2017年11月20日(月)

競馬

スポーツ > 競馬 > 駆ける魂

駆ける魂

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

人馬双方を育てるのに適した「集団調教」を取り入れ、好成績を上げる

 中央競馬で調教師の最多勝争いが白熱している。主役のひとりが現在、40勝で2位につける角居勝彦(53)だ。4勝差で1位を走る池江泰寿厩舎と、同じ日本中央競馬会(JRA)栗 …続き (9/10)

 日本を代表する調教師となった角居勝彦の厩舎運営のキーワードは「チームプレー」である。2001年の厩舎開業時から、組織力を高めるための仕組みづくりに力を注いできた。
 角居 …続き (9/10)

「引退馬が生きがいを持てるよう、支援の輪を広げたい」と意気込む

 国内では毎年、約7千頭のサラブレッドが生産される。ただ競走馬としてデビューしてもレースで実績を上げ、種牡馬などの繁殖馬になれるのは一握り。競争に敗れた馬は引退後、行方不 …続き (9/10)

ハイライト・スポーツ