保険代理店

保険代理店の業界分類
保険代理店の業界定義
保険会社が企画、開発した保険商品を、保険募集人として販売代行を行う。
ビジネステーマ
保険証券管理アプリ

保険代理店の業界概要

代理店通じた生保加入率18%に上昇
保険代理店は、商品開発を行う保険会社と代理店契約や業務委託契約を結び保険商品を販売する。保険会社からの販売手数料が代理店の収入になる。
代理店は個人名義、法人名義での営業活動が可能で、保険販売を専業とする代理店を「専業(プロ)代理店」、小売りや自動車整備業などその他の業務と兼営する代理店を「副業代理店」と呼ぶ。プロ代理店には、1社のみの取り扱いをする「専属代理店」と複数の保険商品を取り扱う「乗合代理店」がある。保険代理店は損保系に強い代理店と生保系に強い代理店に分かれるが、人手不足や経営者の高齢化、統廃合などで代理店の数自体は減少傾向にある。(2022/04/06調査)
業界レポートを購入することで、より幅広い情報を収集できます
日経業界分析レポートサンプル
ビジュアルでわかりやすい日経業界分析レポート
  • 日経記者が業界情報を解説
  • 市場環境、市場規模予測、技術・法規制の動向など業界の情報を網羅
  • 業界地図やバリューチェーンなどビジュアルでわかりやすく
各約20ページ。2021年2月10日現在、241業界のレポートを提供しています。
※日経テレコンへのログインが必要です
日経NEEDS業界解説レポートサンプル
より新しい情報なら日経NEEDS業界解説レポート
  • 日経業種業界 約550業種動向、企業の活動状況
  • 高い更新頻度で、より新しい情報を
各約20ページ。2021年8月16日現在、約550業界のレポートを提供しています。
※日経テレコンへのログインが必要です

保険代理店の市場動向

生保各社、保険ショップ向け商品を拡充
保険の銀行窓販開始以来、様々な保険会社の商品を扱う「乗合代理店」(保険ショップ)が存在感を増している。「生保レディー」と呼ばれる営業職員の確保も難しくなり、生保各社は優良代理店の囲い込みに動いている。
大手ではほけんの窓口グループや「保険クリニック」を運営するアイリックコーポレーションなどが駅前や大型ショッピングセンターなどに店舗を設け、複数の保険を比較しながら販売するスタイルを採用。生命保険のほかに医療や介護など第三分野の保険商品の販売に強みを持つ。(2022/04/06調査)

保険代理店の競合状況

トヨタ系が参入、買収の動きも
ほけんの窓口グループ(東京・千代田)は日本生命系の乗合代理店。「ほけんの窓口」ブランドの店舗を全国で785店舗(20年9月末)を展開している。直営約440店のほか地方銀行と提携する約90店がある。新型コロナ禍に対応し、20年7月からオンラインで保険相談の受け付けを始めた。三井住友信託銀行と代理店契約を結び、9月から直営店で国民年金基金の扱いを始めた。
伊藤忠商事は19年10月、ほけんの窓口グループの発行済み株式57.7%を取得し、連結子会社化した。伊藤忠は個人向け金融の強化を目指しており、ほけんの窓口グループを通じてコンサルティング事業を展開。22年までに金融サービス全体で2000万人の顧客基盤を構築する考えだ。(2022/04/06調査)
レギュラーコース月額基本料入会月無料

保険代理店に関連するビジネステーマ

保険証券管理アプリ
加入している生命保険や自動車保険などの保険契約の成立証明書である保険証券をスマホで一元管理するアプリに関するビジネステーマ

保険代理店に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(1)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(1)山形県(0)福島県(0)
中部地方
新潟県(0)富山県(1)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(1)愛知県(1)
近畿地方
三重県(1)滋賀県(0)京都府(2)大阪府(4)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(1)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)