マイクロマーケット

マイクロマーケットの概要

工場内、オフィス、マンションや病院など「マイクロマーケット」と呼ばれる極小商圏に関するビジネステーマ

マイクロマーケットの用語の定義

マイクロマーケットとは、工場やオフィス・マンションといった小さな商圏をターゲットにした小型店舗のこと。通常より省スペース・少人数での店舗運営が基本となる。また最近では店舗運営コストの削減のため自動販売機やレジレス型店舗など無人店舗の形態で運営が模索されている。(2021年6月調査)

マイクロマーケットのニュース記事検索

『ビジネスに直結する情報』を効率よく収集。

新聞・雑誌、企業情報、業界レポート、人物情報、海外情報
750を超える情報源をワンストップで検索・収集できるWebサービス
約10,000社に利用されている国内最大級のデータベース

マイクロマーケットに関連するビジネステーマ

自販機コンビニ
自販機コンビニとはコンビニで販売される商品を自動販売機で販売する販売形態のこと。通常の自販機と異なり飲料以外のフード商品(おにぎりやパン、弁当など)が置いてある。

マイクロマーケットに関する法規制

食品衛生法
食品を取り扱う小売店は食品衛生法第51条第2項において厚生労働省の規定に従った公衆衛生上の対策を行う必要がある。以前は厚生労働省の規制ではこうした店舗は食品衛生法が衛生責任者の常駐を求めるなど制約があった。しかし小売業界団体などの強い要望を受け、厚生労働省が規制を緩和。無人店や自動販売機の衛生管理は担当者による商品補充時の巡回で代替可能との見解を示した(2021年9月調査)。

マイクロマーケットのレポート(最新10件)

レギュラーコース月額基本料入会月無料

マイクロマーケットの関連企業

株式会社NTTドコモ
携帯電話事業を主な事業とし、その主要な営業種目は次のとおりです。 ■通信事業  携帯電話サービス(5G サービス、LTE(Xi)サービス、F...
600株式会社
600株式会社は、無人販売機サービス『600store』を運営する企業。『600store』は、マンションの共有スペースやオフィス、ホテル、...

マイクロマーケットに関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(1)東京都(6)神奈川県(0)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(0)愛知県(0)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(0)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)

関連する人物・専門家

古屋一樹2
セブン-イレブンとNEC、AI・IoT技術を活用した省人型店舗「セブン‐イレブン三田国際ビル 20F店」をオープン

...本取り組みは、昨今ニーズが高まっているオフィスビルや病院、工場等マイクロ・マーケットと呼ばれる商圏に、NECのAI・IoTなどの先進技術を導入したセブン-イレブン店舗を出店し、実証実験を行っていくもの...

2018年12月17日
日本経済新聞電子版
日経電子版で読む
山田耕平2
【セブン&アイ デジタル起点の店舗戦略】セブン-イレブンの省人型店舗 労働時間を5分の1に削減

...セブン-イレブン・ジャパンはオフィスや大学、病院内といった小商圏への出店を強化する「マイクロマーケット」戦略を推進している。今後、オフィス内に設置する店舗は増えていくだろう。...

2019年4月18日
日経クロストレンド