サッカー

スポーツ > サッカー > 熱視線

熱視線

フォローする
ザンビアの子供たちとの交流。妊婦らに衛生的な環境を提供するシェルター建設を進める

 4月に日本に一時帰国した中町公祐(34)は、NPO法人の代表として企業等の挨拶回りにいそしむ。多忙は励みになっている。
 「選手生活はケガとかあって決していいことばかりで …続き (7/12)

横浜Mのオファーを断り、昨季はアフリカ南部ザンビア共和国のチームでプレー。「自分の甘さを知ったし、やる気も出た」と話す

 中町公祐(34)には2つの顔がある。プロサッカー選手と、サッカーと医療でアフリカを支援するNPO法人「Pass on」の代表理事の顔である。

 Jリーグ・横浜Mの渋いMF …続き (7/12)

「明治発 世界へ!」という言葉を大事にしている

 明治大学サッカー部監督の栗田大輔は1970年9月に清水市(現在の静岡市)で生まれ、幼稚園でサッカーを始めた。明大では第一線の選手とはいかなかったが、高校時代は地元の名門 …続き (2/2)

ハイライト・スポーツ