ドラッグストア

ドラッグストアの業界分類
ドラッグストアの業界定義
ドラッグストア(家庭用医薬品を中心に、日用品、化粧品等を安価に販売する)をチェーン展開する。

ドラッグストアの業界概要

21年の市場規模は7兆3065億円で微増、経産省調査
ドラッグストアとは医薬品や化粧品、健康食品など、健康や美容にかかわる分野を中心に幅広い商品をそろえる小売りの業態を指す。扱う分野は多岐に渡り、日用品やペット用品、食品なども販売する。医療用医薬品(処方薬)を扱う調剤窓口を併設する店舗も多い。
粗利益率の高い一般用医薬品(大衆薬)で稼いだ利益を原資として、日用品や化粧品、食品を低価格で販売する。さらに公定価格(薬価)があり、値崩れしない処方薬も大きな武器となっている。化粧品や雑貨が安価に買えることから女性が客層の中心だ。(2022/09/06調査)
業界レポートを購入することで、より幅広い情報を収集できます
業界をイチから知るなら

日経業界分析レポート

業界概要、バリューチェーン、市場規模、業界トレンド、業界地図、競合環境 などを収録
日本経済新聞社・2022年9月8日更新・PDF 19P
最近の動きをまとめて知るなら

日経NEEDS業界解説レポート

業界推移、市場動向、主な業界統計、企業活動情報 などを収録
日本経済新聞社・2022年9月12日更新・PDF

ドラッグストアの市場動向

22年4~6月期の売上高は2.7%増、7月(速報)は6.8%増、経産省調査
ドラッグストアは医薬品や化粧品のもうけを原資に、食品や日用品で安値攻勢をかけ、コンビニやスーパーの顧客を奪ってきた。特に食品の売り上げの増加は著しく、経済産業省の商業動態統計(年間補正値)によると、21年のドラッグストアの食品(健康食品を除く)の売上高は5年前の16年に比べ約50%も増えている。全体の売上高の16年比の増加率が約28%なのに比べ非常に高い。
一方、収益確保のために調剤薬局部門を強化する動きが広がっている。商業動態統計でのドラッグストアの21年の「調剤医薬品」の売上高は前年比5.7%増加した。21年の全体の売上高の増加率(0.3%)を大きく上回っている。(2022/09/06調査)

ドラッグストアの競合状況

マツキヨココカラ&カンパニーの22年4~6月期の売上高、実質横ばい
2022年5月までの1年間に迎えた決算期での連結売上高でみると、1位はウエルシアホールディングス(HD)で、ツルハホールディングス(HD)、コスモス薬品、マツキヨココカラ&カンパニー(旧マツモトキヨシホールディングス)の順で続く。マツキヨココカラ&カンパニーは、21年10月に旧ココカラファインと経営統合しており、旧ココカラファインの売上高を加えた合算ベースではツルハHDに続き3位になる。
イオン傘下のウエルシアHDの22年2月期(連結)の売上高は1兆259億4700万円で前の期比8.0%増、営業利益は430億1800万円で同0.1%増。前の期に旺盛だった感染症対策商品のまとめ買い需要の反動減で、売上高は伸び率がやや鈍化したものの、積極出店の効果もありドラッグストストアとして初めて1兆円を超えた。出店舗数は144店、退店は26店で、期末店舗数は2468店。このうち海外は11店でいずれもシンガポール。22年3~5月期の売上高は2677億1600万円で前年同期比7.6%増加した。今期から収益認識会計基準を適用したため、従来の基準で計算すると、前年同期比は実質9.8%増。化粧品部門ではメイクアップ関連商品が外出機会の増加により回復傾向にあり、調剤部門では処方箋の枚数が増加した。月次情報によると、既存店の売上高の前年同月比は6月が1.6%増、7月が4.8%増。(2022/09/06調査)
レギュラーコース月額基本料入会月無料

ドラッグストアに関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(4)青森県(1)岩手県(2)宮城県(1)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
中部地方
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(2)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(3)広島県(2)山口県(1)
四国地方
徳島県(1)香川県(0)愛媛県(2)高知県(0)
九州地方
福岡県(5)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(1)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)