容器・包装梱包資材卸

容器・包装梱包資材卸の業界分類
容器・包装梱包資材卸の業界定義
金属、ガラス、樹脂製容器や各種包装材料の中間流通を主要事業として行う。

容器・包装梱包資材卸の業界概要

21年の市場規模、包装機械を含め6兆円超
金属やガラス、プラスチックから紙製まで、各種の容器や各種包装材料の中間流通を手がける業態である。容器・包装梱包資材は、身近な食品や日用品などから工業用品まで欠くことのできない資材といえる。
ボトル系では、PETボトル、チルド飲料用カップ、飲料缶、ガラスびん、飲料カートン、ガロンボトル、PETボトル用キャップ材などがある。食品容器では、PSP(発泡スチロール)食品容器、PP(ポリプロピレン)発泡食品容器、パルプモールド容器など。(2022/07/07調査)
業界レポートを購入することで、より幅広い情報を収集できます
業界をイチから知るなら

日経業界分析レポート

日本経済新聞社・2022年7月14日更新・PDF 20P
業界概要、バリューチェーン、市場規模、業界トレンド、業界地図、競合環境 などを収録
日経テレコンのアカウントで購入
最近の動きをまとめて知るなら

日経NEEDS業界解説レポート

日本経済新聞社・2022年7月20日更新・PDF 20P
業界推移、市場動向、主な業界統計、企業活動情報 などを収録
日経テレコンのアカウントで購入

容器・包装梱包資材卸の市場動向

容器包装資材、環境規制への対応迫られる
容器・包装梱包資材の卸業者には、流通過程での保護機能のほか、商品の見栄えを良くするなど提案力が求められるようになった。顧客のニーズをヒアリングし、その要求を容器・包装梱包資材メーカーにフィードバックすることも重要な役割である。
さらに、1995年に成立した容器包装リサイクル法では、飲料メーカーなど容器・包装の利用者に一般廃棄物の減量と資源の有効活用が義務づけられた。このため卸業者は、容器の軽量化やリサイクルしやすい素材の調達、提案が営業に不可欠になっている。(2022/07/07調査)

容器・包装梱包資材卸の競合状況

食品・通販需要堅調、各社独自カラーで販路拡大
新型コロナ感染拡大の影響を受けるものの、通販需要などが伸びているため業績への影響は比較的少ない。
包装梱包資材の卸売りを手掛ける高速は、東日本大震災後、営業拠点新設やM&A(合併・買収)で事業を拡大している。2022年3月期連結決算は、売上高が前の期比6.2%増の918億1700万円、営業利益が同10.7%増の36億9600万円だった。2012年に札幌営業所開設。13年には秋田と北海道で同業の専門商社を買収し、営業エリアを拡大した。同年には四国にも進出した。2022年1月現在、東日本を中心に直営52営業所、グループ会社による23営業拠点を展開する。(2022/07/07調査)
レギュラーコース月額基本料入会月無料

容器・包装梱包資材卸に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(1)青森県(0)岩手県(0)宮城県(2)秋田県(1)山形県(0)福島県(1)
関東地方
茨城県(0)栃木県(1)群馬県(0)埼玉県(2)千葉県(0)東京都(15)神奈川県(0)
中部地方
新潟県(2)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(1)静岡県(2)愛知県(2)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(1)大阪府(9)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(1)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(1)高知県(0)
九州地方
福岡県(2)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(1)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)