2018年9月20日(木)

スキルアップ塾
フォローする

トピック一覧
PIXTA

トップ営業マンが実践、短時間で成果を上げる法則[有料会員限定]

2017/6/24

 菊原智明さんは仕事のやり方を変えただけで、1年後には契約件数が4倍に跳ね上がり、定時で帰れるトップ営業マンに! その仕事術のポイントを解説する。…続き

商品画像が大画面に浮かび上がる池袋パルコのエントランス(写真:村田和聡)

「顧客行動を読む」パルコ、スマホ活用で客単価向上[有料会員限定]

2017/6/19

ファッションビル運営大手のパルコは、スマートフォン(スマホ)向けのアプリを使って「来店前からの接客」を強化。スマホアプリの利…続き

西岡郁夫(にしおか・いくお)
 イノベーション研究所代表取締役社長。丸の内「西岡塾」塾長。1943年大阪府生まれ。1969年シャープ入社。コンピュータ事業部長などを歴任。1992年インテルに転身し、1993年インテル社長。1997年インテル会長、1999年4月退社。

部下に欲しいのは「有言不実行」 元インテル西岡氏[有料会員限定]

2017/6/18

 「有言不実行」は私の造語です。「言」は提言(コミットメント)すること、「行」は実行することで、組み合わせには「不言不実行」「不言実行」「有言不実行」「有言実行」の四つがあります。…続き

ランクアップ社長。旅行会社や広告代理店を経て、2005年に同社を設立。2011年から「17時退社」を制度化。自身も2009年に出産して以来、ほぼ残業なしの働き方を貫く。著書に『ほとんどの社員が17時に帰る10年連続右肩上がりの会社』(クロスメディア・パブリッシング)がある(写真:室川イサオ)

5時退社を支える「タスク分散」手帳術[有料会員限定]

2017/6/17

温感クレンジングなど、独自の商品ラインアップで注目を集める化粧品ブランドの「マナラ」。その運営会社であるランクアップは、20…続き

さまざまな部門の担当者が出席し、イベントのアイデアを出し合う「魅力会議」。この写真の会議には、広報スタッフ、馬方スタッフ(馬の世話や馬車運行)、人事スタッフ、設備管理スタッフ、レストランスタッフなどが出席

「魅力会議」で成長し続ける宿 星野リゾートの再生術[有料会員限定]

2017/6/12

年々来日観光客が増えており、成長産業として期待される観光。東京オリンピック・パラリンピックも視野に、日本の「おもてなし」をど…続き

西岡郁夫(にしおか・いくお)
 イノベーション研究所代表取締役社長。丸の内「西岡塾」塾長。1943年大阪府生まれ。1969年シャープ入社。コンピュータ事業部長などを歴任。1992年インテルに転身し、1993年インテル社長。1997年インテル会長、1999年4月退社。

雄弁は金、沈黙はクズ 元インテル西岡氏[有料会員限定]

2017/6/11

 西岡塾「憲法三カ条」があります。第一条 出過ぎた杭になれ 第二条 雄弁は金きん、沈黙はクズ 第三条 自己変革の意欲無き者は去れ よく「出る杭は打たれる」といわれますが、封建時代の考え方です。…続き

「マインドフルネス瞑想」のススメ[有料会員限定]

2017/6/10

 近年、米国のエリートの間で流行しているのが「マインドフルネス」。「瞑想」による脳の休息法だ。瞑想と言えば、日本には「禅」という伝統文化がある。呼吸を重視したり、雑念を捨てたり等々、根本思想は似ている。…続き

2014年5月、開発途上のJINS MEMEを東京・台場の日本科学未来館で田中社長自らが発表。用途発掘のパートナーを募った

組織の発想力育む 「ビジョン」で挑む眼鏡のジンズ[有料会員限定]

2017/6/5

眼鏡の製造小売り大手ジンズの田中仁社長は、パソコン用眼鏡の大ヒット後、業績が落ち込んだ時期にビジョンの大切さに気付いた。接客…続き

西岡郁夫(にしおか・いくお)
 イノベーション研究所代表取締役社長。丸の内「西岡塾」塾長。1943年大阪府生まれ。1969年シャープ入社。コンピュータ事業部長などを歴任。1992年インテルに転身し、1993年インテル社長。1997年インテル会長、1999年4月退社。

ドラッカー読むより口角上げよう 元インテル西岡氏[有料会員限定]

2017/6/4

本連載は職場で「ミドル」と呼ばれる30歳代前半から40歳代後半のみなさんを対象にしています(ミドルマネジャーや中間管理職とい…続き

PIXTA

10分で図にまとめる ノート思考整理術[有料会員限定]

2017/6/3

「抱えている問題や悩みの根本的な原因を探って解決策を考えたい時は、ノートを使った思考の整理術が有効」こう語るのは三菱総合研究所の主任研究員で、セミナー講師も務める奥村隆一さん。…続き

各部門が集まり、カスタマージャーニーマップを作成している様子。定期的にワークショップを開催する

友人に薦める? ソニー損保、顧客の行動を「マップ化」[有料会員限定]

2017/5/29

コールセンターやウェブサイトを経由して損害保険サービスを提供するソニー損害保険では、サイトのコンテンツ企画などを担う新設部署…続き

小山昇 株式会社武蔵野 代表取締役社長。日本経営品質賞を2度受賞し、多くの企業の経営指導を手掛ける(写真:菊池一郎)

社内ウオッチング・ツアーで会社が変わる[有料会員限定]

2017/5/28

 「会社の儲けの7割は整頓で決まる」と説くのは、自ら「落ちこぼれ集団」だという武蔵野を率いて高収益企業に変身させた小山昇社長。武蔵野で実践してきた整理・整頓術を公開する連載の最終回。…続き

米国のベストセラー『The Organized Mind』の著者、ダニエル・レヴィティン博士。米スタンフォード大学で認知心理学と認知科学の博士号を取得。同大学などを経て、現在はカナダのマギル大学で心理学や行動神経科学などを教える。(photograph by Owen Egan/McGill University)

考える前に情報を整理 思考がスムーズに[有料会員限定]

2017/5/27

 「自分の頭で考えて、答えを導ける人材」が評価されるのは、日本に限った話ではなく、世界共通だ。「思考整理は、脳にある情報をまず整理することが重要」と訴え、注目を集めたベストセラー本のエッセンスを学ぼう。…続き

黒を基調にリニューアルした高田馬場店。「魂動」を曲線の美しさなどで表現した特徴的なファサードデザイン。夜は昼間とは違うイメージを打ち出している(右上)

顧客も従業員も熱くなる マツダの「新世代店舗」[有料会員限定]

2017/5/22

デザインがブランドも会社も変える──これを地で行くのが現在のマツダだ。数年前から「魂動(こどう)」と呼ぶデザインテーマに則し…続き

早朝、本社2階の窓を熱心に掃除する社員

整理整頓を賞与に反映 成功のポイントは?[有料会員限定]

2017/5/21

 武蔵野は4週間に1度、全社が張りつめた空気に包まれます。「環境整備点検」が、実施されるからです。社長と幹部が1日かけて全部署を回り、整理整頓や掃除など、環境整備の実施状況を点検します。…続き

1953年、長野県生まれ。一橋大学経済学部卒業後、日本郵船に入社。87年に義父の経営する松井証券に入社し95年から現職。外交セールス廃止や手数料引き下げなどの改革を断行し、98年に日本初の本格的インターネット株取引を開始。「証券界の革命児」と称される。 (写真:菊池くらげ)

松井証券社長の「考え続ける」習慣[有料会員限定]

2017/5/20

松井証券社長の一つひとつの決断は、「常に考え続ける」という思考習慣から生まれたという。松井さんは1日に何回も思考タイムを設け、考え続けている。そうした松井さんの思考習慣を、詳しく見ていこう。…続き

「デザインカスケード」は、量産前のデザインの意図や思いを、社内の他部門のスタッフに向けてデザイナーが解説する場。写真は2015年10月に開催した新型「CX-5」のデザインカスケード

デザインが加速させた マツダ「ものづくり改革」[有料会員限定]

2017/5/15

マツダは「魂動(こどう)」というデザインテーマを2010年に打ち出して以来、「CX-5」「アテンザ」「ロードスター」などヒッ…続き

入金チェックの手間が8分の1に。マグネットを活用した、小さいながらも画期的な工夫とは?

ミスをなくすにはアナログ情報管理が必要な理由[有料会員限定]

2017/5/14

 下の写真のチェック表、どこがすごいか分かるでしょうか。ルートセールスを手掛ける、ダスキン事業の法人部門で使っています。武蔵野が業務改善の取り組みを始めた時期の歴史的な作品です。…続き

永守重信社長(写真:太田未来子)

日本電産の永守社長 残業ゼロを目指す真意[有料会員限定]

2017/5/13

 「長く働くこと」を是としてきた日本電産の永守重信社長が2016年秋、「2020年度までに残業ゼロを目指す」と発表、世間を驚かせた。決断の経緯はもちろん、ビジネスパーソン、日本企業が今後進むべき道について聞いた。…続き

ICヘルメットで日報要らず IHIの建設作業現場[有料会員限定]

2017/5/8

「日報頼みだった建設現場の作業管理を自動化したい」。総合重工大手のIHIグループはICカードと、ICタグを組み込んだヘルメッ…続き

962件中 101 - 120件

  • 前へ
  • ...4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9...
  • 次へ

コラム


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報