習氏が手にした如意棒と隠れた妥協 編集委員 中沢克二[有料会員限定]

2016/11/2

「今回、習近平(総書記)は全共産党の『核心』の位置を自ら勝ち取り、文書に明記した。これは1945年に毛沢東が全党の指導者の地…続き

中沢克二(なかざわ・かつじ) 1987年日本経済新聞社入社。98年から3年間、北京駐在。首相官邸キャップ、政治部次長、東日本大震災特別取材班総括デスクなど歴任。2012年から中国総局長として北京へ。現在、編集委員兼論説委員。14年度ボーン・上田記念国際記者賞受賞

ドゥテルテ大統領「変心」に気をもむ習主席 編集委員 中沢克二[有料会員限定]

2016/10/26

フィリピン大統領、ドゥテルテは東南アジア諸国連合(ASEAN)域外では初の外遊の地として中国を選んだ。しかも5年ぶりの公式訪…続き

150件中 61 - 80件

  • 前へ
  • ...2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7...
  • 次へ

コラム


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報