駐車場運営

駐車場運営の業界分類
駐車場運営の業界定義
自ら所有する、もしくは地主からの依頼に基づき、駐車場の管理、運営を主要事業として使用する。

駐車場運営の業界概要

駐車場のシェアリングサービス急成長
この業界では、自らの所有地や地主の依頼に基づき、駐車場の管理、運営を手がける企業が対象となる。
我が国の自動車保有台数は2022年1月末で約8256万台(貨物車、2輪車を含む)に達し、保管場所の確保が義務づけられている。駐車場は個人の住宅や月決め駐車場以外に、附置義務駐車場、自走式駐車場、時間貸し駐車場(コインパーキング)がある。カーシェアリングの普及もあって、附置義務駐車場の附置台数が過大になりつつあるとの見方もあり、18年度から規制が緩和された。(2022/05/12調査)
業界レポートを購入することで、より幅広い情報を収集できます
日経業界分析レポートサンプル
ビジュアルでわかりやすい日経業界分析レポート
  • 日経記者が業界情報を解説
  • 市場環境、市場規模予測、技術・法規制の動向など業界の情報を網羅
  • 業界地図やバリューチェーンなどビジュアルでわかりやすく
各約20ページ。2021年2月10日現在、241業界のレポートを提供しています。
※日経テレコンへのログインが必要です
日経NEEDS業界解説レポートサンプル
より新しい情報なら日経NEEDS業界解説レポート
  • 日経業種業界 約550業種動向、企業の活動状況
  • 高い更新頻度で、より新しい情報を
各約20ページ。2021年8月16日現在、約550業界のレポートを提供しています。
※日経テレコンへのログインが必要です

駐車場運営の市場動向

20年度貸し駐車場売上高、11.6%減・外出自粛響く
日本経済新聞の「第39回サービス業調査」によると、20年度(20年8月~21年7月決算)の貸し駐車場の売上高は前年度より11.6%減少した。新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛の動きが広がり、時間貸し駐車場やカーシェアの稼働が低迷した。
国土交通省の自動車駐車場年報(20年度)によると、時間貸し駐車場や公共施設・商業施設の駐車場(月決め駐車場や住宅の車庫は含まず)の供給台数は20年3月末時点で538万台(前年同期比0.8%増)。そのうち、届出駐車場(一般向けで料金を徴収し500平方メートル以上)は187万台、一定規模以上の施設に設置が義務付けられる附置義務駐車場が334万台、都市計画駐車場11万台などとなっている。以上には500平方メートル未満のコインパーキングなどは含まれない。狭小なコインパーキングや月決め駐車場などを含めた総供給台数は、パーク24の推計では約700万台あるという。(2022/05/12調査)

駐車場運営の競合状況

パーク24、カーシェアリングでも最大手
駐車場運営の大手はパーク24、三井不動産リアルティなど東京、大阪、名古屋、福岡などの大都市に限られている。
業界最大手のパーク24は「タイムズ24」の名称で無人時間貸し駐車場を展開している。国内の駐車場運営台数は73万4724台(22年3月末現在)で業界トップ。海外の駐車場運営事業者を買収、韓国、台湾とあわせ7カ国・地域に進出している。21年10月期の売上高(連結)は2511億円(前の期比6.6%減、以下同)、営業利益は80億円の赤字(前の期は146億円の赤字)と2期連続で赤字になった。新型コロナウイルスの影響から車での移動が減っており、時間貸し駐車場「タイムズ」やカーシェアの売り上げが落ち込んだ。22年1月、同社の展開する駐車場「タイムズパーキング」でアプリで駐車場料金の支払いができるサービスを開始した。(2022/05/12調査)
レギュラーコース月額基本料入会月無料

駐車場運営に関連するビジネステーマ

スペースシェアリング
空きスペースなどの遊休資産を事業者が有効活用できる「スペースシェアリングサービス」に関連するテーマを取り扱う。

駐車場運営に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(1)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(11)神奈川県(2)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(2)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(1)静岡県(0)愛知県(2)
近畿地方
三重県(1)滋賀県(0)京都府(1)大阪府(4)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(1)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(3)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(1)沖縄県(0)