テクノロジー

Tモバイル-スプリント統合に米司法省が示す懸念

米TモバイルUSと米スプリントの経営統合が大詰めを迎えている。そうした状況で米司法省(DOJ)が打ち出す第4のキャリア構想が浮上している。火種はスプリント傘下のプリペイド携帯事業「ブースト・モバイル」。プリペイド大手の同社を軸に第4勢力を形成し、競争環境を維持する狙いがある。ケーブルテレビ(CATV)事業者やネット事業者を巻き込む形で混乱が広がっている。 ■DOJが狙う第4のキャリア構想 Tモバイ
Tモバイル-スプリント統合に米司法省が示す懸念