2019年2月23日(土)

テクノロジー

コラム一覧

温暖化を監視 「いぶき2号」始動、地球をくまなく [有料会員限定]

二酸化炭素(CO2)など増え続ける温暖化ガスの抑制は人類共通の課題だ。有効な対策を打ち出すためには、発生している場所とその量を正確に把握することが欠かせない。日本は早くから専用の衛…続き

富士通は様々な機器で顔認証に使えるAIの開発に取り組む

どんな機器も AIで賢く、顔認証決済や翻訳に [有料会員限定]

自動運転やあらゆるモノがネットにつながる「IoT」などで使う様々な装置に人工知能(AI)を載せて賢くする研究が進む。「蒸留…続き

楽天モバイルネットワークがネットワーク事業に使う試験設備を公開した

楽天携帯CTOの自信「既存キャリアに課題あり」 [有料会員限定]

楽天が今年10月に予定している携帯電話事業開始に向けて、着々と準備を進めている。2月20日には都内に開設したネットワーク試…続き

宅ふぁいる便パスワード大量流出事件、変わる常識 [有料会員限定]

大阪ガス100%子会社のオージス総研(大阪市)が提供するファイル転送サービス「宅ふぁいる便」のサービス停止が続いている。2…続き

AWS日本法人エンタープライズソリューション本部長の瀧澤与一氏

アマゾンが格安分析ツールを強化 ダイソーが乗り換え [有料会員限定]

継続的な値下げでクラウドサービスのシェアを獲得してきた米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)が、BI(ビジネスインテリジェ…続き

マツダの新世代エンジン「スカイアクティブX」

新型マツダ3に新世代エンジン、低燃費でスポーティー [有料会員限定]

マツダの新世代「スカイアクティブ・テクノロジー」(同社の自動車技術の総称)を初めて採用する新型「マツダ3」(現行モデルの日…続き

ユニバーサルビューが開発中のスマートコンタクトレンズのモックアップ

コンピューターを服用、「インプランタブル」が普及 [有料会員限定]

眼鏡や時計からコンタクトレンズや錠剤へ――。2020年以降、「スマートグラス」や「スマートウオッチ」といったウエアラブル機…続き

ロサンゼルスモーターショー2018に出展された新型マツダ3のハッチバック

ベール脱ぐ新型マツダ3、新世代車両が気持ちいい走り [有料会員限定]

マツダの新世代「スカイアクティブ・テクノロジー」(同社の自動車技術の総称)によってクルマはどう変わるのか──。量産車として…続き

情報銀行やPDSのビジネスモデル(出所:内閣官房IT総合戦略室などの資料を基に日経コンピュータが作成)

「誰でもVIP」時代到来 情報銀行が浸透 [有料会員限定]

2019年は誰でも最重要人物(VIP)待遇のサービスを受けられるようになる。立役者は「情報銀行」だ。情報銀行とは個人が自分…続き

筆者のインタビューに応じた米クアルコムのクリスチャーノ・アモン社長

日本の5G普及に障害も、クアルコム社長の懸念 [有料会員限定]

2月25日からスペイン・バルセロナ市で、世界最大の携帯・通信機器の見本市「MWCバルセロナ2019(MWC19)」が開幕す…続き