木造マンション

木造マンションの概要

建物の躯体などに、CLTや耐火集成材が用いられた「木造マンション」に関するビジネステーマ

木造マンションの用語の定義

木造マンションとは、建築躯体や壁、床などに、木材のCLT(Cross Laminated Timber)や耐火集成材が用いられたり、鉄筋や鉄骨とのハイブリッドで建てられた中高層住宅のこと。CLTを石膏ボードなどで被覆して耐火性を持たせ、中高層・大規模建築物に求められる耐火性能を満たす。

木造マンションの背景

2050年カーボンゼロに向けて、経済産業省・国土交通省・環境省が連携し、住宅のライフサイクル全般における省エネルギーとCO2削減の取り組みを推進し、2030年までに住宅の平均でZEH(ゼッチ)(ゼロ・エネルギー・ハウス)が実現することを目指している。CLTを用いたマンションは、同規模の鉄筋コンクリート造マンションに比べ工期が短縮でき、CO2排出量が2~3割程度削減できるとされる。また、木材はコンクリートよりも断熱性が高く、家庭のエネルギー消費を軽減できることも木造マンションが注目される背景である。 一方足元では、「ウッドショック」と呼ばれる木材の価格高騰のため、建築計画や工期に影響が出ている(2021年11月調査)。

木造マンションのニュース記事検索

木造マンションが解決する課題

CO2削減

『ビジネスに直結する情報』を効率よく収集。

新聞・雑誌、企業情報、業界レポート、人物情報、海外情報
750を超える情報源をワンストップで検索・収集できるWebサービス
約10,000社に利用されている国内最大級のデータベース

木造マンションに関連するビジネステーマ

CLT(Cross Laminated Timber)とはひき板を繊維の方向が交わるように積層化し接着させた大きな厚みのあるパネル板のことで、木造マンションの躯体や壁、床などに用いられている。
ZEH
ZEHとは、2050年カーボンゼロに向けて、断熱性能などを大幅に向上させ、且つ大幅な省エネルギーを実現させた建物であると同時に、再生可能エネルギーなど高効率な省エネルギー設備を導入し、年間の一次エネルギー消費量を収支ゼロにすることを目指す新築住宅のこと。令和3年度は、対象となる住宅の事業者に対し、ZEH-M補助事業として募集しており、CLTを一定以上使用した集合住宅も補助対象となっていた。

木造マンションに関する法規制

建築基準法施行令
建築物における耐火性能は、建築基準法施行令(耐火性能に関する技術的基準)第百七条を満たす必要がある。

木造マンションのレポート(最新10件)

レギュラーコース月額基本料入会月無料

木造マンションの関連企業

株式会社竹中工務店
1.建築工事及び土木工事に関する請負、設計及び監理 2.建設工事、地域開発、都市開発、海洋開発、宇宙開発、エネルギー供給および環境整備等...
三井ホーム株式会社
ツーバイフォー工法を中心とする住宅等の受注・設計・施工ほか
企業名業界概要
1.建築工事及び土木工事に関する請負、設計及び監理 2.建設工事、地域開発、都市開発、海洋開発、宇宙開発、エネルギー供給および環境整備等...
不動産業
ツーバイフォー工法を中心とする住宅等の受注・設計・施工ほか

関連する人物・専門家

小林茂1
公平・公正な脱炭素実現へ 社会、経済、産業の転換をNIKKEI脱炭素プロジェクト 第1回シンポジウム

...グループ会社の三井ホームは木造マンションや木造中高層建築物の取り組みを強化しており、鉄筋コンクリート造などと比較してCO2を40~50%削減する。 前田 脱炭素への機運は15年のパリ協定前から高まって...

2021年11月18日
日本経済新聞電子版
日経電子版で読む
新浪剛史1
公平・公正な脱炭素実現へ 社会、経済、産業の転換をNIKKEI脱炭素プロジェクト 第1回シンポジウム

...グループ会社の三井ホームは木造マンションや木造中高層建築物の取り組みを強化しており、鉄筋コンクリート造などと比較してCO2を40~50%削減する。 前田 脱炭素への機運は15年のパリ協定前から高まって...

2021年11月18日
日本経済新聞電子版
日経電子版で読む