水処理機器・環境装置

水処理機器・環境装置の業界分類
水処理機器・環境装置の業界定義
水質処理のための各種機械や、排ガス除去装置、濾過装置等の機械を製造する。水処理膜の製造を含む。

水処理機器・環境装置の業界概要

水処理関連の国内市場規模は約8800億円
水処理ビジネスは上下水道の運営、処理装置や膜などの部材、上下水道管、排ガスやごみ処理装置などの製造を手掛ける業界。
経済産業省の試算によると、世界の上下水処理や産業用水などの水関連市場の規模は2007年時点で約36.2兆円だったが、25年には約86.5兆円に達する。ただ、民営化された市場は1~2割程度。9割近くが上下水インフラ関係になる。日本では上水道の普及率は15年3月末時点で97.7%、下水道の普及率も77.6%と高く、更新需要が主体となる。水道資産の7割を水道管が占める。(2022/06/09調査)
業界レポートを購入することで、より幅広い情報を収集できます
日経業界分析レポートサンプル"
ビジュアルでわかりやすい日経業界分析レポート
  • 日経記者が業界情報を解説
  • 市場環境、市場規模予測、技術・法規制の動向など業界の情報を網羅
  • 業界地図やバリューチェーンなどビジュアルでわかりやすく
各約20ページ。2021年2月10日現在、241業界のレポートを提供しています。
※日経テレコンへのログインが必要です
日経NEEDS業界解説レポートサンプル"
より新しい情報なら日経NEEDS業界解説レポート
  • 日経業種業界 約550業種動向、企業の活動状況
  • 高い更新頻度で、より新しい情報を
各約20ページ。2021年8月16日現在、約550業界のレポートを提供しています。
※日経テレコンへのログインが必要です

水処理機器・環境装置の市場動向

改正水道法が成立 水メジャーが本格進出の動き
2050年に39億人が水不足に陥るとの指摘があり、水ビジネスを巡る業界の動向が注目されている。21年12月、世界首位の仏ヴェオリア・エンバイロメントによる業界2位の仏スエズ・エンバイロメントの買収を欧州連合(EU)の欧州委員会が認めると発表した。売上高約370億ユーロ(4兆8000億円)と圧倒的な規模を持つ水メジャーが誕生し、国内勢との差はさらに広がる見通しだ。
国内では自治体が設備を保有したまま水道事業の運営を民間企業に委託する「コンセッション方式」の促進を盛り込んだ改正水道法が18年12月に成立。これを受け、水メジャーが本格進出の動きを見せている。(2022/06/09調査)

水処理機器・環境装置の競合状況

栗田工業、買収で世界4極体制めざす
上下水インフラには装置や部材メーカー、建設を手掛けるプラント会社など多数の企業が参画している。上下水施設を総合的に手掛ける企業では日立製作所、メタウォーターのほか、荏原、日揮、三菱商事の3社が共同出資する水ingなどが大手。下水汚泥処理装置では月島機械が国内市場3割を占めトップ。
日立製作所は14年6月、仏ヴェオリア・エンバイロメントの水処理子会社と提携した。中東やアフリカ、アジアでの上下水処理や海水の淡水化プラントの受注で協力している。22年3月期の連結決算における水・環境部門の売上高は前の期比5%増の1823億円、調整後営業利益は同3%増の164億円。(2022/06/09調査)
レギュラーコース月額基本料入会月無料

水処理機器・環境装置に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(1)山形県(0)福島県(1)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(1)千葉県(0)東京都(16)神奈川県(4)
中部地方
新潟県(0)富山県(1)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(2)岐阜県(0)静岡県(4)愛知県(4)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(1)京都府(2)大阪府(5)兵庫県(4)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(1)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(1)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(1)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)