ペットフード・用品

ペットフード・用品の業界分類
ペットフード・用品の業界定義
ペットフード、ペット関連用品を製造、販売を行う。畜産・酪農用の飼料製造は除く。
ビジネステーマ
ペット給餌機

ペットフード・用品の業界概要

ペット関連市場規模、21年度1兆6543億円
この業界はペットフード、ペット関連用品の製造・販売を行う企業が対象。矢野経済研究所によると、2020年度のペット関連の市場規模は小売金額ベースで前年度比3.4%増の1兆6242億円となる見込み。新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が続く中、ペットと過ごす時間が増えて関連商品の需要が拡大した。21年度は同1.9%増の1兆6543億円になる見通し。富士経済によると、20年のペットフードの市場規模は前年比3.3%増の3765億円。ドッグフードは減少したが、キャットフードやスナックが伸びた。
ペットフード協会によると、20年の犬の推計飼育頭数は前年比3.5%減の約848万9000頭と6年連続で減少。猫の推計飼育頭数は1.4%減の約964万4000頭で5年ぶりに減少した。犬、猫合わせた飼育頭数は横ばいないし減少傾向で、ペットフード各社は機能や品質を充実した高価格商品の開発に力を入れている。また、ペットの平均寿命は20年で犬が14.48歳(前年14.44歳)、猫が15.45歳(同15.03歳)と高齢化しており、高齢ペット向けの商品・サービスが拡充してきている。(2022/01/11調査)
業界レポートを購入することで、より幅広い情報を収集できます
日経業界分析レポートサンプル
ビジュアルでわかりやすい日経業界分析レポート
  • 日経記者が業界情報を解説
  • 市場環境、市場規模予測、技術・法規制の動向など業界の情報を網羅
  • 業界地図やバリューチェーンなどビジュアルでわかりやすく
各約20ページ。2021年2月10日現在、241業界のレポートを提供しています。
※日経テレコンへのログインが必要です
日経NEEDS業界解説レポートサンプル
より新しい情報なら日経NEEDS業界解説レポート
  • 日経業種業界 約550業種動向、企業の活動状況
  • 高い更新頻度で、より新しい情報を
各約20ページ。2021年8月16日現在、約550業界のレポートを提供しています。
※日経テレコンへのログインが必要です

ペットフード・用品の市場動向

コロナ下で「おやつ代」が高額化
ペットフードはペットの高齢化に対応し、「13歳以上用」「15歳以上用」などシニア向けの高付加価値商品が発売され、需要を拡大している。犬種の体格や特徴にあわせて栄養素や素材を配合した犬種別も展開。猫用では性別に合わせたおやつを販売するメーカーも出てきた。スナック類ではデンタルケアをコンセプトにした商品が売り上げを伸ばしている。ペットフード市場の成熟化が進むなか、商品を細分化している。
今後は高価格で利益率が高いプレミアムフードの展開が続くとみられる。無添加やノンアレルギーなどさらなる差別化を強調したスーパープレミアムフード、プレミアムフードとエコノミーフードの中間的な準プレミアムフードなどの発売が予想される。(2022/01/11調査)

ペットフード・用品の競合状況

日清製粉グループ本社、ペットフード事業から撤退
ペットフードは減塩など健康志向を掲げた新製品を各社が発売し、需要を拡大した。ユニ・チャーム、マースジャパンリミテッド、ネスレ日本、日本ヒルズ・コルゲートなどが上位。日本経済新聞社が2019年11月に実施したキャットフードのバイヤー調査(スーパー57社が回答)によると、ブランド別評価で首位となったのはユニ・チャームの「銀のスプーン」、2位はマースジャパンリミテッドの「カルカン」だった。
ユニ・チャームは「銀のスプーン」のほか、犬用のドライ・ウエットタイプの「愛犬元気」などのブランドで有名。高齢犬用の製品を充実させている。(2022/01/11調査)
レギュラーコース月額基本料入会月無料

ペットフード・用品に関連するビジネステーマ