「起業したい」が入居条件 Z世代が集うシェアハウス

「若い世代のアウトドア体験をアップデートしてみては」「Z世代のクリエーター集団をつくりたい」「アンダー20のオンラインインターンを」――。新しいアイデアが続々と出てくるビジネスコンテストで、夢を実現させようと参加者たちが熱いプレゼンを繰り広げる。舞台は起業を志す「Z世代」が集まるシェアハウス「U25起業家シェアハウス」だ。Z世代とは1990年代後半以降に生まれた現在20歳代を中心とした世代で、デジタルネーティブという特徴を持つ。ここでは起業家として成功を目指すZ世代たちが、互いに刺激を与え、将来の夢を語り合う。

教育・学習支援業のHeimat(ハイマート、東京・港)は、25歳以下の起業家または起業を目指す人を対象としたシェアハウスを運営する。新型コロナウイルスの影響で客数が減少したホテルなどの一部を借り、約1カ月間にわたって共同生活できる空間を提供する。参加費用はホテルの宿泊料金のみで、長期宿泊のプランを使うことで参加者の出費を抑えている。2020年12月にスタートし、過去7回の開催で総参加者数は250人を超えた。

参加者たちのアイデアで壁が埋め尽くされる(7月28日)

シェアハウスでは週に1度、各自のアイデアの事業化に向け具体的な計画をつくるワークショップが行われる。ワークショップもまた、コロナによる影響で営業時間を短縮するカフェバーなどのスペースを活用して行っている。参加者はメンターからの助言をもとにユーザーヒアリングや検証などを行い、起業家としてのいろはをたたき込まれる。プログラムの最終段階にビジネスコンテストが開かれ、協賛のベンチャーキャピタル(VC)の担当者の前で、各参加者が練り上げた起業のアイデアをプレゼンする。優勝すれば資金調達のチャンスが与えられ、起業家への道もいよいよ現実味を帯びてくる。

7月の第6期生は「パッション」をテーマに約40人が集まった。生活を共にしながら、毎晩のようにお互いのビジネス構想や考え方をじっくり語り合っていた。運営するHeimatの代表と、参加していた男女4人に起業のきっかけと目標について聞いた。