生分解性プラスチック

生分解性プラスチックの概要

自然界の微生物の働きで水とCO2に分解される性質をもつ「生分解性プラスチック」に関するビジネステーマ

生分解性プラスチックの用語の定義

生分解性プラスチックとは、プラスチックとして使用することができ、使用後に微生物の働きで水とCO2に分解され自然に還る性質をもつプラスチックのこと。バイオマス由来のものや、化石由来のもの、双方を原料とした生分解性プラスチックがある。かつては生分解過程で環境面に左右されマイクロプラスチックとして残ってしまう課題があったが、自然の土壌や海水環境でも完全に生分解されるプラスチックが開発・実用化されている。

生分解性プラスチックの背景

海洋プラスチックごみ問題、気候変動問題、諸外国の廃棄物輸入規制強化の課題に対応するために、政府は「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」を令和4年4月1日より施行する。環境の整ったコンポストや自然界の土壌で生分解できるものに加えて、海水中の生分解も可能なものも開発されており、海洋プラスチックごみ問題を解決する手段として注目される。一方で、生分解性プラスチック100%をうたっていながら非分解性の石油由来プラスチックを混ぜたものや、添加剤を混ぜた生分解性プラスチックとして認められていない「酸化型分解性プラスチック」、生分解しないのに「生分解性プラスチック」と偽装表示されたものが市場に出まわるケースがあるなど、事業者・消費者ともに正しい理解が求められる。また、正しい分別回収なくして生分解性プラスチックの機能を生かすことはできないため、事業者・消費者への啓発も必要である。

生分解性プラスチックのニュース記事検索

生分解性プラスチックが解決する課題

海洋プラスチックごみ問題,カーボンニュートラル,諸外国の廃棄物輸入規制強化,廃棄物削減

『ビジネスに直結する情報』を効率よく収集。

新聞・雑誌、企業情報、業界レポート、人物情報、海外情報
750を超える情報源をワンストップで検索・収集できるWebサービス
約10,000社に利用されている国内最大級のデータベース

生分解性プラスチックに関連するビジネステーマ

バイオプラスチックとは、環境に対する負荷を削減できるプラスチックのことで、「バイオマスプラスチック」と「生分解性プラスチック」の総称である。
バイオマスプラスチック
バイオマスプラスチックとは、植物など再生可能な有機資源の原料を科学的に合成して製造されたプラスチックのこと。植物由来の原料からつくられたプラスチックのためカーボンニュートラルと見なされる。
生分解性プラ識別表示制度
一般消費者への正しい理解と普及を目的として、日本バイオプラスチック協会(JBPA)が、生分解性と環境適合性の基準を満たした製品に対して「生分解性プラ」・「生分解性バイオマスプラ」マークの名称の使用を認める制度のこと。
生分解性プラスチック認証
ISO規格、EN規格、ASTM規格等の国際標準規格に則った認定基準を満たす生分解性プラスチックに対して認証するシステムのこと。生分解性プラスチック事業をグローバル展開する際には、適切な認証を得る必要がある。例えば、カネカは日本の認証機関に加えて、墺TUEV AUSTRIA BELGIUM NV/SAや米BPIからも認証を得ている。

生分解性プラスチックに関する法規制

プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律
海洋プラスチックごみ問題、気候変動問題、諸外国の廃棄物輸入規制強化の課題に対応するために、「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」が令和4年1月19日に公布、4月1日より施行される。詳細は環境省サイトへ。

生分解性プラスチックのレポート(最新10件)

レギュラーコース月額基本料入会月無料

生分解性プラスチックの関連企業

株式会社ネクアス-
株式会社ネクアスは、生分解性プラスチックやバイオマスプラスチックの製造およびこれらを使用した商品の開発・販売を行う企業。生分解性とは、物質が...

生分解性プラスチックに関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(8)神奈川県(2)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(1)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(0)愛知県(0)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(4)兵庫県(1)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)

関連する人物・専門家

井上義夫6
生分解性プラスチック、「分解しにくい」難題浮上――対策研究盛んに。

...ところが最近、分解プラスチックに難題が浮上してきた。分解の検証に当たった富山大学の竹内茂弥教授は「分解プラスチックは分解しにくい」と言い切る。 六種類の分解プラスチックを土や川の中に長期間...

2003年2月3日
日経産業新聞
依田穂積5
【賢者の座談会「バイオプラで日本が勝つには」】日本にも「バイオプラ」の波、世界での遅れを挽回できるか-第1回 依然多い誤解

...実は、かつて分解プラスチックの分野で世界をリードしていたのは日本です。2005年の愛知万博(愛・地球博)の時、日本は農林水産省や経済産業省が主導して分解プラスチックの製造と使用を推進していまし...

2021年5月28日
日経クロステック