日本経済新聞
2022年夏の参議院選挙(6月22日公示・7月10日投開票)は岸田文雄首相にとって事実上、初めて政権運営の実績が評価される場となります。ニュースや解説、各党の公約、候補者情報などをお伝えします。
自民・立民が東北てこ入れ 参院選残り3日、上積み狙う
政治会員限定記事

7月10日投開票の参院選は残り3日となった。自民党と立憲民主党は東北、甲信越の1人区で接戦を続ける。過去3回の参院選で勝敗が入れ替わってきた選挙区も多い。ともに票の上積みに向けて最終盤で再度のてこ入れに動く。 ■「振り子選挙区」に力点 最終盤で各党党首らが入る場所と狙いは主に3つのケースに分かれる。自民と立民は参院選の勝敗全体にも直結する1人区を最も重視する。 公明党や日本維新の会は独自候補を出…

街頭演説に耳を傾ける人たち(4日午後、新潟県)=共同共同
2022年夏の参議院選挙(6月22日公示・7月10日投開票)は岸田文雄首相にとって事実上、初めて政権運営の実績が評価される場となります。ニュースや解説、各党の公約、候補者情報などをお伝えします。