再生可能ジェット燃料

再生可能ジェット燃料の概要

2050年までのカーボンニュートラルの実現に向けて重要な要素の一つである航空機の「再生可能ジェット燃料」に関するビジネステーマ。

再生可能ジェット燃料の用語の定義

微細な藻類や木材チップ、廃材などの原料から製造した航空機向けのジェット燃料のこと。持続可能な航空燃料(SAF、Sustainable Aviation Fuel)ともいう。バイオマスや工場などの排気から回収したCO2と水素を触媒で反応させて作るなど原料は多様化している。燃料として利用するには、国際規格ASTMの認証が必要。既存のジェット燃料に混合して利用される。

再生可能ジェット燃料の背景

航空業界の環境規制の高まりがある。国際民間航空機関(ICAO)や国際航空運送協会(IATA)が、世界の航空業界向けにCO2の削減目標を定めた。現時点では割高ではあるが、2030年の実用化を見込み、一部航空会社は量の確保に動き始めるなど注目されている。

再生可能ジェット燃料のニュース記事検索

再生可能ジェット燃料が解決する課題

サーキュラーエコノミー, 地球温暖化抑制

再生可能ジェット燃料の鍵となる技術

国際的な規制や目標に沿った技術開発
ICAO規制:  -2020年以降のCO2総排出量を2019年よりも増加させないこと  -燃料効率を毎年2%改善すること IATA目標:2050年時点でCO2総排出量を2005年比50%削減すること  
低コスト化
実証段階の再生可能ジェット燃料は1600円/Lに対して、既存のバイオジェット燃料は100円台/L程度。2030年頃の実用化に向け、コストを1/8~1/16程度に低減することを目指している。藻類のバイオジェット燃料の場合は、大規模な培養設備の建設、藻のCO2吸収効率の最大化や安定増殖が鍵となる。
国際規格ASTMの認証

『ビジネスに直結する情報』を効率よく収集。

新聞・雑誌、企業情報、業界レポート、人物情報、海外情報
750を超える情報源をワンストップで検索・収集できるWebサービス
約10,000社に利用されている国内最大級のデータベース

再生可能ジェット燃料に関連するビジネステーマ

バイオジェット燃料

再生可能ジェット燃料のレポート(最新10件)

レギュラーコース月額基本料入会月無料

再生可能ジェット燃料の関連企業

株式会社レボインターナショナル
株式会社レボインターナショナルは、バイオディーゼル燃料技術を開発する企業。同社は、バイオディーゼル燃料『C-FUEL』・バイオディーゼル燃料...
株式会社INPEX
石油・天然ガス、その他の鉱物資源の調査、探鉱、開発、生産、販売及び同事業に付帯関連する事業、それらを行う企業に対する投融資
企業名業界概要
株式会社レボインターナショナルは、バイオディーゼル燃料技術を開発する企業。同社は、バイオディーゼル燃料『C-FUEL』・バイオディーゼル燃料...
石油・天然ガス、その他の鉱物資源の調査、探鉱、開発、生産、販売及び同事業に付帯関連する事業、それらを行う企業に対する投融資
原油・石油製品の輸出入・精製・貯蔵・販売等

再生可能ジェット燃料に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(10)神奈川県(3)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(0)愛知県(1)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(1)大阪府(0)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)