工業用ガス

工業用ガスの業界分類
工業用ガスの業界定義
主に生産設備において使用される工業用ガス(酸素、窒素、アルゴン、水素、ヘリウム等)を製造する。

工業用ガスの業界概要

特殊ガスは電機業界動向で業績左右 19年の出荷額は4079億円(工業統計)
鉄鋼や化学、電機、食品など幅広い産業で使うガスを供給する。代表的なのは酸素、窒素、アルゴン。酸素は製鉄などで高温燃焼を促し、原料の溶解に使ったり、医療分野で酸素マスクとして使ったりする。
化学反応を起こしにくい窒素は化学プラントなどで空気の代わりに充?し、爆発予防のために使われることが多い。アルゴンは高温や高圧でも化学反応を一切起こさないため、超高純度シリコン単結晶の製造や精錬などに使われる。(2022/09/14調査)
業界レポートを購入することで、より幅広い情報を収集できます
業界をイチから知るなら

日経業界分析レポート

業界概要、バリューチェーン、市場規模、業界トレンド、業界地図、競合環境 などを収録
日本経済新聞社・2021年3月11日更新・PDF 22P
最近の動きをまとめて知るなら

日経NEEDS業界解説レポート

業界推移、市場動向、主な業界統計、企業活動情報 などを収録
日本経済新聞社・2022年9月21日更新・PDF

工業用ガスの市場動向

ウクライナ情勢が半導体用ガス供給に暗雲
日本産業・医療ガス協会によると、21年の販売量は、酸素が前年比14.7%増、窒素が5.0%増、アルゴンが3.2%増、溶解アセチレンが1.6%減など。
空気分離装置は大量に電気を使うため、電力料金が生産コストの4割を占めるとされる。省エネ化を進めるものの、業界全体で日本の総需要の1%にあたる年間90億キロワット時の電力を使っている。電力料金の引き上げは即コスト増につながる。装置は24時間稼働を続けるうえ、起動に数時間かかるため、他業界以上に電力の安定供給が必要といえる。(2022/09/14調査)

工業用ガスの競合状況

住友精化の今期予想は増収減益
空気分離装置を持ち、酸素、窒素、アルゴンを製造する専業ガスメーカーは1990年代以降合併がすすみ、国内は大陽日酸(現日本酸素HD傘下)、エア・ウォーター、仏エア・リキード日本法人の日本エア・リキードにほぼ集約され、兼業メーカーの岩谷産業を含めて、大手グループを形成している。半導体や液晶パネル製造向けの特殊ガスは化学メーカーが事業の1つとして手掛ける。アセチレンは高圧ガス工業、東邦アセチレンが手掛ける。炭酸ガスは大陽日酸子会社の日本液炭、昭和電工子会社の昭和炭酸などが販売している。小池酸素工業はガスを使った切断機とガスなどを手掛けている。半導体製造に不可欠なフッ素系ガスは昭和電工やダイキン、関東電化工業が製造している。
国内最大手で世界4位の日本酸素HDは、三菱ケミカルHDの上場子会社。国内産業ガス事業を手掛ける大陽日酸が20年10月1日から持ち株会社制に移行、社名を「日本酸素ホールディングス(HD)」として再発足した。ガス需要の大きな伸びが期待できないなか、周辺事業の拡大に取り組む。(2022/09/14調査)

工業用ガスの関連企業

エア・ウォーター株式会社
(1)産業ガス関連事業 (2)ケミカル関連事業 (3)医療関連事業 (4)エネルギー関連事業 (5)農業・食品関連事業 (6)物流関連事業 ...
レギュラーコース月額基本料入会月無料

工業用ガスに関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(2)青森県(0)岩手県(0)宮城県(1)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
中部地方
新潟県(1)富山県(0)石川県(0)福井県(1)山梨県(0)長野県(1)岐阜県(1)静岡県(0)愛知県(2)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(9)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(1)島根県(0)岡山県(0)広島県(1)山口県(1)
四国地方
徳島県(1)香川県(1)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(1)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(1)大分県(2)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(1)