土壌調査・航空測量

土壌調査・航空測量の業界分類
土壌調査・航空測量の業界定義
土壌汚染に関するコンサルティング・土壌調査・有害物質の分析・浄化処理並びに、航空測量を中心に請負う。

土壌調査・航空測量の業界概要

土壌調査・対策事業の20年度受注高は687億円、2年ぶり減少
土壌調査・分析とは、「有機溶剤・重金属・農薬など人が直接的・間接的に摂取した際に健康被害を与える有害物質が土壌の中に、どの程度含まれているか」を調査・分析することである。
近年、土壌汚染対策法(2003年施行、10~11年改正)が制定され、一定規模の土地開発時には土壌調査が義務化されている。それ以外でも、工場やガソリンスタンド跡地の土地取引・開発時には自主的に行われるようになってきている。義務化されている土壌調査は、環境大臣に指定された調査機関しか実施することができない。20年4月現在、指定調査機関は716(事業所数868)。(2022/05/05調査)
業界レポートを購入することで、より幅広い情報を収集できます
日経業界分析レポートサンプル
ビジュアルでわかりやすい日経業界分析レポート
  • 日経記者が業界情報を解説
  • 市場環境、市場規模予測、技術・法規制の動向など業界の情報を網羅
  • 業界地図やバリューチェーンなどビジュアルでわかりやすく
各約20ページ。2021年2月10日現在、241業界のレポートを提供しています。
※日経テレコンへのログインが必要です
日経NEEDS業界解説レポートサンプル
より新しい情報なら日経NEEDS業界解説レポート
  • 日経業種業界 約550業種動向、企業の活動状況
  • 高い更新頻度で、より新しい情報を
各約20ページ。2021年8月16日現在、約550業界のレポートを提供しています。
※日経テレコンへのログインが必要です

土壌調査・航空測量の市場動向

航空測量、広がるドローン活用
土壌調査・分析と航空測量は、航空測量事業者が土壌調査業や建設コンサルタント業をあわせて行っている場合もある。官需の割合が高いため、近年の公共事業の削減の影響を受けており、民間需要を開拓する事業者が多くなっている。
土壌調査・分析は法施行後、一気に市場が立ち上がり、リーマン・ショック前までは急激に成長した。その後、不動産取引の低迷や参入企業の増加によって価格競争が激しくなっている。(2022/05/05調査)

土壌調査・航空測量の競合状況

ダイセキ環境ソリューションの22年2月期、大幅な増収増益、大型工事の完工集中
土壌調査・分析は、航空測量をはじめとした測量・地質事業者、保険会社や専門の独立系調査会社、環境関連のプラントエンジニアリング事業者、ゼネコンなどが展開している。主要企業とその業績などは以下の通り。
【専門事業者】(2022/05/05調査)

土壌調査・航空測量の関連企業

国際航業株式会社
■国際航業株式会社 航空測量、空間情報コンサルタント、建設コンサルタント
株式会社パスコ
空間情報サービス、測量・計測、建設コンサルタント、システム開発
企業名業界概要
総合建設コンサルタント
■国際航業株式会社 航空測量、空間情報コンサルタント、建設コンサルタント
空間情報サービス、測量・計測、建設コンサルタント、システム開発
レギュラーコース月額基本料入会月無料

土壌調査・航空測量に関連するビジネステーマ

GNSS、写真、LiDARなど様々なリモートセンシングシステムを搭載したモビリティから、地理空間データを収集するシステム「モービルマッピングシステム」に関するビジネステーマ

土壌調査・航空測量に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
中部地方
近畿地方
三重県(0)滋賀県(2)京都府(2)大阪府(2)兵庫県(4)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(1)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(2)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(1)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)