P2P電力取引

P2P電力取引の概要

電力の売り手と買い手を直接紐付けるP2Pという仕組みを用いた電力取引に関するビジネステーマ。

P2P電力取引の用語の定義

P2P電力取引とは、電力の発電側と需要側を直接紐づけて行う電力取引の仕組みのことを指す。これを通信分野でいう、中央サーバを介さず直接つなぐ仕組みになぞらえてP2Pと称している。P2Pの実現にはブロックチェーンの活用が重要視されている

P2P電力取引の背景

"従来の電力取引は「電力会社による大規模な発電、その需要側への一方的な供給」という仕組みがとられていたため、需要に応じた供給が難しかった。一方で、個人による小規模発電施設、特に太陽光発電や蓄電池などの分散型エネルギーソース(DER:Destributed Energy Resources)もあったが、安定供給や契約管理などに課題があった。近年では蓄電池などの普及でDERの供給状況が改善しているほか、ブロックチェーンの利用で細かな受給や契約の管理が実現できると見込まれている。 P2P(Peer to Peer)電力取引は、こうした従来の電力取引の課題解決のほか、再生可能エネルギーの利用促進や、災害に強い電源供給の構築につながるという大きなメリットが見込める。"

P2P電力取引のニュース記事検索

P2P電力取引が解決する課題

再生可能エネルギー促進,スマートグリッド

P2P電力取引の鍵となる技術

(非通貨型)ブロックチェーン
インターネットでつながる複数のコンピューターで取引の記録を共有し、互いに監視し合いながら正しい記録を鎖(チェーン)のようにつないで蓄積するデータ管理技術。データの固まりをブロックでつなげて保存していくため、過去のデータの書き換えは事実上不可能で改ざんリスクが低い。
スマートグリッド
次世代送電網とも呼ばれ、電力の流れを供給側・需要側の両方から制御し、最適化できる送電網のことを指す。ピークシフトによる電力設備の有効活用と需要家の省エネ、再生可能エネルギーの導入、エコカーのインフラ整備、停電対策などとメリットが見込まれる。

『ビジネスに直結する情報』を効率よく収集。

新聞・雑誌、企業情報、業界レポート、人物情報、海外情報
750を超える情報源をワンストップで検索・収集できるWebサービス
約10,000社に利用されている国内最大級のデータベース

P2P電力取引のレポート(最新10件)

レギュラーコース月額基本料入会月無料

P2P電力取引の関連企業

デジタルグリッド株式会社
デジタルグリッド株式会社は、情報と電力と金融を融合した総合エネルギーサービス事業を展開する企業。需要家・発電家双方に対して電力取引をサポート...
株式会社FAプロダクツ
株式会社FAプロダクツは、製造業のスマートファクトリー化やスマートエネルギー化を総合支援している企業。設備稼働監視・故障予知、生産シミュレー...
住友林業株式会社
山林の経営、環境エネルギー事業、木材・建材の仕入・製造・加工・販売、戸建住宅等の建築工事の請負・リフォーム、分譲住宅の販売、不動産の管理・仲...
企業名業界概要
デジタルグリッド株式会社は、情報と電力と金融を融合した総合エネルギーサービス事業を展開する企業。需要家・発電家双方に対して電力取引をサポート...
株式会社FAプロダクツは、製造業のスマートファクトリー化やスマートエネルギー化を総合支援している企業。設備稼働監視・故障予知、生産シミュレー...
山林の経営、環境エネルギー事業、木材・建材の仕入・製造・加工・販売、戸建住宅等の建築工事の請負・リフォーム、分譲住宅の販売、不動産の管理・仲...

関連する人物・専門家

原田宏哉3
東北電力と東芝エネルギーシステムズ、分散電源を活用した電力直接取引で共同研究契約を締結

...しかしながら、現時点では、電力取引を実現するための具体的なビジネスモデルが確立されておらず、電力取引の増加が配電系統へ与える影響も不透明な状況です。 ...

2019年4月25日
日本経済新聞電子版
日経電子版で読む
村井嘉浩2
再生エネ有効活用、宮城県と東北電が協定。

...電力会社を介さず、発電事業者と消費者を直接結ぶ「電力取引」の実証を始める。県内7つの合同庁舎を対象に、庁舎の太陽光発電で生まれた電力をブロックチェーン(分散型台帳)技術を通して融通し合う。 蓄電...

2019年8月13日
日本経済新聞 地方経済面