車載用LiDAR

車載用LiDARの概要

LiDARはレーザー光の反射を活用し障害物との距離や方向などを測定する。ここでは自動車の自動運転用のLiDARを扱う。

車載用LiDARの用語の定義

LiDAR(ライダー)とはレーザー光の反射を活用し障害物との距離や方向を測定する技術のこと。Light detection and rangingの略語。小さな障害物の位置や距離、形状を正確に検知し画像化できるが、天候の影響を受けやすいとされる。

車載用LiDARの背景

LiDAR自体は運輸、宇宙工学、自然・環境分野、土木建築、拡張現実など広い分野で活用されてきた。近年は自動運転技術への応用で注目度が高まる。自動運転用の自動車には高い安全性と精密性を兼ね備えた障害物検知技術が求められており、自動運転レベル3からレベル5の要求レベルを満たす自動車に必要なセンサーの一つとして車載用LiDARの開発競争が激化している。

車載用LiDARのニュース記事検索

車載用LiDARが解決する課題

交通事故防止,自動運転

車載用LiDARの鍵となる技術

MEMS
MEMS(Micro Electro Mechanical Systems、微小電気機械システム)を活用することでLiDARのレーザー光源の数を減らし、コストを削減できると期待されている。
SPADセンサー
SPAD(Single Photon Avalanche Diode)センサーは入射した光子1つを増倍し、大きな電気信号を取り出せるセンサー。

『ビジネスに直結する情報』を効率よく収集。

新聞・雑誌、企業情報、業界レポート、人物情報、海外情報
750を超える情報源をワンストップで検索・収集できるWebサービス
約10,000社に利用されている国内最大級のデータベース

車載用LiDARに関連するビジネステーマ

先進運転支援システム(ADAS)
先進運転支援システム(ADAS:Advanced Driver-Assistance Systems)は、周囲の状況把握や、必要に応じて運転手への警告と運転制御を行うセンシング技術を活用した運転支援システムのこと。ADASを支える技術の一つとしてミリ波レーダーなどのセンシング技術と共にLiDARも活用されている。
ミリ波レーダーは障害物までの距離・速度・角度を測定する。ここでは自動車の自動運転用のミリ波レーダーを取り扱う。
小型軽量タイプのLiDARが開発されたことにより、ドローンへの搭載が進む。航空測量用LiDARを搭載した産業用ドローンの開発で、航空機を使わないより手軽な測量の実現が期待されている。
画像センサー(イメージセンサー)とは、光を電気信号に変えて映像化する半導体のこと。その中でも車載用画像センサーは自動運転時代の技術的中核部品とされており、開発競争が激化している。 車載用では、トンネルの出口など明暗差のある環境下でも他の車両のヘッドランプやブレーキランプによる発光ダイオード(LED)照明を高画質に撮影できる技術が求められる。また低消費電力で高画質の映像化する技術も重要となる。画像センサー自体はスマホ、デジタルカメラ、医療用・産業用ロボット等に利用されるがここでは車載用の画像センサーを扱う。

車載用LiDARのレポート(最新10件)

レギュラーコース月額基本料入会月無料

車載用LiDARの関連企業

車載用LiDARに関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(11)神奈川県(1)
中部地方
新潟県(0)富山県(1)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(1)愛知県(1)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(4)大阪府(3)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)

関連する人物・専門家

朝倉研二1
長瀬産業、LiDAR用レーザー技術開発ベンチャーのトライルミナ社と代理店契約を締結

...トライルミナ社は、車載LiDARをはじめ、産業・民生用3Dセンシングの光源に用いられる面発光レーザー(VCSEL=Vertical Cavity Surface Emitting LASER)のモジ...

2019年1月8日
日本経済新聞電子版
日経電子版で読む