日経テレコン

リフォーム・内装工事・修理

リフォーム・内装工事・修理の業界分類
リフォーム・内装工事・修理の業界定義
住宅、ビル等建物、店舗等商業施設の内装工事、増改築・改装、修理ならびにメンテナンスを中心に請負う。

リフォーム・内装工事・修理の業界概要

住宅リフォームの主な担い手は独立系工務店
リフォーム・内装工事・修理に関わる業界は、住宅と非住宅系建物全般の内装・設備を中心とした各種修理・設備交換業務を行う。 国土交通省「建築物リフォーム・リニューアル調査」(建築許可業者5000社を対象)によると、2020年度の受注額は前年度比16.5%減の10兆6355億円に上る。うち非住宅系が7兆4457億円(同19.5%減)と大きく、住宅系工事は3兆1898億円(同8.7%減)にとどまる。ここでは住宅系を「リフォーム市場」とする。
リフォーム市場は成長分野として注目されてきたが、好調な新築需要に奪われて16年度下半期をピークに受注額は伸び悩む。矢野経済研究所(東京・中野)によると、20年の国内住宅リフォーム市場規模は前年とほぼ横ばいの6兆5298億円。新型コロナ感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で当初は大きく落ち込んだが、在宅時間が長くなったことで住空間への投資が盛り返した。21年は6.7兆円、22年は6.9兆円を予測する。(2021/09/11調査)

ニュース記事検索(最新10件)

リフォーム・内装工事・修理の市場動向

首都圏で「空き家バンク」利用活況
住宅リフォームの対象は、躯体(基礎・構造)、屋根・外壁、屋内装飾、住宅設備機器に大きく分類できる。家具・インテリア、外構・エクステリアなど、住まいに関連するものは全て対象となる。
政府は14年から、住宅政策をストック重視に転換した。補助金と税制優遇で市場規模を10年で2倍の20兆円にする目標を立てる。リフォームの業界団体にお墨付きを与える制度を始め、住宅金融支援機構の長期固定型住宅ローン「フラット35」の対象に中古住宅改修費用も加えた。住宅金融支援機構は、中古住宅を購入してリフォーム工事をする場合に、「フラット35」の金利を年0.5%下げた「フラット35リノベ」制度を導入、16年10月から受付を始めた。(2021/09/11調査)

リフォーム・内装工事・修理の競合状況

コロナ禍の自粛などで20年度業績は悪化
日本経済新聞社の「第38回サービス業調査」によると、19年度(19年8月~20年7月決算)の住宅リフォームの売上高は、前年度に比べて3.2%伸びた。前回調査を0.3ポイント上回った。19年10月の消費税率引き上げ前に駆け込み需要が発生。増税後には国土交通省が「次世代住宅ポイント制度」を導入したため、反動減が小さかった。
しかし、20年度のリフォーム会社は、業績悪化が相次いでいる。新型コロナウイルスの感染拡大で、緊急事態宣言による工事中断や営業自粛が響いた。(2021/09/11調査)

業界レポートを購入することで、より幅広い情報を収集できます

業界の"今"と"明日"を知る『日経業界分析レポート』

日本経済新聞の記者が業界情報を網羅的に、分かりやすく解説します。
業界の現状を把握するための市場シェアや競争環境に加え、業界の今後を知るための市場規模予測やバリューチェーン、技術・法規制の動向、グローバル市場の影響など幅広く網羅しています。業界地図やバリューチェーンなどビジュアル面にもこだわりました。
各約20ページ。2021年2月10日現在、241業界のレポートを提供しています。
※日経テレコンへのログインが必要です
レギュラーコース月額基本料入会月無料