金属プレス・鋳造機械

金属プレス・鋳造機械の業界分類
金属プレス・鋳造機械の業界定義
金属を金型等で加工(鍛造、屈曲、圧延、切断、鋳造)する際に用いる機械を製造する。

金属プレス・鋳造機械の業界概要

自動車・電機産業が主要顧客
プレス機械は金属に圧力を加え、主に金型で素材の形を変えるのに使う。自動車ボディーや家電品の外装カバー、小さなギアを生産する場合に使う。工作機械で金属を1つ1つ削るのに比べ、規格品を効率良く大量に生産できるのが特徴。サイズにより顧客も様々だが、自動車と電機産業が主要顧客。両業界の設備投資動向によってプレス機械メーカーの受注額も左右される。
プレス機械は、機械プレスと油圧プレスに分けられる。機械プレスは電動モーターで動かす。中でもサーボモーターを使って精密な位置制御ができるようにした機種が「サーボプレス」。ロール状の金属板をプレスして送り、再びプレスして送るという動きを繰り返す「精密自動プレス」は電子部品のコネクター製造などに使う。1台のプレス機に複数の金型を装着して多くの工程をこなせるようにしたのが「トランスファープレス」だ。(2022/07/24調査)
業界レポートを購入することで、より幅広い情報を収集できます
業界をイチから知るなら

日経業界分析レポート

日本経済新聞社・2022年1月13日更新・PDF 20P
業界概要、バリューチェーン、市場規模、業界トレンド、業界地図、競合環境 などを収録
日経テレコンのアカウントで購入
最近の動きをまとめて知るなら

日経NEEDS業界解説レポート

日本経済新聞社・2022年7月29日更新・PDF 20P
業界推移、市場動向、主な業界統計、企業活動情報 などを収録
日経テレコンのアカウントで購入

金属プレス・鋳造機械の市場動向

21年度鍛圧機械総受注額、3年ぶり増
日本鍛圧機械工業会がまとめた2021年度の鍛圧機械のサービスを含む総受注額(国内+輸出)は前年度比49.1%増の4382億円で、急回復となった。3年ぶりの前年比増。うちプレス系機械は60.8%増の1432億円、板金系機械は66.6%増の1208億円。
経済産業省の生産動態統計によると、20年の「機械プレス」の国内生産額は前年比20.1%減の820億円、生産台数は同33.2%減増の1719台にとどまった。「鋳造装置」も国内生産額が前年比31.0%減の365億円、生産台数は同30.9%減の1263台と低調だった。(2022/07/24調査)

金属プレス・鋳造機械の競合状況

日立造船、コロナ禍で海外での据え付け工事遠隔化へ
日本のプレス機械メーカーでは、アイダエンジニアリングやエイチアンドエフ(福井県あわら市)、コマツ傘下のコマツ産機(金沢市)、アマダが4強。専業の上場中堅としては、小島鉄工所が油圧プレス機を手がける。
エイチアンドエフやコマツ産機は自動車ボディー製造用のプレス機械を手掛け、自動車大手と取引している。アイダは部品メーカーや電機メーカーの協力企業との取引が大半。アマダはパンチングプレスやベンディングなどの板金機械が主力で、プレス機械は小型機が中心。(2022/07/24調査)
レギュラーコース月額基本料入会月無料

金属プレス・鋳造機械に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(1)山形県(0)福島県(0)
近畿地方
三重県(1)滋賀県(0)京都府(2)大阪府(3)兵庫県(1)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(1)山口県(1)
四国地方
徳島県(1)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(2)佐賀県(1)長崎県(1)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)