建築材料(床材・内装材)

建築材料(床材・内装材)の業界分類
建築材料(床材・内装材)の業界定義
床材等の建材を製造する。木製のドア、システム収納ユニットを含む。カーテン、カーペット等のインテリア用品を除く。

建築材料(床材・内装材)の業界概要

国内床材市場は4500億円規模
床材や内装材を製造する。床材の代表的なものにフローリングがある。フローリングには無垢や複合などがあるが、種類が豊富なうえ単価の安さなどから複合フローリングが使われることが多い。フローリングの台板は価格や品質、扱い易さなどから、インドネシアやマレーシアなどからの輸入材が主流となっている。
メーカーは環境対応や高付加価値などをアピールし、製品の量から質への転換に取り組んでいる。また、MDF(中質繊維板)や国産針葉樹合板などの代替素材の開発に取り組み、台板の代替に拍車がかかっている。需要は国内向けが大半で海外向けは少ない。また、ドアやシステム収納ユニットなどに使われる素材の中心になるのはフローリングに合わせて木製が多い。(2022/07/14調査)
業界レポートを購入することで、より幅広い情報を収集できます
日経業界分析レポートサンプル"
日経業界分析レポート 建築材料(床材・内装材)
日本経済新聞社・2022/08/08 10:15更新・PDF形式・各約20ページ
  • 日経記者が業界情報を解説
  • 市場環境、市場規模予測、技術・法規制の動向など業界の情報を網羅
  • 業界地図やバリューチェーンなどビジュアルでわかりやすく
※日経テレコンへのログインが必要です
日経NEEDS業界解説レポートサンプル"
日経NEEDS業界解説レポート 建築材料(床材・内装材)
日本経済新聞社・2022/07/20 14:17更新・PDF形式・各約20ページ
  • 日経業種業界 約550業種動向、企業の活動状況
  • 高い更新頻度で、より新しい情報を
※日経テレコンへのログインが必要です

建築材料(床材・内装材)の市場動向

壁紙出荷、21年度6.2%増
日本複合・防音床材工業会によると、カラーフロアが全体の約7割を占めている。しかし、メーカー各社は収益性の低いカラーフロアから高付加価値品へシフトしているため、カラーフロアの比率は低下傾向にある。
需要減少や価格競争の激化などで収益的にも極めて厳しい環境となり、各社はリフォーム需要に注力している。国産材・MDF(中質繊維板)・植林木など環境対応もコストアップの要因となっている。(2022/07/14調査)

建築材料(床材・内装材)の競合状況

サンゲツ、クレアネイトを完全子会社化
大建工業は住宅リフォーム市場に向けて省施工を切り口に床材や収納の新工法を開発する。19年1月にテーオーホールディングス(北海道函館市)と無垢材フローリング事業のテーオーフローリング(東京・練馬)を設立した。12月には三重工場(津市)の床材生産を増強。床基材に化粧シートを高速で貼るラミネート設備の新ラインを導入した。22年3月期の建材事業は前の期比3.6%の増収。新築住宅・リフォーム市場と公共・商業建築分野向けの床材・ドア・音響製品の販売が増加した。
小松ウオール工業は間仕切り全体の国内シェアは20%だが、単価が高く利益率も高めの大型の移動間仕切り分野で約70%を握る。コロナ禍で可動式間仕切り「コロコロ」に力を注いでいる。キャスター付きで自在に動き、1人の空間や打ち合わせの場など柔軟にオフィス空間を調整できる。22年3月期(単独)は前の期比2.9%の増収。官公庁、民間向けともにオフィス需要が回復した。可動間仕切りやロー間仕切りが好調だった。(2022/07/14調査)
レギュラーコース月額基本料入会月無料

建築材料(床材・内装材)に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(3)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(1)山形県(0)福島県(1)
関東地方
茨城県(0)栃木県(1)群馬県(1)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(6)神奈川県(1)
中部地方
新潟県(0)富山県(1)石川県(0)福井県(1)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(1)静岡県(0)愛知県(2)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(5)兵庫県(1)奈良県(1)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(1)広島県(1)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(3)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)