認知症予防・早期発見技術

認知症予防・早期発見技術の概要

認知症予防アプリと認知症・軽度認知障害(MCI)診断に関するビジネステーマ

認知症予防・早期発見技術の用語の定義

認知症予防・早期発見技術とは、正常な加齢と 認知症のあいだに位置付けられる「軽度認知障害」(MCI:Mild Cognitive Impairment)を早期に発見し、認知症への進行速度を遅らせる技術のこと。早期発見には、少量の血液や脳の画像を用いてアルツハイマー型認知症の原因の一つとされる「アミロイドβ」の沈着量などを推定する技術や、脳波や視線、音声といったデータを解析し診断する技術のほかに、Q&A方式で認知機能の状態を把握できるアプリなどがある。一方で予防対策には、脳を刺激するトレーニングアプリが開発されている。

認知症予防・早期発見技術の背景

厚生労働省は、2025年時点の65歳以上高齢者の認知症罹患者数を約700万人と推計している。軽度認知障害(MCI)と呼ばれる認知症になる前の早い段階で治療を始めれば進行を遅らせることができるため、治療薬の開発と同じく、予防対策や早期発見技術も注目されている。

認知症予防・早期発見技術のニュース記事検索

認知症予防・早期発見技術が解決する課題

認知症,QOLの向上

『ビジネスに直結する情報』を効率よく収集。

新聞・雑誌、企業情報、業界レポート、人物情報、海外情報
750を超える情報源をワンストップで検索・収集できるWebサービス
約10,000社に利用されている国内最大級のデータベース

認知症予防・早期発見技術に関連するビジネステーマ

アルツハイマー型認知症治療薬
アルツハイマー型認知症の原因物質と目されるアミロイドβの沈着を抑制させる治療薬が開発されている。エーザイと米バイオジェンが共同開発した治療薬「アデュカヌマブ」は、米国 FDAに条件付き承認された。アルツハイマー型認知症は認知症の中で最も罹患者割合が高い疾患であり、世界的に治療薬が期待されている。

認知症予防・早期発見技術に関する法規制

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律
「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」は医療品・医療機器などの「開発」「承認」「製造」「流通」「使用」を制限する法律。医薬品医療機器等法や薬機法などと略される。医療機器に該当したものは製造・流通に制限がかかるため、医療機器にあたるアプリも認可をとって流通させる必要がある。
認知症基本法案と認知症条例
認知症に対する関心の高まりを受け、国レベルでは、2019年6月に「認知症の予防等を推進しながら、認知症の人が尊厳を保持しつつ社会の一員として尊重される社会の実現を図る」ことを目的とする「認知症基本法案」が国会に提出され、現在も継続審査を行っている。(2021年11月時点) 一方で、認知症に対する理念と施策の方向性を定めた「認知症条例」を制定している自治体もみられる。

認知症予防・早期発見技術のレポート(最新10件)

レギュラーコース月額基本料入会月無料

認知症予防・早期発見技術の関連企業

株式会社ミルテル
株式会社ミルテルは、広島大学大学院田原栄俊教授の研究成果を実用化するべく起業した大学発ベンチャー企業。がんの早期発見を促すための検査サービス...
株式会社Moff
株式会社Moffは、運動を楽しくする IoT ヘルスケア・医療サービスを提供する企業。ウェアラブル端末『モフバンド』の開発・販売と、『モフバ...
企業名業界概要
株式会社ミルテルは、広島大学大学院田原栄俊教授の研究成果を実用化するべく起業した大学発ベンチャー企業。がんの早期発見を促すための検査サービス...
株式会社Moffは、運動を楽しくする IoT ヘルスケア・医療サービスを提供する企業。ウェアラブル端末『モフバンド』の開発・販売と、『モフバ...

認知症予防・早期発見技術に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(16)神奈川県(1)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(0)愛知県(0)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(1)大阪府(2)兵庫県(2)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(1)岡山県(0)広島県(1)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)