半導体(集積回路・半導体素子)

半導体(集積回路・半導体素子)の業界分類
半導体(集積回路・半導体素子)の業界定義
集積回路及び半導体素子(ダイオード、トランジスタ等)を製造する。LED素子(発光ダイオード)、イメージセンサーを除く。

半導体(集積回路・半導体素子)の業界概要

世界半導体売り上げ、21年5000億ドルを突破
半導体とは電気を通す「導体」と電気を通さない「絶縁体」の中間の性質を持つシリコンなどの物質を使い、電気の流れを制御できる性質を利用して作られた電子回路のこと。あらゆる電化製品・設備のほか、自動車などにも搭載されるため、「産業のコメ」とも言われ、産業全体を支える基盤のような存在といえる。米国半導体工業会(SIA)によると21年の世界の半導体売上高は、過去最高となる前年比26.2%増の5559億ドル(約64兆2800億円)だった。5000億ドルを上回るのは初めて。22年も6000億ドルを上回る見通しを示す。半導体不足が世界的な課題となるなか、各社が生産能力を引き上げたことで、出荷数も過去最高の1兆1500億個となった。また、半導体業界の国際団体SEMIによると、21年の半導体材料の販売額が642億ドルになった。過去最高だった20年の554億ドルから16%拡大した。また、21年の製造装置の世界売上高が20年比44%増の1026億ドルになったと発表した。材料の販売額も同16%増で、いずれも過去最高を更新した。
主要な半導体メーカーでつくる世界半導体市場統計(WSTS)では、半導体を①ダイオード、トランジスタなど「ディスクリート(個別半導体素子)」②撮像素子、レーザー素子などの「オプトエレクトロニクス」③「センサー/アクチュエーター」④「集積回路(IC)」の4種類に分類しているが、出荷額の約8割をICが占める。ICとは様々な機能の半導体素子を集積させた電子部品で、「演算」などを処理するMPUや「記憶」を担うメモリー、アナログ信号を増幅、制御するアナログ半導体などがある。ICの集積度を高めたものをLSI、複数のLSIによるシステムを1個にまとめたものをシステムLSIという。システムLSIを構成する要素を1つのチップ上に形成した「SoC(システム・オン・チップ)」の利用も広がっている。(2022/04/22調査)
業界レポートを購入することで、より幅広い情報を収集できます
日経業界分析レポートサンプル
ビジュアルでわかりやすい日経業界分析レポート
  • 日経記者が業界情報を解説
  • 市場環境、市場規模予測、技術・法規制の動向など業界の情報を網羅
  • 業界地図やバリューチェーンなどビジュアルでわかりやすく
各約20ページ。2021年2月10日現在、241業界のレポートを提供しています。
※日経テレコンへのログインが必要です
日経NEEDS業界解説レポートサンプル
より新しい情報なら日経NEEDS業界解説レポート
  • 日経業種業界 約550業種動向、企業の活動状況
  • 高い更新頻度で、より新しい情報を
各約20ページ。2021年8月16日現在、約550業界のレポートを提供しています。
※日経テレコンへのログインが必要です

半導体(集積回路・半導体素子)の市場動向

M&A加速、事業モデルは「複合型」に
回路線幅を縮小する「微細化」と、シリコンウエハーを大きくする「大口径化」を軸とした半導体の進化により、低コスト化、低消費電力化、処理速度や信頼性が向上し、搭載した最終製品の進化の原動力となってきた。半導体の製品利用もAV機器向けから、ゲーム機向け、パソコン、情報通信機器、産業機器へと広がり、現在はスマートフォン(スマホ)向けが全体の25%を占めるといわれている。ただ、スマホ向けは成熟期に入りつつあり、新たなけん引役となるのが現在10%程度の自動車向けの「車載」と、「IoT」の分野だ。
回路微細化のペースが鈍る中、複数チップを積み重ねて性能を高める3次元(3D)技術が注目を集める。台湾積体電路製造(TSMC)や米インテルなどのほか、日本の装置・材料メーカーなどが技術開発を競う。(2022/04/22調査)

半導体(集積回路・半導体素子)の競合状況

新興勢力台頭、国内勢は事業再編・新分野で対抗
1980年代に世界一となった日本の半導体産業だが、日本企業のシェアは長期低落傾向にある。電子情報技術産業協会(JEITA)の「電子情報産業の世界生産見通し」(2018年12月公表)によると、18年の世界の半導体市場に占める日系企業のシェアは10%で、電子部品、AV機器などに比べ、存在感が薄い。
企業別の売上高ランキングでも、パソコン用CPU最大手の米インテル、DRAM、NAND型フラッシュメモリー最大手の韓国サムスン電子、スマホ向けプロセッサー最大手の米クアルコムなどが上位を占め、トップ10に残る日本企業はNAND型フラッシュメモリーで世界2位の東芝だけだった。水平分業化の進展で、回路設計大手の英アーム・ホールディングスやファウンドリー最大手の台湾積体電路製造(TSMC)なども世界市場で存在感を示す。TSMCは21年2月、茨城県つくば市に日本初となる本格的な開発拠点を設けると発表した。さらに、日本で初めてとなる工場を、ソニーグループと共同で熊本県に建設すると21年11月に発表した。当初の設備投資額は約70億米ドル(約8000億円)で、工場を運営する合弁会社にソニーが約5億米ドル(約570億円)を出資する。24年末までに量産を始める。半導体不足が長期化するなか、日本政府は岸田政権の看板政策の一つでもある、経済安全保障上の観点から、数千億円規模の補助金などを通じて支援する方針だ。(2022/04/22調査)

半導体(集積回路・半導体素子)の関連企業

ミツミ電機株式会社
・電気機械器具の製造および販売 ・計測機械器具、光学機械器具、医療衛生機械器具および電子工業応用製品の製造および販売
企業名業界概要
各種半導体、電源・電子応用機器の開発・製造・販売
・電気機械器具の製造および販売 ・計測機械器具、光学機械器具、医療衛生機械器具および電子工業応用製品の製造および販売
パワー半導体,電源,電装製品の製造及び販売
レギュラーコース月額基本料入会月無料

半導体(集積回路・半導体素子)に関連するビジネステーマ

半導体(集積回路・半導体素子)に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(1)宮城県(1)秋田県(0)山形県(3)福島県(0)
関東地方
茨城県(2)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(1)千葉県(0)東京都(19)神奈川県(6)
中部地方
新潟県(0)富山県(2)石川県(2)福井県(0)山梨県(2)長野県(1)岐阜県(0)静岡県(3)愛知県(0)
近畿地方
三重県(1)滋賀県(0)京都府(3)大阪府(2)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(1)岡山県(3)広島県(1)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(1)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(3)佐賀県(0)長崎県(1)熊本県(4)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)