洋上風力発電

洋上風力発電の概要

主に海洋上で行う風力発電である洋上風力発電に関するビジネステーマ。

洋上風力発電の用語の定義

洋上風力発電(またはオフショア風力発電)とは、風力に適した風の強い海域に風車を設置して発電をすること。陸上の風力に比べ、洋上の風力は四方を海に囲まれ安定した風が吹くため効率的な発電が期待されている。

洋上風力発電の背景

日本政府は2050年までのカーボン・ニュートラルを目指している。一方陸上風力発電や太陽光発電の適地が限られてきたことから、開発の遅れていた洋上風力発電が再生可能エネルギーの一つとして重視されるようになった。

洋上風力発電のニュース記事検索

洋上風力発電が解決する課題

カーボン・ニュートラル,脱炭素社会

洋上風力発電の鍵となる技術

海底ケーブル
洋上風力に適した海域は東北以北に偏っているため、電力大消費地に電力を送る送電網が必要。海底ケーブルが選択肢として挙がっている。
洋上技術者の育成
大型の洋上風車を建設できる技術者とメンテナンスの整備技術者を育成しなければならない。

『ビジネスに直結する情報』を効率よく収集。

新聞・雑誌、企業情報、業界レポート、人物情報、海外情報
750を超える情報源をワンストップで検索・収集できるWebサービス
約10,000社に利用されている国内最大級のデータベース

洋上風力発電に関連するビジネステーマ

再生可能エネルギー
再生可能エネルギーとは、太陽・風力・水力・地熱・バイオマスなどの生物由来の燃料など自然界によって生産されるエネルギーの総称。洋上風力発電は風力を用いた再生可能エネルギーと言える。
洋上風力発電には、海底に直接基礎と風車を設置する着床式と、海底と洋上風力の土台をチェーンでつなぐ浮体式の2種類がある。
SEP船とは、洋上風力発電の作業用台船のこと。

洋上風力発電に関する法規制

海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律
洋上風力発電を推進するために設けられた法律。2019年4月施行。再エネ海域利用法と略される。自然的条件が適当であること、漁業や海運業等の先行利用に支障を及ぼさないこと、系統接続が適切に確保されること、等の要件に適合することが求められ、政府が促進区域を指定する。公募で選定された事業者は、促進区域内において最大30年間の占用許可を得られる。

洋上風力発電のレポート(最新10件)

レギュラーコース月額基本料入会月無料

洋上風力発電の関連企業

株式会社シーテック
建設業(電気工事、電気通信工事、土木工事はじめ16業種登録)、 再生可能エネルギー発電事業、熱供給事業、設備リース事業 他
企業名業界概要
建設事業 開発事業 その他の事業
建設業(電気工事、電気通信工事、土木工事はじめ16業種登録)、 再生可能エネルギー発電事業、熱供給事業、設備リース事業 他

関連する人物・専門家

菅義偉61
首相「脱炭素へ洋上風力活用」。

...2050年の温暖化ガス排出実質ゼロを目指すと説明したうえで、洋上風力発電など再生可能エネルギーを積極的に導入すると表明した。首相は「洋上風力発電など海洋の力を活用し、脱炭素社会の実現に向けた国際社会の...

2020年12月2日
日本経済新聞 夕刊
安倍晋三22
浮体式洋上発電18年に、総合科技会議、4分野で工程表。

...クリーンエネルギーでは、浮体式洋上風力発電のほか、太陽光発電システムの開発を加速し、現在1キロワット時20円台半ばの発電コストを30年に同7円に引き下げる。蓄電池分野で、日本企業が世界市場の5割にあた...

2013年5月17日
日本経済新聞 朝刊