コワーキングスペース

コワーキングスペースの概要

所属に関係なくさまざまな職種の人が共に働くスペースとしてデザインされた「コワーキングスペース」に関するビジネステーマ

コワーキングスペースの用語の定義

コワーキングスペースとは、個人事業者、起業家、ノマドワーカーなど場所の縛りがない環境で働いている人々が、作業スペースを共有し仕事を行うワークスタイル「コワーキング(Coworking)」のためにデザインされた作業スペースのことを指す。

コワーキングスペースの背景

賃貸オフィスではなくコワーキングスペースを利用することで、経費の削減が見込める。また、共有スペースで生まれる交流により、新たなビジネスチャンスをの創出が期待できる。 この特徴を活かすために、空間設計面だけでなく、交流イベントやセミナーが開催されるなど、コンテンツ面でも工夫が施されている傾向にある。

コワーキングスペースのニュース記事検索

コワーキングスペースが解決する課題

経費削減, コミュニティの形成, オープンイノベーション

『ビジネスに直結する情報』を効率よく収集。

新聞・雑誌、企業情報、業界レポート、人物情報、海外情報
750を超える情報源をワンストップで検索・収集できるWebサービス
約10,000社に利用されている国内最大級のデータベース

コワーキングスペースに関連するビジネステーマ

レンタルオフィス / シェアオフィス
ワンフロアのオフィスを一部分個室として借りられるオフィスの総称をレンタルオフィス、コワーキングスペースやレンタルオフィスを総称してシェアオフィスと呼ぶこともあるが、これらの名称は運営企業によって違うため曖昧である。
事業を行っていくうえでの住所を企業に貸すサービス、またはそのオフィス形態のことを指す。住所を貸すだけでなく、郵便物の受け取り、固定電話番号の提供、電話の転送、書類保管、会議室の提供など、様々な機能を備えていることが多い。
サテライトオフィス
企業の本拠から離れた場所に設置されるワーキングスペースのこと。在宅勤務やモバイルワークと並んでテレワークの一形態として位置づけられている。
オープンイノベーション関連ビジネス
オープンイノベーションとは、自社内にとどまらず、他社や異業種との連携を通じて社会的なインパクトを生み出すことを意味する。オープンイノベーションを促進するサービスが、コワーキングスペースや企業同士をマッチングさせるプラットフォームなどの形で展開されている。

コワーキングスペースに関する法規制

借地借家法
借地借家法によると、土地を貸す「貸主」と土地を借りる「借主」の間で賃貸借契約を結ぶ必要がある。そのため、賃貸オフィスを利用する場合は、貸主と賃貸借契約を締結する必要がある。一方、シェアオフィス、レンタルオフィス、コワーキングスペースなどの作業スペースを利用する場合は、運営会社との間でサービス利用契約や施設利用契約を締結しさえすれば、貸主と賃貸借契約を結ぶ必要がない。

コワーキングスペースのレポート(最新10件)

レギュラーコース月額基本料入会月無料

コワーキングスペースの関連企業

株式会社日本経済新聞社
新聞を中核とする事業持ち株会社。雑誌、書籍、電子メディア、データベースサービス、速報、電波、映像、経済・文化事業などを展開
企業名業界概要
新聞を中核とする事業持ち株会社。雑誌、書籍、電子メディア、データベースサービス、速報、電波、映像、経済・文化事業などを展開
不動産業

関連する人物・専門家

中村雅行5
オカムラ、自分のICカードやスマホが鍵になる「セキュリティワゴン」を発売

...発表日:2018年9月27日 自分のICカードやスマホが鍵になる「セキュリティワゴン」新発売 ロッカーはコワーキングスペースやサテライトオフィスでの荷物管理に最適 株式会社オカムラ(本社:神奈川県横浜...

2018年9月26日
日本経済新聞電子版
日経電子版で読む
仁木勝雅5
ディープコア、WeWorkとコラボしたAI特化型インキュベーション施設「KERNEL HONGO」をオープン

...DEEPCOREは、インキュベーションの拠点として、近年テック系スタートアップやコワーキングスペースが集まりつつある本郷に「KERNEL HONGO」をオープンし、AIテクノロジードリブンなコミュニテ...

2018年7月17日
日本経済新聞電子版
日経電子版で読む